全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
 
 
副題が 「ガイドブックが書かない奄美の懐」
 
 
1997年7月1日第1刷発行
南方新社
単行本 325ページ
1600円
 
図書館で借りる
「BOOK」データベースより
ヤポネシア・奄美。クロウサギと珊瑚礁の海だけが奄美ではない。
沖縄とも一線を画す。その歴史、民俗、自然の深さと広さは、さながら独立国家の観を呈する。
朝日新聞記者が歩いた心揺さぶるシマジマの記録。
 
先月、奄美大島に行った。
島を囲む海岸は、どこも美しかった。

ブログに奄美を訪ねた記事を書いたが、その時、ふ、と疑問が出来、
図書館で本書を借りて読み、私の知らなかった「奄美大島」の つらい歴史を知った。
 

イメージ 2

奄美は行政的には鹿児島県に入り、北から、
奄美大島、喜界島、加計呂麻島、請島、良路島、徳之島沖永良部島、与論島、と連なり、
最南端の与論島から沖縄までは28キロしかない。
 
1609年薩摩藩が奄美・沖縄に攻め込み、奄美は薩摩の直轄支配下に置かれてしまう。

その後、奄美群島は薩摩藩直轄の蔵入地として本琉球からは除かれた。

しかし、公式にはあくまで琉球国のうちに置かれ、
                     幕府には内緒で収奪を強めることになるのである。
 
 
薩摩藩は、奄美の農家から砂糖1斤(約700グラム)に対し米3合の割合で交換したが
大阪市場では、4〜5倍にもなり暴利を貪った。  この時期、島民は圧政に酷く苦しんだ
砂糖を指先につけてなめても、鞭打たれた。  という話もあるくらいである。
 
奄美が薩摩への「同化」することを許さず、貨幣を禁止、往来も禁止、
衣服など身なりは琉球風のものを強制した。
 
また年貢が払えず、借財が重なって富豪に身売りしたものも多く出た。
 
これが 「家人(ヤンチュ)」 と呼ばれる奄美独特の階層であり、一種の債務奴隷と考えられる。
 
薩摩は流罪地として奄美の島々を選んだ。
当時の琉球王政府も流罪地として奄美を利用していたとのことである。
 
このように、奄美大島は調べれば調べるほど色々の歴史が有ったのに、
このような事を、全く知らなかった。
 
 
1946年日本の占領政策を実施していた GHQ は
トカラ列島・奄美群島、沖縄を、米軍政下に置くことになった。

その後米軍の統治形態はくるくる変わり、沖縄と行政上一体になったり、何度も名称変更されたりする。
 
南西諸島の本土からの行政分離については昭和天皇のメッセージがあるが、(有名だそうだ)
これは、1947年9月に米国側に伝えられたもので
 
  米国が沖縄などの島々を軍事的に占領することは、

           米国の利益の為になるだけでなく
                            
                       国内の治安維持などのため、日本の利益にもなる」 
         
                                                   というのだ。
 
   25年〜50年、あるいはそれ以上の米国の祖借を望んでいた。。。。。。。。。。。という。
 
    奄美群島が日本に復帰したのは1953年12月25日。    沖縄は1972年(S47年)である。
 
       イメージ 3

誠に、奄美の歴史は知れば知るほど驚く事だらけ
日本国で有るのに、自分の無知さ加減を恥ずかしく思った。
 
 
奄美大島と、沖縄の関係は複雑だが、それ以上に複雑なのが トカラ列島である。
また、奄美と言えば、 私は作家の「島尾敏男」の名が頭に浮かぶ。

西郷隆盛の事も書いて有ったが、奄美での西郷の評価は複雑なものが有るようだ。
 
 
図書館の期限が切れたので、この項は中途半端になってしまったが、
次回奄美に行った時は、前回とはまた違った思いであの美しい海を見る事になりそうだ。
 ====================================================================================
閉じる コメント(2)
顔アイコン
西郷隆盛は、一時期流刑されてましたからねぇ。
そこで、島の娘と子供作って、嫁ハンにえっらい怒られたとかなんとか。。。
江戸幕府より、嫁が怖かった西郷隆盛。。。 削除
2012/8/6(月) 午後 2:56 かじら 返信する
顔アイコン
これを読む限りでは、西郷は二重人格?と思える位対照的な二面性を持つ人だったと思えてなりません。
島で夫婦同然に暮らしていた女性「愛カナ」に対してはあまりにも冷たい。利用するだけ利用し、「使い捨て」同然だった様です。 削除
2012/8/11(土) 午前 7:06 kinako 返信する

閉じる コメント(2)

顔アイコン

西郷隆盛は、一時期流刑されてましたからねぇ。
そこで、島の娘と子供作って、嫁ハンにえっらい怒られたとかなんとか。。。
江戸幕府より、嫁が怖かった西郷隆盛。。。

2012/8/6(月) 午後 2:56 かじら 返信する

顔アイコン

これを読む限りでは、西郷は二重人格?と思える位対照的な二面性を持つ人だったと思えてなりません。
島で夫婦同然に暮らしていた女性「愛カナ」に対してはあまりにも冷たい。利用するだけ利用し、「使い捨て」同然だった様です。

2012/8/11(土) 午前 7:06 kinako 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事