はりきり院長夫人の開業医の妻の本音

http://blogs.yahoo.co.jp/harenihiamenohi3「第2弾」で更新中

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
心のお勉強を始めて、30年近くになります。
最初は自分のテーマみたいなものがあって、その研究をしたいとか、その道を極めたいとか、欲望がギラギラしていました。

あちこちの病院に派遣される主人と結婚して、私もあちこちに住む日常に追われていてすっかりそのことを忘れていました。

自分の存在不安が見えてきて、再び心のお勉強をしたくなってカウンセリングの学びを始めていたある日
主人がたいそう酔って、後輩の医師に抱えられながらアパートに帰ってきました。
私はすっぴんでパジャマに上着を羽織り、玄関先で酔ってつぶれた主人をひきとりました。

その時連れてきてくださった主人の後輩の医師が、初対面の私を見て「あ、かわいい奥さん」と言ってくれました。
私は自分の人生で「かわいい」と言ってもらったことがなかったので、恥ずかしいやら、うれしいやら、信じられないやら、気持ちがほんわかしていました。
でも、なぜか彼の姿に気になるものがありました。

そしてしばらくして、私に「かわいい奥さん」と言ってくださったその主人の後輩の医師が自らの命を絶ったことを知りました。

あの時、お茶をさしあげたり、お礼に心の本をお渡ししたり、その方の心に触れることはできたのに
(たとえそんな事くらいで、彼の人生が変わることはなかったとしても)
夜中だからとか、酔った主人を寝かしつけなきゃとか、すっぴんだからとか、そちらの方が先に立って、彼をそのまま帰してしまった・・・・

主人から彼の死を告げられたとき、私は彼から、人生初めての言葉をいただいたのに、なんとなく彼から出ていたサインに気がついたのに私は何も返さずに別れてしまったことを後悔しました。

たった一人の方と、心を通わせることができなくて、何が心の勉強だと悔いました。

あの時こうしていれば、とか、この時こうしていればとか、そんなことを考えるのはもうやめたい。。。
精一杯をお伝えしたい時は、待ったなしでお伝えしないと手遅れになってしまう。。。

ブログを始めてから、心のお話を聞かせていただくこともありました。

あの時、私は主人の後輩のサインを受け取ろうとせずに別れてしまったこと、そして彼が命を絶ってしまったこと。「待った」はないんだと言うこと・・・
そんな思いはしたくない、してほしくない、どうか生きてほしいと。それだけをお伝えしたい。。。。

時にはおせっかいだったり、きっとありがた迷惑だろうなあと思うこともあります。けれども、どうか許してくださいね。そしてこれからもおせっかいをさせてくださいね。



開運そば ケータイ投稿記事

イメージ 1

イメージ 2

にゃははは (*´▽`)*´▽`)*´▽`

一月は色々ありすぎて(知る人ぞ知る)ちょっと開運そばを食べて参りました。

京王線の高幡不動駅からすぐの高幡不動尊の前のお店♪座ったお席が「一発逆転席」
あまりにリアル過ぎて、何も言葉がでません(笑) (笑)

イメージ 1

6月13日と9月に降ったひょうの影響で傷ついた津軽のりんご。
収穫する大部分のりんごが傷ついた。

現在の流通の体制からすると、傷ついたりんごはたとえ味は同じでも市場からは「規格外」とされる。
未曾有の被害を受けた青森のりんご農家の方々。


日ごろ、患者さんからどんなクレームを言われようと決して涙を出さない私が(カワイクナイ)
NHKの「ご近所の底力」を見て泣いてしまった。

なぜ、ここまで私が気にして記事にしているかと言うと、ちょうど9月のひょうが降った時、私は弘前に旅行で滞在していた。

6月のひょうの被害を聞いていただけに、収穫間近に降り出した激しいひょうに、人間は自然を前にしたら無力だと思いながら空を見つめた。


だから、どうしても人事とは思えない。なにか私にできることはないだろうか。

この場をかりてお願いをしたい。


味は同じ。育てた方たちのストーリーがある。
ぜひ志がある方は、ひょう被害を受けたりんご(ひょう太くん)を購入し、味わっていただきたい。
大切に育てたりんご、農家の人たちの熱い思いを受け取っていただきたい。

なお・・・
「ひょう太くん」で弘前の生産者さんを検索してみてください・・・・よろしくお願いいたします。

生産者から直接購入できる形でご利用ください。
生産者にきちんと還元できる形でのご購入をお願いいたします(m_m)



ドクターヘリとは違い、「防災ヘリ」に医師が同乗した場合のお話です。
帰り道は搬送先の病院に置いていかれるお話を先日書きました。

そこで、帰りもできるだけお乗せしましょう、お送りしましょうと言う記事を載せたのですが


防災ヘリ、1回飛ぶだけで十万近く(時にはもっと)かかるらしいです。
そして患者さんを迎えに行く → 搬送する(医師同乗) まあ、ここまではいいでしょう。

問題は 搬送先の病院 → 勤務先の病院に医師を送る → ヘリポートに戻るとなると、金額も半端ではない・・・・

「タクシーで帰っていただいた方が安上がり」になってしまうこともあるそうです。
でも、医師が不在になっているわけなので、できるだけ早く帰りたいですよね・・・

そして、その金額を誰が負担するか・・・

防災ヘリの場合、結局は税金から負担されてしまうわけで、それをよしとするか否か、都道府県民の理解が必要になる部分のようです。

この現実・・・う〜〜ん

ドクターヘリの場合は、その運営費用はどこから出ているのでしょう?
先日、NTTのタウンページの広告を張り付けて、
官公庁むけの電話帳の請求書が届いたことを記事にしました。


確かに電話帳は発行されるので、詐欺には当たらないと思いますが、
問題は「NTTのタウンページの広告料」と勘違いしてお支払いになる方が多いということです。


その記事を書きましたら、親方「クロ」さまがコメントを残して下さいました。

お支払いになられた方もおいでかもしれません。
ものすごく悔しいけれど、その金額にとらわれていたらその金額より上には行けません。
ぜひ、より一層頑張っていただき、倍の利益をあげ、「元を回収」していただきたいと思います。

そこで、親方「クロ」さまのお店とブログをご紹介いたします。
福島・猪苗代の地元の食材にこだわり、日本料理の真髄に迫るお店

     日本料理 喜春

クロさまのブログはこちら^^ http://blogs.yahoo.co.jp/toshi_1_10_kuro/
ぜひぜひ、みなさんおたずねください。
猪苗代の豊かな自然と、クロさまの心が伝わってくる温かいブログですよ^^


そしてブログはもちろんのとこ、お近くの方も遠くの方も、
ぜひぜひ福島県の猪苗代駅前の親方「クロ」さまのお店 日本料理 喜春 さんへ
足を運んでみてはいかがでしょう^^


私もぜひチャンスを見つけて伺ってみたいと思います 

ブログがとりもつご縁

素敵だにゃ〜 .+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。




.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事