クルマのよろずダラダラ話

田舎暮らしには車は必需品です。大好きなクルマのことをダラダラと書いてみたいと思います。
イメージ 1

洋風のイメージが強いとされるクリームパスタですが、和の食材を使うことで和風クリームパスタに仕上げることができます。
 
ここでは味噌や白だしを使った和風クリームパスタのレシピを紹介します。
 
◆カルボナーラのような和風味噌クリームパスタ♦
クリームに味噌を加えることで、立派な和風味噌クリームパスタを作ることができます。
 
材料(2人前)
・パスタ 200g
・ベーコン 3
・ブナシメジ 1/2
・塩コショウ 少々
・ブラックペッパー 適量
・味噌 大さじ1/2
・牛乳 150cc
・粉チーズ 大さじ1
・卵 1
 
1. パスタを表示時間通りにゆでていきます。その間に、ブナシメジの石づきを取り、ベーコンを細切りにします。
 
2. フライパンに油を引かず、ベーコンを投入していためます。油が出始めたらブナシメジを入れ、牛乳と味噌、粉チーズを投入し沸騰させます。
 
3. ゆでたパスタと卵をフライパンに入れ、ソースとよく絡めます。塩コショウで味を調え、皿に盛りつけます。ブラックペッパーと粉チーズを振って完成です。
 
クリームベースのパスタですが、味噌を加えることで和風味になります。味噌の風味がベストマッチするため、クリームパスタ好きから大好評のレシピです。
 
◆サーモンを使った和風クリームパスタ
クリームパスタに白だしを合わせと、和風クリームパスタに仕上げることができます。ここではサーモンときのこを使ったレシピを紹介します。
 
材料(1人前)
・パスタ 200g
・スモークサーモン 8
・玉ネギ 1/2
・ブナシメジ 1/2
・にんにく 1かけら
・いくら 大さじ2
・セルフィーユ 適量
・オリーブオイル 大さじ1
・バター 大さじ2
・薄力粉 大さじ2
・牛乳 500ml
・白だし 大さじ4
 
1. 大さじ2の塩を鍋に入れ、パスタをゆでていきます。弱火でゆでるのがコツです。
 
2. 玉ネギを繊維に沿ってスライスし、ブナシメジは石づきを取ってほぐしておきます。
 
3. フライパンにオリーブオイルとニンニクを投入し、玉ネギとブナシメジをいためます。火が通ったらバターを入れ、薄力粉を投入して混ぜておきます。
 
4. 牛乳を少しずつ入れ、パスタのソースを作ります。そこに白だしを入れて煮詰めます。
 
5. ゆで上がったパスタとスモークサーモンをフライパンに投入し、さっとあえます。器に盛りつけ、いくらとセルフィーユを飾れば完成です。
 
薄利粉が無い場合、米粉を使っても良いです。ダマにならないよう、なめらかなソースに仕上げるようにしましょう。
 
◆ごぼうと鶏肉の和風クリームパスタ
イメージ 2

煮物などに使われるごぼうと鶏肉を使った和風クリームパスタのレシピを紹介します。
 
材料(1人前)
・パスタ 100g
・鶏もも肉 100g
・ごぼう 1/4
・ブナシメジ 1/2パック
・水菜 適量
・塩 少々
・ブラックペッパー 少々
・オリーブオイル 大さじ1
・白ワイン 大さじ1
・生クリーム 100cc
・味噌 大さじ1/2
・すだち 適量
 
1. 鶏肉を一口大に切り、塩コショウをおきます。ごぼうの皮をむき、斜めにスライスしていきます。シメジは石づきを取り、小房に分けておきましょう。
 
2. パスタを表時間通りにゆでます。大さじ2の塩を入れてからゆでましょう。
 
3. オリーブオイルを引いたフライパンで鶏肉を焼き、ある程度火が通ったらごぼう、ブナシメジを入れます。
 
4. 白ワインを入れ、アルコールを飛ばします。同時にパスタのゆで汁を100cc程度入れます。
 
5. フライパンに生クリーム、味噌、ブラックペッパーを入れます。あらかじめ混ぜておくと良いでしょう。
 
6. パスタがゆで上がったら水を切り、ソースとあえます。皿に盛りつけ、水菜で飾れば完成です。
 
味はもちろん、見た目の評価も高い和風クリームパスタです。ごぼうの風味が口一杯に広がる一皿です。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

