塵壺日誌

日々の出来事や感じた事を綴った駄文の塵壺

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全154ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

先日告知させて頂きました通り、本日をもちまして当YahooBlog版
「塵壺日誌」は終了とさせて頂きます。
だらだら長いだけの駄文ばかりの拙Blogへのご訪問、心より感謝致します。
本当にどうもありがとうございました。

イメージ 1

イメージ 2

さて、今日は何故か昼頃からオムライスな気分。
と言う事で、仕事時間真っ只中だと言うに「今日の夕飯はオムライスだぁ。
そうだな・・・久しぶりに青い麦さんにでも行こう」などと間抜けな事を
考えつつ日を過ごしておりました。

仕事が終わり勇んで曙町の「青い麦」さんへ・・・
て、まだ準備中の札掛かってるじゃん・・・
明かりが着いていたのでドアを開け、おばちゃんに「まだやってらっしゃ
らないんですか?」と聞くと「まだちょっと・・・」とつれないお返事。

まぁ、仕方ないわね・・・
そういえば横浜橋の「酔来軒」さんの記事を書いた覚えが無い。
と言う事で、向かってみると物の見事にお休みだし・・・
んー・・・それじゃあ曙町の「玉泉亭」さんで、まだ頂いた事の無い
イーフーメンなんぞを・・・
と思ったら、今日火曜日で定休日だし・・・

そんなこんなで、無駄にグルグル歩いて廻ったのが徒労に終わり、
それならと言う事で福富町の「イタリーノ」さんへ。
なにせ牡蠣フライ特集なんてもんをやっちゃったもんだから、今冬は
まだ一度しかこちらの牡蠣フライを頂いてないしね。
と言う事で「イタリーノ」さんに着くと、さすがにこちらはやっていた。

さて、席に着いてお店の方に「まだ牡蠣フライやってますか?」と聞くと
「有りますよ」と仰るので、とりあえず「牡蠣フライ 700円」を注文。
ライスも良いが、それでは芸が無いので渡して貰った品書きを眺める。
んー・・・どうするかなぁ・・・
目を惹いたのは「カルディナール 650円」
そう言えば、まだこれは頂いた事が無い。

しかも、どなたかのBlogで物凄く美味しそうに紹介なさっているの
を拝見した記憶が・・・
と、そこまで思い出したなら迷う必要などありますまい。
「カルディナール 650円」をお願いした。

店に入った時は先客が丁度お帰りになるところで、ぼく一人だったの
だが、食事を待っている間にどんどんお客さんが来て、最終的には
相席になりましたな。
ま、イタリーノさんといえば太っ腹な激安ランチが有名で、そればかり
が取り上げられる事が多いのだが、レギュラーメニューもいけるしね。

さて、待つ事しばしで牡蠣フライ&カルディナール到着。
おぉぉ・・・カルディナールの如何にも美味そうなお姿と香り。
このぶっといスパゲティーがたまりませんねぇ。
具はかに身とマッシュルーム。
ケチャップスパと言うよりドミスパに近い感じのお味。
美味いなぁ・・・これ。

牡蠣フライ・・・
これはもうね・・・何度食べても最高ですよ。
このカリカリクリスピーな歯触りの良い衣に、しっかり下味のつけ
られた牡蠣。
もう最高でしょう。

それと、このキャベツサラダ。
これに掛かっているドレッシングって好きなんだよねぇ。
これを好む人も結構いらっしゃるようで、別皿でも貰っている人を多々
お見かけいたしますな。

いやぁ・・・満足な食事でしたねぇ。
牡蠣フライは、今冬中にもう,3度は頂きたいものですねぇ。

店名 イタリーノ
住所 横浜市中区福富町仲通3-4
電話 045-261-6721
営業 12:00 - 23:30
定休 日曜
http://kanagawa.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/23588.html

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

さて、今日はえらく寒い・・・
KIKUYAさんのカレーに引き続き、やはり身体を温めるような熱々のものが
食べたい。

そう言えば、毎週投函される「ぱど」と言う地域情報フリーペーパーに
「日の出らーめん」さんがクーポン付で広告出していて、その広告に
「石焼味噌煮込み剛麺 800円」なるものが出ていた。

