ここから本文です
神戸発、オムニバス
趣味のブログですので、掲載内容で関係機関・各社様へのお問い合わせはご遠慮下さい。車庫・施設内の写真は許可を得て撮影しています。
 かねてから新聞などで予告されていた社会実験運行で神姫バスの連接バスが三宮にやって来ました。この期間というのは海フェス神戸開催のシャトルも兼ねている模様です。詳細は公式HPをご参照頂くとして(笑)、取り急ぎ撮影に赴きたい病が出たので行ってきました。
イメージ 1 
イメージ 11
使用された車は三田(さんだ)営の10002号。今般ラッピングされての運行ですので、以前撮影しているオリジナルの姿も併せて掲載。

さて、公式HPに掲載のある運行経路から時間帯と光線具合を考えて、ポートタワー入り口に狙いを定め、暫し待っていました。しかしながら既に一般車の大渋滞でなかなか車列が進みません。よく見ると他府県ナンバー車も多数で、やはりメリケンパークでのイベントやハーバーランドumieへの来客でかなりの交通量です。予想通りバスも煽りを食らって足止めとなり、姿が見えたのは既に中突堤出発時刻を大きく過ぎ去った頃でした…。
イメージ 2
渋滞でなかなか進まない車列…。終点はもうすぐそこなんですが…。本当はポートタワー下に留まる同車を非公式側から狙う予定でしたが、この渋滞では車の切れ目に狙う撮影も難しいので諦めて取り敢えずこのアングルでポートタワーと絡めました。
イメージ 3
無事到着、開扉と同時に沢山のお客さんがドット!さすがに収容力は半端無いですね。たまたま友人が乗っていましたが、渋滞で動かなくなって大変だったとか…。
イメージ 4
往路のLED表示。ちゃんと「神戸市社会実験」の文字が入れられています。
イメージ 5
イメージ 6
復路の三宮行き表示。復路は経路が異なり「新港町」を経由するので、その表示も入っています。こうして、かなりの遅れで戻っていきましたが、この後のダイヤを気にしてしまう私でした…。
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
期間中設置されると思われる標柱や表記類。特に標柱の停留所名表示板は臨時停留所ながら本格的な仕様で良い感じです。 
 余談ながらこの地域の社会実験運行としては過去にも神戸市バスでやっており、取り敢えず手元にすぐ出てきた写真だけですが、この時は環境に優しいCNG車の低公害車の他ボンネットなども投入されていました。
イメージ 10
画像はかなり暗いですが、その時にあの714号が三宮界隈に出てきたコトに感動(笑)し、ポートタワーと絡めて撮影したものです。

 さて、期間中はこの3連休と22・23といずれも土休日になっています。ということはやはり元町浜手周辺の渋滞は避けられない模様で、友人・知人から頂いた意見も合わせますと、この辺りももっと検証してから運行した方が良かったのでは無いか…と…。勿論自家用車を閉め出すのは簡単では無いことやその日の交通状態なんて当日まで分からないのは百も承知ですが、少なくとも土休日はあの界隈、神戸駅側も含めてハーバーへ向かう車が多数で渋滞は毎度のことです。折角走らせても渋滞で足かせでは意味が無いと思ってしまうのです…。「社会実験」と謳っているだけに一寸残念に思えました。残りの運行日が無事に走りますように…。

この記事に

開くトラックバック(0)

今月に入ってまたもや転属劇がありました。私もSNSで事の次第を知った口ですが、取り敢えず話が出ている車をキャッチすることが出来ましたのと、過去の宿題が済んだ分でお届けします。

○松原→西神863号
イメージ 1
転属後で循28表示の863号です。2005年式でこんな顔をしていますが、PJ-KV234L1、そう日野ブランドです。この頃はまだLVとKVは同じ顔なので見分け付きません。個人的には日野ブランドで800番台付番なので、新車当時「よしよし!」と心の中で思ったモノでした。(笑)
因みにこれの同期KVは867号までで、垂水向け868号〜874号はLVです。配属車庫違いの関係で、局番番台が異なる他の同期では459〜463号がKV、288〜298号がLVです。大量に入った中でいすゞと日野ブランドが分けられていましたが、これらの同期も近年の相次ぐ転属で各車入り交じりややこしくなってしまいました。特に西神は垂水からの86*代グループが殆どやって来ていますので、ブランド違いながら更に仲間が増えたような感じですね。
イメージ 2 こちら松原時代の同車で転属歴は今回までありません。臨3表示も近年出来たモノで、3系統は循環ながら昔は「止り」表示はありませんでした。2007年7月の撮影です。
イメージ 3
これは113系統表示の同車で2011年9月撮影です。他にも形式写真的なカットがあるかと思って探したのですが、どうやら回送表示の時以外で撮っていなかった様です。

○垂水→西神880号
イメージ 4
転属後の循47表示の880号で2006年式ADG-RA273KAN。実はこの車新製配置は同期の879号と共に西神でしたが、何故か1ヶ月程で2台とも垂水へ転属しているのです。なので、新製時の西神での姿を記録しておられる方は貴重な写真だと思います。
イメージ 5 
イメージ 6
と言うわけで新車時(上)と垂水転属後ですが、垂水は「厄神臨」で撮れました。(笑) 

