野仲イサオ 煮石記

ミンミンと 鳴く蝉の声 夢心地

いやあ、明けましたな

えーまた、年があけました。
もーこの年になりますと、またかい、早いね。ついこないだ明けたばかりのような気がするが、つてなもんです。
この年なんて言っても、まだ60になってないんですから、還暦過ぎた方なんてのは、
なにいってやがる!おれなんざぁこないだ成人式を迎えたばかりのような気がするらー
てなもんでしょう。
えー一昔前ってどのくらい?っていう質問がございまして、そのこたえなさった年数によって心の年齢がわかるらしいですな。
ちなみに私は10年。私の奧さんは20年。
気持ちが若いほど年数が短いらしいですから、心は私のほうが若いってことです。
次に近所の範囲は?って質問がございまして、これも広さによって心の年がわかります。
さて、私は50メートル。奧さんは500メートル。
若いのはどっちだ?
こいつは、若い人ほど広いんだそうで。
近所部門では奧さんが若かった。
ま、引き分けですな。
年の始めから、いさかいがなくて、良かった、良かった。

開く コメント(3)

いやあ暑いですな。 

いやあ、暑い。暑い
ですな。 ま、夏だから暑いのは当たり前ですが。

しばらく自分のブログを開けるのを
忘れておりましたら、停止されておりました。



いろいろ、パソコンを買い換えたり買ったパソコンを初期化したりしておりまして、なにがなんだかわからなくなっておりましたんです。

初期化しましたら、折角購入いたしましたワードが消えてしまいまして、再インストールしようとしたら、購入しましたプロダクトキーが役に立たない。

問い合わせ
やらなにやらで再インストールするのに二週間かかりましたかな。
いやあ疲れました。電話機をずっと抱えて、テクニカルアドバイザーの相手が出るのを今か今かと待ち続けておったものですから。

いやあ、世の中進歩しておりまして、ちょこっと休憩しておりましたら、あっというまに浦島太郎。

ま、玉手箱をもらわないだけ、ましですかな。




開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

広める

イメージ 1
えー久々の更新でございますが。皆さんおかわりなくお過ごしのことと存じます。

あの暑さもすっかり影をひそめました今日この頃でございます。

私今日、芝居の稽古が早めに終わったものですから、最寄り駅の近くのビルの三階にある本屋さんにまいりました。

エスカレーターに乗りましてな、いやあ、疲れた、何か面白い本でも買ってリラックスしよう、なんて考えておりますと。

バカッ!いきなり私の背中に背負っておったデイパックにぶつかる方がおります。何事かと振り返りますと、1人のおばさまでありました。

おばさま、しばらくしてそこから右側のラインに移動しますと左側の連れのおば様にしゃべりかけました。

「エスカレーターはね、歩いちゃだめなのよ。デパートでアナウンスしてた」ははあ、どうやらおば様は、連れのおば様の横に立ってて急ぐ人用の右 ラインをふさいでおったんですな。

