はりきり院長夫人の開業医の妻の本音

http://blogs.yahoo.co.jp/harenihiamenohi3「第2弾」で更新中

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
3月ももうすぐ終わりますね。新しい年度が始まります。

4月になりますと、月末からGWに入ります。
今年は5月の3日から連休ですね。

クリニックのお休みの日と合わせて、皆さまのところではどのような診療日程になりますでしょうか。

この期間は休日前後に大変混み合いがちです。

さらに、「今日は診療していますか?」というお問い合わせの電話も多くなり、受付の忙しさもなおいっそう拍車がかかります。

そこで、「診療カレンダー」をおつくりになることをお勧めします。
診察券の大きさでかまいません。
カレンダーに休診日を明記し、患者さんにお渡しするのです。
ご自分でPCですぐ作れますし、コピーしてお渡しするだけでいいのです。
経費もそれほどかかりません。

患者さんのリクエストNo.1グッズになります。

GW前後の「今日は診察していますか」の問い合わせの電話に、スタッフがイライラするよりは
ずっと効果的で、患者さんにも喜んでいただけるお品です。

すでにおつくりになっていらっしゃる先生方^^

自院のお名前は入っていらっしゃいますよね^^?

受付時間も明記してあれば、なお素晴らしいと思います。
(診療時間よりも受付時間の方がよろこばれるようです。電話のお問い合わせも「受付は何時までですか?」が多いので)

また、HPをお持ちの先生方。GWの診療日・休診日の更新もお忘れなく^^

小さいクリニックの小さな試みが、患者サービスの大きな工夫になると思います。


お久しぶりです。
ネット環境から離れたところにいました。
せっかくメールやコメントを下さったにも関わらず、お返事を差し上げられずに申し訳ございませんでした。もう少しお待ちいただければ幸いです^^

        かいつま

ETCレーン

3月末から自動料金収受システム(ETC)利用車の高速道路料金が値下げが始まるようですがETCレーン通過速度抑制強化対策も実施されているようですね。

NEXCO東日本が一部のETCレーンで開閉バーの開くタイミングを遅くしているそうです。

ETCレーン内での事故防止のため、時速20km以下に減速して進入し徐行して通過していただくよう対策を実施しているそうですが多くの方が高い速度でETCレーンを通過されているそうです。

そこでさらなる対策として、NEXCO東日本が一部のETCレーンにおいて
開閉バーの開くタイミングを遅くすることによる速度抑制対策を実施するそうです。

ETCレーンを通過する際はお気をつけくださりませ♪

以前、「ジャンクスポーツ」(・・だったかな?)に競馬騎手さんが出ていらした時、「ETCレーンは競馬のレースのスタートと同じ感覚になり、誰よりも早く飛び出さなきゃと思ってしまう」と
おっしゃっていたのを思い出しました www(←J●N先生、Wはこの使い方でよろしいですか?笑)

陸上のハードルの選手の方は、道を歩いていてマンホールの蓋があると「あそこまで何歩で行かなくちゃ」と考えてしまうそうです(笑)

アスリートの皆さんも、日常生活で無意識のうちにトレーニングされているのでしょうね。

でも、ETCレーンは時速20キロ以下で ^^
気をつけましょう^^(私が一番気をつけないといけないかもぉ。。)

窮地に立たされた状況ですぐの対策がお必要な貴女へ。

コメント欄に書くには長くなりそうですし、どの記事のコメントなのかわかりにくくなっていますので
こちらにお返事を書かせていただきます。

かなり急を要する状況だと思いますので、厳しいことも書きますのでお許しくださいね。

,泙此△桓膺佑呂匹里茲Δ砲考えなのでしょうか。

経営者はご主人です。貴女お一人では空回りするだけです。
ここでこそ、お二人のお考えを一致させる必要があります。

スタッフが一気に退職すると言うことは、必ず何かの「ゆがみ」があるはずです。
もちろんこの中には、経営者側には落ち度がなく、スタッフがグルになって要求を通そうとしている「ゆがみ」も含まれます。その部分を見つめる姿勢が一致していらっしゃいますか?



▲好織奪佞退職の意を示している以上、診療縮小の覚悟をなさっておいででしょうか?

