ここから本文です

書庫全体表示

スカルキング

【スカルキング】
〜海賊王でも負けたいときがある〜
8歳以上/2〜6人/30分
現代の海賊達が港の酒場で楽しむ駆け引きたっぷりのカードゲーム。
イメージ 1
トリックテイキングゲームという類で、各人が手札からカードを出して、一番強いカードを出した人が1勝。
しかし勝てばいいゲームというわけではなく、手札を見て先に勝敗数を予想し宣言してその通りの数だけ勝つ必要があります。(宣言以上に勝ちすぎてもだめ)
全員が規定数のカードを引き、自分のカードの絵柄を見て何勝できそうか予想して一斉に宣言してから勝負開始。
その通りの勝ち数になれば得点、外せば失点です。
カードの絵柄は、スカルキング(海賊王)、海賊、人魚(マーメイド)、数字カード4色(黒赤青黄の1〜13)、白旗と、海賊/白旗の好きな方にできるメリーさん。
絵札のうち海賊王、海賊、人魚は数字より強く、白旗は最弱。
数字カードのうち黒は赤青黄より強い。
また、数字カードの色にマストフォローというルールがあり、最初に出された数字カード(赤青黄黒)と同じ色の数字カードを持っている人は他の色の数字カードを出すことができません。
海賊、人魚、白旗は同じ絵のカードが複数あり、同じカードが複数出たら先に出した人の方が強い。
海賊王は最強ですが、人魚と一緒に出たら人魚が勝ちます。
人魚で海賊王に勝つと+50点、海賊王で海賊に勝つと1枚毎に+30点のボーナスが付きます。(宣言通りに勝てた時のみ)
数字の色のマストフォローと同絵札の先出し有利で細かい勝敗調整が利くので数ラウンド遊べばじきに濃い駆け引きが分かってきます。
最初の1ラウンド目は手札1枚で0勝か1勝かを予想、2ラウンド目は手札2枚、3ラウンド目は3枚と増えていき、最終の10ラウンド目は手札10枚です。
得点計算は、1勝以上を宣言して宣言通りなら1勝につき20点、外すと勝ち数の差分×−10点。
0勝を宣言した場合は宣言通りでラウンド数(手札枚数)×10点、
外すと差分に関係なくラウンド数(手札枚数)×−10点です。
10枚で0勝して100点は魅力的ですから、1枚くらいは絵札でも狙いたくなります。
トリックテイキングのゲームの中では非常にシンプルで覚えやすく、入門的に楽しめるゲームです。
プレイ時間は10ラウンド30分は全員が十分慣れていて手早く済ませた場合の話で、不慣れな人がいると60分弱くらいかかります。
(同じ手順の繰り返しだから60分ゲームの難度ではない)
3〜7ラウンドだけ遊べば半分くらいの時間になるんだけど、これで楽しめるかどうか調査中。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事