そこを後ろから来た人に突っつかれて、通す為に、左側の私の後ろに飛び込んだという次第だったんてすな。
おば様は続けます。

「本当はね、エスカレーターってのは、歩くようにはできてないの。だから私達は歩かせないように、そのことを広めなきゃいけないの」

いやあ、志しの高いおば様だったんですな。エスカレーターで人様が歩かないよう広めるために、細々ながらがんばっていらっしゃる。

確かに二人連れの時なんかは、横に並んで話したほうが具合がいい。また小さいお子様と手をつないでいる時なんてのは、断然横に並んでだほうがいい。

でも急ぎたい時もありますし、その時々でいろいろ違ってきますな。

そのことを夕食の時家族にはなしましたら、うちの娘さん

「ぜったい広まらねえって」

娘さんには無下に否定されましたが

あのおば様、明日も明後日もエスカレーターで右ラインをふさいでいらっしゃるんでしょうな〜。

さて私も広めますか、次の芝居の情報を

みなさんよろしくおねがいいたします。

ジェットラグプロデュース
『呪い』

[原作]徳井義実(チュートリアル) 
[脚色・演出]山崎洋平(江古田のガールズ)
2013年11月27日(水)〜12月1日(日)
赤坂RED/THEATER

[出演]
入山法子 古原靖久 及川奈央 井上裕朗
酒巻誉洋 吉永秀平 才勝誠司 荒弓倫
村上綺香 涼風花(書道実技) 三軒茶屋ミワ ・ 野仲イサオ

[ストーリー]
ある朝起きると、いなり寿司になっていた。
自分でも何が起こったのか、分からない。

恨み、憎んでいる人間を、代わりに呪ってくれる「呪い屋」。
呪い屋エンジェルは、「呪い」だけを確かなものだと信じ、「愛」を信じない。
しかし、ある夜、エンジェルの掛けた呪いは小さな奇跡を起こし、やがてそれは・・・・。

[公演スケジュール]
11月27日(水)14:00*/19:00
11月28日(木)14:00*/19:00
11月29日(金)14:00*/19:00
11月30日(土)13:00/18:00
12月01日(日)13:00/18:00
受付開始・当日券販売は開演の1時間前、開場は開演の30分前
※未就学児童の入場はご遠慮ください。
※平日マチネ(*)の回は涼風花の出演はありません。
※開演時間を過ぎますとご予約のお席にご案内できない場合がございます。

[会場]赤坂RED/THEATER
〒107-0052 東京都港区赤坂3-10-9 赤坂グランベルホテルB2F
ロビー直通 03-5575-7132(公演期間中のみ)

チケット発売日 2013年10月10日(木)
チケット料金 前売5,000円 学生前売4,000円(事前予約、ジェットラグ扱いのみ) 当日5,500円


--------------------------------------------------------------------------------

開く コメント(0)

駄目出し

イメージ 1
えー芝居をやっておりますと、駄目出しってのを出されます。これがまた、因果なもので。理解できると、すぐ対処できますが、理解できないと、演出家は言い方を変えまして、なんとか理解してもらおうとするのですが、ますます言われてるほうは解らなくなって、ど壺にはまったりもいたします。

まーえてして自分の思いもよらなかったことを言われまして、へ〜そうだったの、なんんて感心したり、はたまた度肝を抜かれることあります。

ですから、駄目出しを出されるとなると、一応私なんかは余裕を見せているように見せて、心の中ではドキドキいたしております。

先日の芝居も、うちの奥さんが見に来まして。ま〜この奥さんの駄目出しってのが、なかなか的を得ていまして、あなどれない。私にとっちゃあ1番の批評家なんですが。

その奥さんから「ま〜そこそこ良かったよ」てな感想をいただきまして、私としちゃあホッと胸をなでおろして、やれやれと一息ついておったんです。

そしたら、さ〜〜寝ようかなっていう夜中に「ただね・・・」

私一気に眠気が吹っ飛びまして。いったいなんなんだ?なにを言われるんだろうと身構えました。

「今回の劇場は結構高さがあってね」

ん?高さと芝居になんの関係があるんだろう?

「普段だと気にならないんだけど、上から見ると、あんたの頭のてっぺんの薄さが気になるのよ」

私、度肝を抜かれてしまいました!普段から若い若いともてはやされいい気になっていたのが、一気に断崖から蹴り落とされた気分。

「そ、そうかい。でも、俺も年だから。薄くなってても不思議はないさ」とうわべだけは平気そうに振舞いましたが。

次の日の楽屋。誰もいなくなった隙に、ペンシルで頭のてっぺんを塗りつぶしたのはいうまでもありません。

さて芝居のお知らせです。私、初めて作、演出ってのをおおせつかことになりました。

あの二サオがなぜ?と疑問に思われるでしょう。でも賽は投げられたのです!

みなさま是非お誘いあわせ上お越しくださいませ。



2013年8月23日(金)8月24(土) 8月25日(日) 全5ステージ@下北沢 小劇場 楽園155-0031東京都世田谷区北沢2-10-18藤和下北沢ハイタウンB棟地下1階http://www.honda-geki.com/rakuen.html『おえかき競走曲』出演玉置祐也(東京エスカルゴ。)矢幡晃一(東京エスカルゴ。)内藤聖羽(東京エスカルゴ。)生演奏粕谷謙介(Drums)大内満春(Sax)瓜生恭子(東京エスカルゴ。Piano)作 演出 野仲イサオ
チケット(全席自由 税込)前売 当日共 2800円ペア割 5000円23歳以下 2300円