東京には怖いといわれるお化け屋敷がたくさんあります。
 
昔ながらのものから、ホラープランナーによる作品、立体音響によるアトラクションなどバリエーションも豊富です。
 
「本物が出る」とうわさの場所もあります。東京で恐怖体験を堪能しましょう
 
◆ 台場怪奇学校
平野ユーレイと齋藤ゾンビらによるお化け屋敷プランナー「幽霊ゾンビ」が制作したお化け屋敷が「台場怪奇学校」。
 
廃校となった校舎が舞台です。学校で自殺した生徒や事故で無くなった生徒が霊となってさまよっているという設定です。
 
人間がおどかしてくるので、その場に応じた柔軟なおどかし方をされます。呼びかけも「お姉さん」とか「おにいさん」など・・・。その分リアリティーが増します。
 
校舎を歩くウォークスルー型で、ゴール地点に人型をささげてくるというミッションがあります。
 
最近「台場怪奇学校に本物が出た」といううわさがツイッターで話題となっていました。
 
体験した人の感想文に「双子のお化けが怖かった」と書かれていたのですが、双子のお化けは怪奇学校にはいないんです。本物だったのでしょうか。
 
怖くて自信がないという人のためにちょっと手加減してくれる「魔よけモード」も用意されています。
 
場所:東京お台場 デックス東京ビーチ4F 台場一丁目商店街内
料金:大人800円 小学生以下600
所要時間:5
 
◆ 浅草 花やしき「お化け屋敷 桜の怨霊」
160年の歴史を持つ花やしきのお化け屋敷は「本物が出る」という噂が絶えません。

関東大震災や第二次世界大戦をくぐり抜けてきた施設ですから、霊がいてもおかしくないかも。現在のテーマである「桜の怨霊」も花やしきに伝わる怨霊話を題材にしたものです。
 
イメージ 2

開園当時の花やしきは名前のとおり花が咲き乱れる花園のようなところでした。
 
そこで働く人の住居を建てるために1本の桜の木を切り倒したところ、怪奇現象が起こったとか。
 
その場であったといわれる話を題材にしたお化け屋敷は臨場感ありすぎです。覚悟を決めて行ってみましょう。
 
場所:東京浅草「花やしき」内
料金:のりもの券3枚(300円)
所要時間:10
 
◆ 東京ジョイポリス「生き人形蒼の間」
立体音響によるストーリーを聞くタイプのお化け屋敷です。
 
まず、真っ暗な部屋に通されヘッドホンを装着します。
 
ストーリーは昭和初期、流行病で外に出ることができず、部屋の中でお人形相手にお医者さんごっこをしていた少女。
 
彼女は死んだあと、お気に入りの人形に乗り移り、本物の人間を相手にお医者さんごっこを始めるというものです。
 
命の危険を感じるような怖さが評判です。小さい子供には無理なほど怖いお化け屋敷です。
 
場所:お台場 デックス東京ビーチ内
料金:入場券800+アトラクション500円(フリーパス有り)
所要時間:10
 
◆ ナムコ・ナンジャタウン「地獄便所」
袋小路小学校にある古ぼけた木造の便所に伝わる怪談話が本物になっておそいかかるという設定の立体音響お化け屋敷。
 
昔の小学校によくあった木造のトイレをイメージして作られた個室式のお化け屋敷。3部屋あるうちの一室に入ると、便器の形をした椅子がおいてあります。目の前にはなぜかガラス窓。
 