剛麺というのは、えらく太いこちら独特の麺。
並大抵の太さではなく、うどんと言って出されても全く違和感のない
太さでありますな・・・
この麺は、昨年夏前に「剛つけ麺」と言うメニューで頂いた事があるの
だが、想像していたより小麦の香りなどは薄かったものの、ムチムチっと
したなんともいえない歯ざわりは好みにあっておりました。

その極太麺で味噌ラーメン、それも石焼煮込みという面白い趣向の
メニューで頂けるというのだから、これは試してみましょう。
と言う事で、券売機で「石焼味噌煮込み剛麺 800円」のチケットを
購入し、カウンターの席へ・・・

チケットを店員さんに渡す際、当然クーポンも持ってきていたので、
一緒に渡した。
このクーポン「味付け玉子」か「ピリから餃子」のどちらかが無料に
なると言うものなので、餃子の方でお願いした。

周囲を見ると、やはり「剛つけ麺」が人気のようだ。
まぁ、これは大盛まで無料だし、確かにつけ麺の方がムチムチっと
した感触を楽しむには良いのかもね。

さて、待つ事しばしで石焼味噌煮込み剛麺が到着。
つか、本当に石焼ボウルに入って出てくるのね・・・
ま、当然っちゃ当然なんだけど、こう言うラーメンは初めてですな。
スープがグツグツグツグツ湯だった状態であります。

味噌の良い香りとニンニクの香りが食欲をそそりますねぇ。
具はひき肉とシメジ、もやし、味玉、白髪ねぎ。
如何にもトロっとした感じの粘度の高いスープにおなっております。

麺を持ち上げてみると、このトロッとした濃い目の味噌スープを良い
感じに吸って、やや茶色く染まった極太麺が凄く美味そうです。
スープを啜ってみると、かなり熱々の状態ですなぁ・・・
油断すると口の中を火傷しそうです。
これまたニンニクでパンチの効いた美味しい味噌スープですねぇ。

このパンチの効いた味噌スープが極太の麺に良く合っています。
麺がやたらに太いだけに、延びてだれる事がなく、最後までムチムチ
っとした感触が残っています。
これは、この辺にはないタイプの味噌ラーメンですねぇ。

このラーメンにはライスが付いてくるので、麺を食べ終わった後は、
当然ご飯はスープに投入です。
この味噌スープのおじやもたまりませんねぇ・・・

クーポンでつけてもらった無料の焼き餃子も、名前通り少しピリ辛で
味の凡庸さをカバーしております。
個人的には嫌いじゃないです、この餃子。

んー、これはまた食べに来よう・・・
寒い間は、かなり美味しくいただけそうです。
満足の行く味噌ラーメンでありました。

店名 日の出らーめん
住所 横浜市中区宮川町3-63-3 宮川ビル1F
電話 045-261-1728
営業  平日11時〜翌1時、土曜9時〜翌1時、日曜9時〜23時
定休 無休
http://padonavi.padotown.net/detail/pages/1106/00000336000.html

開く トラックバック(1)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

さて、今日は外に出たらえらく寒かったので、何ぞ温かいものでも食べ
ようかと思い、ご主人が「最近は祝日もやってますよ」と仰っていたので、
野毛の「KIKUYA」さんへ行って見ました。

行ってみると、まだ時間は11時半少し前だと言うのにテーブルは全て
埋まっていて、4人がけにお一人で座っていた方と相席に・・・
祝日も営業されていると言うのは、もう定着してるんですねぇ。
つか、昼の時間帯に来たのなんて、ここ1年毎週のように寄らせて貰っ
ているけど、これで3度目くらいかな・・・
こちらには昼に来る機会って殆どないんだよね。

さて、席に着いてメニューを眺める・・・
何となくハンバーグのカレーが食べたいなぁ・・・
と言う事で「じゃが芋とハンバーグうのカレー 1080円」をスリランカ
カレーでお願いした。

それにしても、やはりランチ時と有ってお客さんは多いな・・・
ぼくが席に着いた時点で相席の空きもなくなり、外に数人の待ちまで
出来ておりましたな。
さすがにこの寒い中外でお待ちになるのはきつかったでしょうねぇ・・・