 ざっと確認分はこの2台ですが、西神から転出したのかどうかは不明のままです。またキャッチできたら…ということで。

○過去ネタ追記、他。
春の転属253号がようやく撮れました。運用が掴みにくい車ですが、毎度ながらダメ元で阪神御影で粘ること1時間。33系統でやってきました。LED切れていますが…。
イメージ 7

それと、45系統の表示が変わっていることを趣味のお友達より教えて頂き、これも見えにくいですが押さえてきました。
イメージ 8
「45 魚崎郷酒(魚崎車庫前ゆき)」となって、酒蔵周辺を廻る経路をアピール?している感じに変わりました。今度はもう少し表示が見やすい時間帯や天候を選んでリベンジしたいところです。

 ところで、魚崎ネタといえばCNGの450号。最近発売されたバスラマ誌最新号の神戸市バス特集では車両一覧で同車が消えていました。実は5月頃にハイテク工場に留置されている姿を見ていたのですが、そのまま消えたようですね。やはりタンクの検査などの関係でディーゼル車より早く落ちるようで、件のバスラマにもその辺りは触れられていたのをお読みになった方も多いかと思います。
イメージ 9
これはまだ新製配置の中央時代でしかも2系統走っています。当時は何気なく撮っていましたが、あの重たい図体であの2系統入っていたのですね…。(^^)撮影は2009年12月です。

と言った感じでざっと走りましたが、また転属の目撃情報がありましたらお知らせ頂けましたら幸いです〜。


この記事に

 今月に入って、三宮界隈で「白ナンバー(に見えるプレート)」を付けた神姫バスが突如現れ、バスファンの間で話題になっています。
国交省HPによりますとこのナンバーはラグビーワールドカップが2019年に日本で開催されることに因み、特別デザインとなったナンバープレートで、基本誰でも申し込み出来るそうです。また、営業車用を申請した場合もデザイン上「ナンバー縁に緑色が付くだけで、見た目白ナンバー」です…(^^)
 
 普段見慣れているバスが付け替えた姿は違和感タップリで、実は緑ナンバー自体も「バスのデザインの一部」になっていたのでは無いか!と思うほどです。(笑)
(そう言えば、黄色の軽四輪ナンバーも同様に変更可能で、これも実物を見た際に違和感タップリでした…あれっ、この車種普通車だったかなぁ?と近づいて分類番号の480等で「おっと!そうか!」となるわけで…笑)
 今のところ趣味のお友達情報からも神戸営業所の車に限られている模様ですが、この先どうなっていくか楽しみです。今回はひとまずキャッチ出来た、神戸営所属の各タイプの写真を緑ナンバー時代(←いや、特別デザインも緑ナンバーというべきでしょうが…)と並べて見ました。

○:OP-16号
イメージ 1
イメージ 2

○:5564号
イメージ 3
イメージ 4

○:5580号
イメージ 5
イメージ 6
○:5933号
イメージ 7
イメージ 8

○:6231号
イメージ 9
イメージ 10
と、まぁ定期観光のスカイバスから一般路線車までもれなく変わっております。それにしても今回撮った車、いずれも元ナンバー時代をよく撮っていたものだと…。反面、撮れていないまま変わっている車も結構おりそうでちょっと調べるのが怖いトコロです。
 このナンバー、先のHPでは使用終了時には不正防止で穴を開けて返却、記念に保存することも出来るそうです。

○オマケ:4770号
イメージ 11
これはネタです。神姫バス本来の教習車で「ちゃんとした」自家用ナンバーに変わっています。神姫バスは昔から自前で退役や経年の車両を自家用ナンバーに変更して教習車として使用していますが、近年その数は増えており全貌の把握が全く出来ておりません…。(笑) 
※ドライブ中、スライドした教習車を助手席からの撮影です。
 さぁ、神戸営の車、オリジナル緑ナンバーでどれだけ撮っているか調べなければなりませんね〜。

この記事に

開くトラックバック(0)

 今般長い間探し求めていた、とあるミニカーが漸く入手出来ました。トレーン社のNゲージ鉄道シリーズから地元「神戸市営地下鉄」の旧製品です。
イメージ 1
 上の画像で右側がそれですが、発売当時を知る方はご存知かと思いますが、国鉄(JR)103系通勤電車モドキを塗装変更しただけのものです。しかも車体は103系ですが、屋上ベンチレーターは押し込み式を模しており、どうも中途半端な仕様です。
 私、当時中途半端(笑)な103系に神戸市交色を塗ったこの製品を許すことが出来ず(笑)、買わず仕舞いでした。因みに、この103モドキの色替えで結構関東系私鉄なども製品群として存在していたと思います。
イメージ 2
 で、その初期製品のアップです。顔は103系高運転台の様です。側面はしっかり103系です。これでダイヤペットの国電みたいに戸袋窓が無ければ、地下鉄カラーも、もう少し見れた姿になったかも?ですね。
イメージ 3
 時は移って平成に入ってからだとは思いますが、このトレーン社の通勤電車もいつの間にかJR209系を模したモノに型が変わっており「神戸市営地下鉄」もご覧の通り、随分スッキリした製品になっています。また今回は正面顔もちゃんと地下鉄1000形になっており好感が持て、20メートル級4扉のウソ電ながら顔にノックアウトでこちらは当時玩具店で買い求めました。
 その後こうなると、初期製品も探したくなってしまう困った病気が出てしまい、あちらこちらの玩具店を当たるも時既に遅しでした。
 最近になってネットオークションで漸く箱無しながら比較的美品を入手することが出来ましたので、この機会に両者比較でアップしてみたものです。(笑)
因みに地下鉄にスカートは無いのですが、ここはご愛嬌ということで…。

