ここから本文です

書庫ボードゲームの紹介

ボードゲームの遊び方や遊んだ感想など紹介していきます。
記事検索
検索

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ファラオの恩恵

【ファラオの恩恵】
〜 ダイスの数は正義! 〜
2〜4人/13歳以上/45分
イメージ 1

ダイスのぞろ目をより多く出すために役職カードを集めるゲ−ム、「王への請願」のリメイク。
テーマが中世ヨーロッパから古代エジプトになり、役職カードが3倍くらいに増量され、カードを入れ替えることで異なる展開を楽しめる。
振り直しのできない白ダイスに出目のパターンが違う色ダイス、使い捨てで出目操作ができるスカラベチップなど、拡張要素が全部乗せ。
全体として白ダイスを含めてダイス増加系が増えてプレイ時間は少し短くなってるのと、スカラベで役職カードの代わりの細かい出目操作ができる部分は、バランス調整がよくきいている。
王への請願は結構よくできたバランスだが、やりすぎてマンネリ感を持ってる人にはおすすめ。
こっちのほうは役職と獲得条件の組み合わせが悪いと展開が厳しくなりすぎる感があるので何度かやると抜いた方がいいカードが出てくるかも。
そこまでやり込めるかどうかわからないが、箱がデカい分だけ色々とカッコいいゲームに生まれ変わってるので、男(漢)ならこっちだろって気もする。(笑

この記事に

スカルキングダイス

【スカルキングダイスゲーム】
〜運の女神は海賊王よりも強い〜
8歳以上/3〜6人/30分
お手軽トリックテイキングカードゲーム「スカルキング」が今度はダイスゲームになって登場。
まだ国内未発売(のはず)。和訳ないですが取説は英語もあって、文量少ないのでたぶん大丈夫。
(カード版をやったことある人ならこの記事の後半の差分説明だけでも十分)
現代の海賊達が港の酒場で楽しむ海賊ゲーム第二弾。
イメージ 1

トリックテイキングゲームという類で、各人がついたての後ろから1個ずつダイスを場に振り入れて、一番強い出目の人が1勝。
強弱出目の異なる7色36個のダイスを布袋に入れて全員が規定数を取り出してついたての後ろに隠して、勝負を始める前に自分のダイスを見て何勝できそうか一斉に宣言してから勝負開始。
その通りの勝ち数になれば得点、外せば失点です。
ダイスの出目は色毎に違います。(ついたてに一覧印刷されています)
出目の強弱は、強い方から、
海賊王(紫ドクロ)>海賊(灰ドクロ)、人魚(桃ドクロ)>数字(色は関係なし)>白旗(色は関係なし)
数字は大きい方が強く、同じ数字はどの色も同格です。
黒(765)、青(543)、赤(321)、黄(017白旗)
と色毎に強弱のクセを付けてありますが最弱の黄色が1/6で7の出目になって勝ってしまう大判狂わせによく泣きます。
カードゲーム版との共通点は
○数字ダイスはマストフォロー(最初に出された色と同色を持っていれば他の色の数字ダイスを出せない)
○スペシャルダイス(紫灰桃)はマストフォローを無視して出せる
○勝った人が次の勝負のスタートになる
○人魚、海賊王で勝った時のボーナス
カードゲーム版との違いは
○場に出す時にダイスを振って出目を決める
○数字は色の強弱がない(黒7と黄7は同格)
○同格の出目は「後から出した方が勝つ」
カードゲーム版は駆け引きの読みがメインのゲームでしたが、ダイスゲーム版は絵札ダイスも1/3で白旗になるなど運まかせの強い性質になり、ダイスが振り出される度に文字通り一喜一憂します。
勝敗予想は人知を超えた難しさになり、ルールのシンプルな美しさは目減りしましたが、その分経験差の壁は低くなり、予想の付かない展開に一喜一憂できるパーティゲーム要素が強くなりました。
ラウンド数はダイスが36個なので6人プレイだと6ラウンド、4〜5人で7ラウンド、3人で8ラウンド。
不慣れな人がいてもだいたい30分前後までで終わります。
飽きる前に終わる感じで、プレイ中の楽しさを見るとダイスゲームとしては傑作の部類だと思うのですが、国内外での評価が上がってこないのは、得点計算や勝敗の付け方が荒いためでしょうか。
初プレイで運だけで勝つのは難しいですが、慣れても出目次第の部分が大きいのでなかなか勝てません。
似たような特性のゲームとして、「手荷物検査」
http://blogs.yahoo.co.jp/hari_rann/38933473.html
が浮かびますから、何年かしてから評価されてくるのかも。