さて、先に出して貰ったサラダを平らげ待つ事しばしでカレー到着。
いやぁ・・・このグツグツ言っている、いかにも熱々な状態がたまり
ませんねぇ。

こちらのカレーで一番好きなのはグリーンカレーなのだが、最近は
品書き落ちしてしまい、お願いすれば作っていただけるのだが、いつも
いつもわがままな注文をする訳にも行かないので、今日はスリランカ
カレーでお願いしたのだが、これも好みのお味だ。

それにしても、こちらのハンバーグはやはり美味しいですねぇ。
スパイシーで肉々しくて・・・
煮込み系ハンバーグでは個人的にはNo1であります。
ちなみに焼き系ハンバーグのNo1は、思い入れ込みでハングリータイガー
のハンバーグですハイ
と言っても、今のではなく食中毒問題を起こす前の時代のものですが。

そんなこんなで今日も美味しく頂きました。
ちなみに、今は「じゃが芋とハンバーグのカレー」は品書きから外れて
しまっておりますが、これも注文すれば作っていただけます。
お値段は1080円でありました。

店名 KIKUYA
住所 神奈川県横浜市中区野毛町4-173 天悦ビル101
営業 11:00 - 20:30(今は、もう少し遅くまでやられています)
定休 日祝(祝日はやっていらっしゃる事も多い)
http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/303647.html 

開く トラックバック(4)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

写真の掲載許容サイズを超えたらしいので上寿司とお好み厨子を分けて
掲載します。

と言う事で、お好み寿司はまずコハダなんぞを・・・
お好みは2貫出しだけど、多分頼めば1貫でも出してくれるかと。
柚子かな?柑橘系の爽やかな香りの立った、物凄く美味しいコハダでし
たなぁ・・
コハダと言うと角の立った酸味の強い〆過ぎ気味な物を出すお店も少なく
ないが、こちらのコハダはコハダそのもののお味が楽しめる。

次はイカを注文。
これまた肉厚で柔らかな歯触りの、すんごい甘いイカ。
口の中でねっとりした甘味を残しつつとろけましたな。

その次はうにを注文・・・
て、やたらにてんこ盛りの状態の軍艦巻きが登場しました。
実は、ぼくは元々うにが嫌いで、うにが凄く美味しいものだと思い始め
たのはほんの5年ほど前なんですが、これは多分最初に食べたうにが
うに瓶だったからなんでしょうな・・・
味に関してはもはや言う事なし・・・

最後はかんぴょう巻きをわさび入りで注文。
この食べ方は、他のお寿司屋さんに行った時に、たまたまそれを注文して
いたお客さんがいて「美味しいのだろうか?」と思って自分も注文してみた
ところ、これがまた美味しくて気に入ってしまい、それ以来最後は必ず
これで〆ている。
まぁ、お寿司屋さんにしてみれば「折角作ったものの味を壊しやがって」
と思われてしまっているのかも知れないが・・・

間々に、イカの軟骨串焼き(くちばしじゃなかったな?どこの部分だろ?)
としめ鯖1貫を出してくれた。
どちらもやはり美味いなぁ・・・
刺身もたのんどきゃ良かったな・・・

まぁ、正直ぼくは寿司屋さんとは縁が薄いので、おすしの本当の美味しさ
なんて分らないし、他店との比較なんて当然出来ないのでそれを前提に
読んで下さい。

さて、これだけ食べてお会計は3500円でした。
確か上寿司だけなら1300円だったと思います。
上寿司の内容は味噌汁+ネギトロ巻き+寿司7貫。
この値段も他店との比較は出来ません。
が、これだけ美味しいおすしであれば、ぼくはなんの疑問もなく出せる
お値段だと思いましたな。
また昼夜共に寄らせて頂きましょう。

満足の行くお寿司でありました。

店名 おき
住所 神奈川県横浜市中区伊勢佐木町6-141
電話 不明
営業 ランチ営業あり 夜は17時から夜中まで
定休 不明
地図 http://www.isezakicho.or.jp/infomachi/map/zaki6.html
     ↑地図の「ウラカンラナ」さんのある建物の1階店舗です

全154ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事