はりきり院長夫人の開業医の妻の本音

http://blogs.yahoo.co.jp/harenihiamenohi3「第2弾」で更新中

全体表示

[ リスト ]

医院の内覧会

開業当初からたくさんの患者さんが来院され、ぐいぐい飛ばす先生もいますが、たいていは患者数一桁とか、患者さんが親戚一同様だったりで苦戦するところが多いようです。

その時にあわてて診療時間を変えたり(これは届けを変更しなければなりません)
看板をあちこちに立てたり(看板代ばかになりません)ティッシュ配りをしたり、涙ぐましい努力をなさる方も少なくありません。

電話帳はよい宣伝ツールの一つですが、掲載申し込みをしても、、次の電話帳発行までは掲載できませんので注意してください。

開業数日前には、折込チラシか新聞広告を入れてください。

また、医師会や近隣開業医、あるいは医院のある町内会やビル診なら商業地域の管理組合などの主だった方には、忘れずに開業前に挨拶に行っておいてください。
(商業管理組合や町内会の主だった方には開院と内覧会のチラシを手渡してください)

口こみでの来院は一番です。

できる限り『内覧会』をひらいてください。

内覧会の挨拶状は、町内会や近隣の方々には、PC書きでいいので
「あいさつ文」

   このたび ●●町内に△科のクリニックを開院することになりました。
   今後は、●●町内会の皆様にも色々お世話になることと思います。
   開院に先立ちまして■月◆日 10時から17時まで、クリニックの内覧会を開催させて
   いただきます。
   開院後はなかなかお入りになることのない△検査室などもご覧いただけますので、
   ご家族、お知り合いお誘い合わせの上、ぜひお越しくださいませ。

等をつけて院長先生が「手渡し」してください。

開院後、患者さんが来なくて必死にティッシュ配りをするよりは、これくらいならできるはずです。

『内覧会』には,住宅メーカーなどの「開業プロジェクトチーム」など、背広を着た男の人がずらっ〜と待機していることが多いのですが、近所のおばちゃんは入りづらいのでやめましょう。

私は、開院の挨拶に来てくださった先生のところへは内覧会の際にお祝いを持ってお伺いすることが多いのですが、
洗練されすぎたデザインの建物に背広の黒服男性(明らかにメーカー)がずらっといらしていて入りにくそうにしているおばちゃんや近所の方々に出会うことも少なくありません。
敷居の高さを感じさせる「内覧会」はいけません。

先生やメーカーの方は、ご自慢のこだわりの完成作品なので、背広にネクタイでプロジェクトチーム総出されるようですが、敷居が高いと感じさせてしまったらアウトです。

よほど忠告してあげようかと思うのですが相手は「何件も医院建築を手がけました」とプライドを持っているのでできません。

モダンすぎる建物なのに、なぜかここで失敗して開院当初苦労する方も少なくありません。
(若い年代がターゲットの科やビジネス街での開業ならともかく)
そういう医院は、開院して1ヶ月くらい建つと、途端に看板をあちこちに立てます。

できることなら、先生は白衣を来て(あ、この人が先生かとわかってもらい)奥様(またはスタッフ)はユニフォームを来てメーカーの方にも普段着で、内覧会に来た方と思っていただけるような「たくさんの人が見に来ていたわ。良い医院なのね」と思っていただけるようにした方が得策です。

あるいは、スラックスにジャケット程度でネームプレートをつけてもらい、院長や奥様が他の方に掛かりきりになってしまった場合にお客様の応対をしていただくのが良いかと思います。

お越しくださった方に誠意をもって接してください。
内覧会には10組来てくださったら万々歳だと思ってください。
その10組の方が、1組あたり10人の患者さんを連れてきてくれる方ですから、口コミを利用しない手はありません。その10組の方々を大切にしましょう。

メーカーの方が手伝ってくださるとしても、黒服の背広姿が何人もうろうろするのはやめてもらってください。

サンダルばきでちょっと見に来たご近所さんが気軽に入れるようにしたほうがよさそうです。

閉じる コメント(3)

顔アイコン

勉強になります。内覧会を4/2.3に控えており参考にさせて頂きます。

2010/1/27(水) 午前 11:38 [ 渡辺政行整形外科クリニック ]

顔アイコン

>渡辺政行整形外科クリニックさま
はじめまして。内覧会の日にちがお決まりなのですね。
いろいろお大変な毎日かと思いますが、一番やりがいのある毎日だと思います。

どうぞお疲れになりませぬよう・・・心から応援いたしております。

2010/2/7(日) 午後 11:09 かいつま(開 妻)

顔アイコン

通りすがりの産婦人科医です。10月1日に無床クリニックをオープンしました。駅から徒歩2分でショッピングモールの目の前、近隣に競合相手はひと駅隣に1件だけ。内覧会には73名の方に来て頂けました。ネット上での反応も「近くに婦人科ができるのはありがたい」と書いてくれる人がいて、それなりに手応えを感じていましたが、始まってみると、一桁続きでして・・・。まだ2週間も経っていない時期で、初診患者ばかりの時期であり、初診だけでも5人前後に来てもらえているのはいいほうだとあちこちで言われているのですが、不安ばかりです。しかし、内覧会に来ていただいた1組が10人の患者を連れてきてくれるという話をお聞きできて、少し不安も軽くなった気がします。

2013/10/12(土) 午前 0:39 [ momoyama ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事