椅子に腰かけ、ヘッドホンをつけてお話を聞きます。最初は怪談話なのですが、それが現実になってお客さんの身にふりかかります。
 
立体音響で聞こえる人の声や刃物の音、ガラス窓の向こうに見える何かが、超リアルで怖いと評判です。
 
部屋ごとに違うストーリーになっているようですから、3回は行きたいお化け屋敷です。
 
場所:東京池袋サンシャインワールドインポートマート2F
料金:300
所要時間:5

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

和風パスタは通常のイタリアンパスタよりも簡単に作ることができるため、多くの日本人が好んでいます。
 
ここでは、おいしい和風パスタの作り方を紹介します。
 
どのレシピも手軽に作ることができるため、料理が苦手という方も挑戦してみましょう。
 
◆定番中の定番和風キノコパスタの作り方
まずは和風パスタの定番と言われている和風キノコパスタの作り方を紹介します。
 
パスタ料理の入門としても最適です。
 
材料(1人前)
 
・パスタ  100
・シメジ  1/2株(約100g)
・シイタケ   3個(約50g)
・エノキ  50
・マイタケ   50
・ベーコン 40
・にんにく  1
・薬味ネギ  1
・オリーブオイル  大さじ2
・醤油  大さじ1
・バター  大さじ1
 

1.   2リットル程度の水を鍋に入れ、沸騰したら塩とパスタを投入し、ゆでます。固めにゆでると良いでしょう。

 

2.   3種類のキノコの石づきを切り、ほぐしておきます。ベーコンは1cm程度、ニンニクは皮をむいて包丁で潰します。ネギも刻んでおきましょう。

 
3. フライパンにオリーブオイルを引き、ニンニクを投入します。
 
4. ベーコンを投入し、火が通ったらキノコを入れます。
 
5. ゆで上がったパスタをフライパンに投入し、そこにバターと醤油を入れ混ぜます。なじんできたら皿に移し、ネギを散らして完成です。
 
定番と言われている和風パスタですが、その作り方はとても簡単で、誰でも作ることができます。
 
◆ベーコンと大根おろしの和風パスタ
イメージ 2

イタリアンパスタに使われるベーコンですが、和風パスタにも頻繁に使われます。
 
そんなベーコンと大根おろしを組み合わせた和風パスタの作り方を紹介します。
 
材料(1人前)
 
・パスタ 100g
・ベーコン 30g
・しょうゆ 小さじ2
・ほんだし 小さじ1
・大根おろし 30g
・刻みのり 少々
・オリーブオイル 大さじ2
 
1. パスタを表記時間通りにゆでます。
 
2. ベーコンを短冊切りにし、オリーブオイルを引いたフライパンでいためます。
 
3. そこにパスタのゆで汁としょうゆ、ほんだしを加えます。
 
4. 皿に盛り、大根おろしと刻みのりを乗せて完成です。
 
ベーコンをいためるだけの簡単レシピです。ほんだしの香りが口一杯に広がる絶品和風パスタです。
 
◆ゆずコショウが効いた絶品和風パスタの作り方
ゆずコショウ好きにはたまらない和風パスタの作り方を紹介します。
 
鶏肉と水菜を具材とし、さっぱりとした一品です。
 
材料(2人前)
 
・パスタ 200
・鶏肉 200
・水菜 1
・めんつゆ 大さじ1
・醤油大さじ1
・酒大さじ1
・ゆずコショウ小さじ1
・オリーブオイル 適量
・塩コショウ 少々
・ねぎ 適量
・パスタのゆで汁 適量
 
1. 鍋に水を入れ、沸いたら塩とパスタを投入します。
 
2. 鶏肉を一口大に切り、水菜を3cm程度に切っていきます。
 
3. フライパンにオリーブオイルを入れ、鶏肉を表面に焼き色が付くまで焼きます。
 
4. 鶏肉に塩コショウを振り、めんつゆと避け、醤油を回し入れます。
 
5. 水菜とパスタを入れ、全体がなじむまでいためます。パスタのゆで汁も同時に投入します。
 
6. 火を止めたらゆずコショウを振り、お好みでネギやゴマ、のりをかけて完成です。
 
ゆで時間を短くすると、完成した時に丁度良い固さになります。ゆずのほのかな香りがアクセントとなっている和風パスタです。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事