ここから本文です
アメブロの「ハードオフ症候群」のサブブログです。本家もヨロピク!
後から修理した方の音が悪い!!
どうするか・・・。

イメージ 1


バスレフの穴を塞いでいたスポンジを外すと少しバランスが良くなったかな。

やっぱ弄るかな(笑)

少し慣らしをしないとね。

ツイーターのネットを外します。
イメージ 1


ウーハー周りのゴムを外します。
イメージ 2



ツイーターのネジを3本外します。
イメージ 3
追記:ツイターの振動板の色が先に修理したものと違うで内科医!!
先のものは黒かったのにこやつはシルバー仮面( ノД`)シクシク…
製造年月日が同じなのになあ。
不思議!!


ツイーターを取り出します。
イメージ 4

イメージ 5


ボイスコイルがはりついていますので、
ドライヤーで温めてから上に引き抜きます。

で、今回はオイルを入れてから掻き出しました。
イメージ 6


イメージ 7


40分の作業になりました。
最後はブレーキクリーナーで、油分を落としてから、磁性流体を注入しました。

先に修理したものより音が悪いです( ノД`)シクシク…
でも、普通に出ています。
イメージ 8


今回はダイソーのまな板が大活躍しました。
イメージ 9


先人達に感謝です!!
http://akiccyo-zakki.blogspot.com/2012/03/b-cdm1_17.html

さあ、おうちへ帰ろう!!
おしまい。

お掃除用具を揃えました(笑)
イメージ 2


イメージ 3

表示を剥がすと
イメージ 4

何となく何とかなりそうですが、
壊すといけないので、
地道な操作を続けます。

竹串!
イメージ 1

難しい!

まな板を切ったプラ板
イメージ 5


そのままでは、ダメでした。
で、油を入れたら、
固まりがほぐれていい感じになりました。
少しずつ掻き出しました。

綺麗になりました。
イメージ 6



仮留め
イメージ 7

ちゃんとボイスコイルが奥に入っています。
この後、磁性流体を隙間に入れました。
ほんの少しで十分でした。
イメージ 9



全く音が違います。
イメージ 8

ひえ〜!!
こりゃいいす!

中古で売られているCDM1は本来の音は出ていないでしょうね。

今日の燃費

食後に私宝館にやって来ました。

イメージ 1

イメージ 2

多少の渋滞は燃費が伸びます(笑)

今日のサパー

自宅に立ち寄ったら
親子丼が用意されていました。
もっとちゃんとしたものが食いたい!

イメージ 1

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事