開く コメント(0)

妖怪

イメージ 1
え〜ようやく梅雨らしい天気になってまいりましたな。これが、夏や、春、秋ですと、好ましい印象をうけますが、梅雨ですとね。あんまりいい気がしない。じめじめしておりますからな。

そんなおり、芝居の稽古がありまして、そのあと皆さん方とちょこっと、そのう御酒をいただきまして、いい心持になちゃったなあ〜と千鳥足で帰ってまいりました。

「ただいま〜」帰りますと、お子さん一人がテレビを見ておりまして、奥さんは見当たらない。ああ、今日は職場のボーリング大会があるとか言っておりました。そうすると、お子さんは、まだ食事はまだなのかと思い「ごはんは、まだかい?」と聞きますと「もう、すませた」との返事。

いやあ、お子さんも大きくなると、ありがたいものですな。もう、なんでもかんでも自分一人でやってしまう。

そのうち、あたしがお世話になるのも遠くないでしょうしね。

やれやれ、と着替えをしようと部屋にはいりますと、真っ暗な中から「おかえり〜」と、まるで地の底から搾り出すような声が聞こえてまいりました。

私てっきり、物の怪かなにかと思いまして、「うわ〜〜〜〜!!!!」と叫んでしまいました。

そしたら「びっくりした!うわ〜〜〜」と妖怪が泣き始めました。

なんと、それはまだ帰ってないと思っていた奥さんだったのです。

私、あわてて「いや〜、ボーリングだからまだ帰ってなにのかと思って」

奥さん「ボーリングは昼間なんだから。疲れて寝てたんだよ。シクシク」

いや〜びっくりしました。奥さん、はもっとびっくりしたんでしょうが。

ということで、今度お芝居やるますんで。詳細は下記であります。





お問合せ・その他
「保木本真也がプロデュース」とは……
NHKでドラマ「朝ドラ殺人事件」や「放送博物館危機一髪」などの脚本を手がけ、
多数の舞台作品の脚本・演出を担当する保木本真也のプロデュースユニット。
ドラマ・舞台で出会った方や、憧れの俳優など、毎回選りすぐりのメンバーで構成される。
----------------------------------------------------------------------------

保木本真也がプロデュース「ティーチャー」

【脚本・演出】
保木本真也(コメディユニット磯川家)

【あらすじ】
学園ドラマが学生のものだなんて誰が決めた
そう!!これは先生達の学園ドラマ
この物語は、教師の教師による教師のための青春学園コメディ!

【出演】
Kimeru
高木心平
斉藤一平
菅谷哲也

中原麻衣
小田あさ美
楠世蓮
菅由彩子

祖父江唯
和木亜央
小峰めぐみ
斉藤コータ
チャド・マレーン

野仲イサオ
武田幸三

赤座美代子


【会場】
シアターグリーン BIG TREE THEATER
〒171-0022東京都豊島区南池袋2-20-4
TEL03-3983-0644
http://www.theater-green.com/

【タイムテーブル】
2013年7月
19日(金)19:00
20日(土)14:00/19:00
21日(日)14:00/19:00
22日(月)19:00★
23日(火)19:00★
24日(水)19:00★
25日(木)19:00★
26日(金)19:00★
27日(土)14:00/19:00
28日(日)13:00/17:00

※★はアフタートークあり
※受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前

【チケット代金(全席指定・税込)】
プレミア席(前方センター3列・特典付)6,500円
一般席5,800円
当日券:各券種とも500円増し
※プレミア席は、前方3列のセンターブロックとなります。両サイドブロックは一般席です。
※プレミア席の当日券は残席があった場合のみ販売となります。
 一般席は全日程販売いたします。
※未就学のお子様はご入場できません。

☆プレミア席ご購入のお客様特典☆
・前方席センターブロック1〜3列目確約!
・特典:お好きなキャストの教員証&非売品ブロマイド付き!

【チケット発売】
2013年6月1日(土) 10:00より発売開始

【チケット取扱い】
カンフェティ
web http://confetti-web.com
TEL 0120-240-540(受付時間 平日10:00〜18:00)






開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事