○オマケ
イメージ 4
 同じシリーズで地元阪神電車も近年出ました。こちらも先の209系モドキの色替えですが、顔がちゃんと阪神8000系になっています。やはりミニカーは顔が命かと思いますので、似ている製品はついつい買ってしまいます。因みに阪神も地下鉄同様19メートル級3扉ですので…。

イメージ 5
 これは近年のラインナップカタログです。眺めていると楽しくなりますね〜。よく見ますとまだ、103系モドキもカタログに載っています。
イメージ 6
 これはカタログのアップで阪神と神戸市の処です。しかしながら製品Noがナンバープレートマニアなら「ちょっとちょっと〜」と言える「42」「49」です。そのせいかどうか知りませんが、この2種はその後絶版になってしまい、今に至っております。地下鉄、カタログではスカートの色が濃い緑になっているのがお分かりかと思います。実際の製品とカタログが異なるのは結構見られ、それがまた興味をそそるわけで…。
 阪神が後のリニューアルカラーで再販されていればまた面白かったかも知れませんね。
 そうそう、神戸市交のミニカーと言えば、市バスを早くから登場させていた「ダイカスケール」も忘れてはいけません!これについてはまたいずれ入手出来た各バージョンを織り交ぜて記事化したいと思いますので、気長にお待ちを〜。

この記事に

開くトラックバック(0)

 6月も今日で終わり、明日から下半期スタートですね。毎年ですが、もう今年も半分終わったのかぁ…です。
で、6月が終わる前に駆け込みで表題のお話しをお届けしましよう。この趣味の方は既にご存知の方も多いかと思われますが、今月突然?に車両の転属がありました。具体的には中央と松原のトレードでした。

○松原→中央
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
 局番700〜702号(2012年式:QKG-LV234L3)の3両が中央へ転属しました。このグループは新車時997〜999・700〜702号が同期で松原に入っております。近年になって松原からもエルガ系転出が相次ぎ、700番台も遂に松原を離れる車が出始めたようです。 
 余談ですが、この局番700号は二代目ですが、1965年以降の局番体系では0始番は無く701〜で、初代701号(1965年)から一巡した際も納車台数と日野枠空き番残数の関係からか995号まで付番、次の新車で二代目701〜となっています。この二代目701も一巡した際は同じ展開からかで988まで、今度は0始番の700〜となりそのまま999まで進番、引き続き同期で700〜となり今に至っています。
 あくまでも個人的な思いですが、昔から市バスを追っかけている身としてはいすゞも日野も0始番はかなり違和感があり、それをするならふそうの「000」もいるやろ…と…。(^^)
イメージ 4
 こちらまだ新車に近かった頃の松原マーク700号で2012年12月の撮影です。
イメージ 5
 こちら今年春頃だったかに天橋立ラッピングが施された701号でまだ松原時代です。この時は不意にやってきて、しかも対向車に被られてで、散々な1枚ですが残念ながらこの後これの追っかけをサボっていて、結局ラッピング後の松原時代で形式写真は撮れませんでしたので、結果的にシャッターを押していて良かったかと…。
イメージ 6
 そしてこれが先日、折角なので似たようなアングルで撮ってみようと…。まぁ毎度ながら車庫表示しか変化無いのですが〜(^^)
イメージ 7
 こちらラッピング前で…と言いますかやはり新車に近い2012年12月撮影です。冬の逆光でかなり辛い形式写真になっていますね。勿論補正掛けて撮影です(笑)

○中央→松原
イメージ 8
 中央からは544〜546号(2012年式:QKG-MP37FK)が松原へ…。松原ではこの同期が先の石屋川からの転属車を含め一挙に増えていますね。私はまだこの544号しか撮れていませんのでご了承を…(^^)
イメージ 9
 こちらピカピカの新車時でハイテク工場から中央車庫へ向かう際のもので2012年11月撮影です。

 それにしても今回の転属、現状運用に就いている系統が2とか7が多く、どちらの車庫でも違和感の無い系統で、LED表示器が写っていても趣味的にあまり面白く無い(笑)画になっています。(松原転属車は11系統でもキャッチされていますが、以前は中央も持っていたのでこれでもあまり違和感が無いです)

 さて、今回のお話し、LVは早くに捕獲出来たのですがMPがなかなかで辛うじて1台捕獲出来ましたので、漸くアップした次第でした。(^^)


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事