この記事に

スカルキング

【スカルキング】
〜海賊王でも負けたいときがある〜
8歳以上/2〜6人/30分
現代の海賊達が港の酒場で楽しむ駆け引きたっぷりのカードゲーム。
イメージ 1
トリックテイキングゲームという類で、各人が手札からカードを出して、一番強いカードを出した人が1勝。
しかし勝てばいいゲームというわけではなく、手札を見て先に勝敗数を予想し宣言してその通りの数だけ勝つ必要があります。(宣言以上に勝ちすぎてもだめ)
全員が規定数のカードを引き、自分のカードの絵柄を見て何勝できそうか予想して一斉に宣言してから勝負開始。
その通りの勝ち数になれば得点、外せば失点です。
カードの絵柄は、スカルキング(海賊王)、海賊、人魚(マーメイド)、数字カード4色(黒赤青黄の1〜13)、白旗と、海賊/白旗の好きな方にできるメリーさん。
絵札のうち海賊王、海賊、人魚は数字より強く、白旗は最弱。
数字カードのうち黒は赤青黄より強い。
また、数字カードの色にマストフォローというルールがあり、最初に出された数字カード(赤青黄黒)と同じ色の数字カードを持っている人は他の色の数字カードを出すことができません。
海賊、人魚、白旗は同じ絵のカードが複数あり、同じカードが複数出たら先に出した人の方が強い。
海賊王は最強ですが、人魚と一緒に出たら人魚が勝ちます。
人魚で海賊王に勝つと+50点、海賊王で海賊に勝つと1枚毎に+30点のボーナスが付きます。(宣言通りに勝てた時のみ)
数字の色のマストフォローと同絵札の先出し有利で細かい勝敗調整が利くので数ラウンド遊べばじきに濃い駆け引きが分かってきます。
最初の1ラウンド目は手札1枚で0勝か1勝かを予想、2ラウンド目は手札2枚、3ラウンド目は3枚と増えていき、最終の10ラウンド目は手札10枚です。
得点計算は、1勝以上を宣言して宣言通りなら1勝につき20点、外すと勝ち数の差分×−10点。
0勝を宣言した場合は宣言通りでラウンド数(手札枚数)×10点、
外すと差分に関係なくラウンド数(手札枚数)×−10点です。
10枚で0勝して100点は魅力的ですから、1枚くらいは絵札でも狙いたくなります。
トリックテイキングのゲームの中では非常にシンプルで覚えやすく、入門的に楽しめるゲームです。
プレイ時間は10ラウンド30分は全員が十分慣れていて手早く済ませた場合の話で、不慣れな人がいると60分弱くらいかかります。
(同じ手順の繰り返しだから60分ゲームの難度ではない)
3〜7ラウンドだけ遊べば半分くらいの時間になるんだけど、これで楽しめるかどうか調査中。

この記事に

スピーチ

スピーチ

3〜12人/8歳以上/5分×人数
イメージ 1

両面とも絵が描かれたカードが120枚あります。
山札からめくって出た絵柄を見ながら即興話を作って語り、高評価を得た人が勝ちというゲームです。
説明書では2人でプレイして残りの人がどちらが良かったか投票するというルールですが、全員が順番にプレイして最後に全員一斉に指差しとかで一番を決める大喜利ゲームとして遊ぶことも多いです。

イメージ 2

最初は2枚いっぺんにめくってどちらの絵から使うか選べますが、後は山札の一番上からめくって出てきた順で、5枚で話は終わりにしてオチをつけないといけません。
何の絵が出てくるかはさっぱりで、「そこでこれかー」という苦しい展開がいっぱいですが、周りはその困り顔を見ながら大爆笑。
うまく話を繋いだら拍手喝采、ダメでも笑いはとれるので気にせず思いつくまま語るのがコツです。
話べたの人はちょっと苦手なジャンルらしいですが、身内(親しい人同士)の方が悪ノリや笑いのツボが合いやすいので、話をつなぐ練習にいいと思います。
話術に自信がある人は、テーマを決めて2人でディベート(討論)を行うという遊び方もあるのでやってみてください。たぶん、関西人はこういうゲーム好きなんじゃないかな。

この記事に

カツカレー喰ってる場合か!?

4~6人(以上)用、所要時間30分イメージ 2
〜 高けりゃいいってわけじゃない 〜

いわゆるオークション(競り)ゲーム。
色々な商品を手札の値段カードで値付けして、たくさん獲得した人が勝ちというシンプルなゲームです。
テーマは「庶民感覚の分かる政治家」、単にお金持ちが勝つわけではありません。
120円から1000万円までいろんな値段の書かれた金額カードが十数枚づつ配られてきます。
場の中央に出てくる「かばん」「自家用車」「カツカレー」などの商品の値段を全員一斉に手札の金額カードを出して競ります。
基本的には一番高い金額を提示した人が勝ちなのですが、次点の人の提示額より2倍以上高い金額になっている場合は、「庶民感覚のない人(笑)」として失格で、2番
手の人が勝ちになるのですが、2番の人も3番の人と比べて・・・
競り落とした人は、商品と金額のカードを一緒に手元に並べておき得点になり、他の人は出した金額カードを隣の人に渡して手札を1枚づつ入れ替えます。
イメージ 1
※上の写真は同人ゲーム版のカードです。
イメージ 3
※現在一般販売されているカードです。紙質もよくなりました。

ルールはすごく簡単で、そこそこの駆け引きと会話、意外な展開を楽しめるので、初心者、未経験者向けゲーム、ちょっとした息抜きに活躍してくれます。
知らない人と遊んだり未経験者に紹介するのによく持ち歩いてます。


この記事に

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事