実際に着手なさっていますでしょうか。看護師がいなければ、採血や点滴ができませんし、検査の縮小、患者数の減少も覚悟しなければなりません。以前と同じ気持ちのままで同じ診療体制をしているのなら、スタッフはついてこないでしょう。腹をくくる必要があります。

もちろん減収にもなります。患者さんは戻ってこないかもしれません。けれども、窮地に耐えなければならない時期です。

そのところが、貴女お一人ではなく、ご主人とお気持ちが一致しているかどうかの確認が必要です。


5畤佑鮟个靴討癲嵶匹た雄燹廚暴于颪┐覆い里任△譴弌派遣に早急に依頼するのも手です。

ただし、今スタッフに支払っているお給料の倍の金額を派遣会社に出さねばなりません。(派遣社員に行くお金は半分以下です)もし、派遣会社に問い合わせてみるならば契約金が高いということを覚悟してください。

い匹Δ靴討皀好織奪佞亮蠅必要ならば、面接に来てくださり、採用に踏み切るには問題のある方を「半年」などの期限を設けて採用なさるのも一つです。その間に、求人をし続けます。

その際には、きちんと契約書を交わすことを忘れないでください。雇用保険などの手続きも、きちんとなさってください。そして、片目をつぶって雇用することを忘れないでください。能力的に求めるレベルではないので、院長先生や貴女のストレスが倍増するのを覚悟の上です。

もし、契約期間を延長するならば、最低でも1ヶ月前にはもう一度契約書を交わすことが必要です。


ぅ譽札灰鷁饉劼諒の力も貸していただき、貴女ご自身もレセコンや受付にでる覚悟でマスターしようとなさっておいででしょうか。

ご主人と貴女だけで診療をするになることもありえます。


ゾ鏘舒貎佑鮓曚Δ里鬟僉璽汎鷽佑砲靴討澆襪箸いθ想の転換を図る。

残業や拘束時間が長いクリニックはなかなか人が集まりません。それならば、月・水・金と火・木・土(土は隔週)などで2人を雇うのも手です。

こうすれば、お休みがほしい時など、お二人の間で交代していただくことができますし、家事と育児と両立したい方にはご都合が良いようです。パートだったら・・・と応募してくださる方もいるかもしれません。午前だけ、とか午後だけ、ということもできるでしょう。(ただし、午後だけという方はなかなかいらっしゃいません)

窮地には、なんとか切り抜けるしかない手段を取らねばなりません。

ご主人がどの診療科で、どの地域に開業なさっており、さらに、どれくらいの事業計画(借金を返すにはどれくらいの収益が必要か)で運営なさっているかがわかりませんので、詳しいことはお話できませんが、税理士さんや労務士さんなど、アドバイスしてくださる方にご相談なさるのが良いと思います。

今が耐えるときです。今は暗闇に思えるかもしれません。暗い闇があってこそ、夜明けは来るのです。
夜明け前が一番闇が暗いのです。

下書きせずに書きましたので、誤解を与える内容だったらごめんなさい。心から応援しています。




国公立医学部に入る時のセンター試験と、卒業して医師国家試験を受けるときは、全国で統一した問題になりますが、進級については各大学の裁量によります。

ですから、試験に落ちても、再試験、レポートで進級させてくれる国公立医学部もあれば、再試験で1科目でも落としたら即留年という大学もあります。

医学教育は莫大な知識を詰め込まねばならず、6年間でこなしていくというのも相当なものがあります。

ましてや一日一日進歩している医学会ですから、年々覚える内容が膨大な量になっていきます。

医師国家試験でさえも3日間と言うハードスケジュールになっています。(以前は2日でした)

国公立大学でありながら、大学によってすぐ留年させる大学、留年を出さない大学の格差があるのが不思議でなりません。

しかも、教授の裁量によって・・?

彼らは医師になりたいという熱い思いをもって入学してきました。


要領よく「知識」を身につけることのできる人間と、努力によって人の何十倍もやってもなかなか身につけることができない人間もいます。
(大学入試もそうですが、それを「勉強しろ。努力が足りない。」と言い切る人もいるのは承知しています)

「国家試験合格率をあげる」ことが大事なのは重々承知です。

だからこそ、熱意を持って入学してきた学生を良い医師になるために引き上げていただきたいのです。

患者さんにとってはこの1年は大きな1年です。この1年のうちに、医師不足はどんどん進んでいます。

ましてや、国公立大学は国民の税金で成り立っています。留年すればそれだけお金も掛かります。

国公立医学部の場合は、留年すれば税金を余分に使ってしまうことになるわけです。

真面目に勉強している学生に対しては、できるだけ留年を出さずにきっちりと教育してくれるように望みます。

医学部の定員だけ増えても、今までと同じ教育をしたら、留年する学生ばかりが増えたり、医師国家試験に合格しない学生ばかりが増えることになりかもしれません。


それではシャレになりません。

指導する教官は十分に配置されているのでしょうか?指導なさる先生方の疲労が増すばかりにはなりませんでしょうか?

定員が増えた今だからこぞ、もう一度教育を考え直す機会ではないでしょうか。

国公立医学部の学生も、きちんと自覚を持って真摯に学んでいただきたいです。




.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事