全体表示

[ リスト ]

S&T P90TRの実射です。



イメージ 1
バッテリーをセットします。
用意したのはアマゾンで買ったミニSサイズというけどちょっと大きめのリポバッテリーと
マルイ純正のニッケル水素ミニSバッテリー。




イメージ 2
マルイ製は問題なく入ります。






イメージ 3
ちょっと大き目のリポバッテリーはきつくて入らない。





イメージ 4
マルイ製P90TRには入るのですが。
マルイのコピーでも細かい点で寸法が違うようです。





イメージ 5
光学サイトはサイトロンのダットサイト「SD-30」を使用してみます。






イメージ 6
室内 5メートルから。
マルイの0.2gBB弾を使用。

1回目はセミオートでワンマガジン67発。
装弾不良も無く快調に作動。
2回目はセミオートで30発。30発だけなのは早くフルオートで撃ってみたかっただけ。

集弾性能は優秀。




イメージ 7
フルオートでワンマガジン。

左はオリジナルのマガジン、右はマルイ製P90用マガジン。
マルイのマガジンも問題なく使用できました。




イメージ 8
それではという事で「マルイ製 300連マガジン」で実射。
一気に全弾を撃つ。
装弾不良等は発生せず。試したのは一回だけですが。




イメージ 9
簡易弾速測定計では4枚貫通。
「およそ0.8ジュール程度の威力です。」






イメージ 10
中華電動ガンはメカの状態が気になる。
電池を抜きサイトレシーバーを外す。
レシーバー後端のセパレーターを外してからメカボックスを引っ張り出します。




イメージ 11
カットオフレバー固定ネジに赤い塗料がベットリ。ネジ抜け防止のロックタイトです。
チャンバーユニットの赤はロックタイトだったんだ。
(ロックタイトで固定していないとゆるくて振動でダイヤルが動いてしまうという事。ここは要調整です。)





イメージ 12
モーターには何の表示も無い。
スプリングガイドが接するメカボックス後端の作りはオリジナルと同じ。
簡単にメインスプリングが取り外せる作りにはなっていません。





イメージ 13
スイッチユニット。透明の樹脂。
G&G製のP90では接点のメッキ剥げや接点の浮きが見られましたがS&T製はそのような事はありません。
キッチリと作られています。




イメージ 16
スイッチユニットを固定する3本のネジを外します。
それぞれのネジは長さが異なるので注意。






イメージ 14
モーターユニットのネジを2本外します。






イメージ 15
緑色のグリスですね。
モーターユニットを外したらメカボックス内の逆転防止ラッチを押してギアにかかるテンションを開放します。





イメージ 17
メカボックス上部の金属プレートとネジを外します。
外した先端のネジのみワッシャーが入っています。





イメージ 18
メインスプリングが飛び出さないように注意しながらメカボックスを開きます。




イメージ 19
スパーギアの軸受けが外れています。その他の軸受けも緩め。
洗浄後に瞬間接着剤で固定しないと。





イメージ 20
ピストンはメインスプリングが固定されていないタイプ。
実射性能が良かったのでオリジナルのパーツをそのまま使う事にします。




イメージ 21
緑色のグリスがベットリ。




イメージ 22
パーツクリーナーで洗浄。
やはり軸受けは緩くて洗浄中にポロポロ外れました。
軸受け取り付け後、ギアを取り付けてチェック。
すべての歯車のガタが多め。シム調整後組み立て。

P90のメカボックスはAUGやM4に比べ組み立てが楽なので助かります。





イメージ 23
日本向けを意識してなのか良い造りの銃です。
しかしサプレッサー付きマルイ製P90TRが実売価格24,000円〜26,000円位。
サプレッサーの付いていないS&T製が19,000円位。
サプレッサーも高価だし、、、。ちょっと微妙。

しかしハードな使用を考えればメタル製のサイトレシーバーは魅力的ではあります。


__________________________


イメージ 24
上がS&T P90TR 、下がマルイ PS90ハイサイクル。

S&T P90にマルイPS90のハイダーを取り付けたところ。
ハイダーは問題なく取り付けが可能なのになぜかマルイP90TRのサプレッサーはS&T P90には取り付け不可。



イメージ 25
PPQネイビーのサプレッサーは取り付け可能。

                                        (2017年10月23日追加)

この記事に

閉じる コメント(9)

大変参考になりました。
写真も多く勉強になります。

2016/4/21(木) 午後 2:07 [ u3210155 ] 返信する

顔アイコン

ありがとうございます。

2016/4/23(土) 午前 10:05 [ H_Makazu ] 返信する

とても参考になりました。ありがとうございます。

2016/4/24(日) 午後 7:15 [ titagawa264 ] 返信する

顔アイコン

> titagawa264さん
こんばんは。
見ていただき、ありがとうございます。

2016/5/1(日) 午後 8:50 [ H_Makazu ] 返信する

買うか悩んでいましたが
おかげで手を出せそうです
本当に
ありがとうございました

2017/1/18(水) 午後 6:52 [ kak***** ] 返信する

顔アイコン

気になっていた銃です。
レポート参考になりました。
ありがとうございます。

2017/3/5(日) 午後 6:46 [ siba ] 返信する

顔アイコン

自分も同じものを購入してみたんですけどフラッシュハイダーの部分が何ミリ対応なのかが書いていなかったので描いてもらえるとありがたいです。 削除

2017/10/23(月) 午後 7:17 [ yama! ] 返信する

顔アイコン

こんばんは。
S&TのP90はマルイと同じ「14ミリ 逆ネジ」対応です。
上に写真をアップしたように、ほかのマルイ製P90のハイダーと換装が可能です。
でもなぜかわたしの所持しているP90TRのサプレッサーは取り付け不可。
PPQのサプレッサーは取り付け可能でした。

2017/10/23(月) 午後 10:59 [ H_Makazu ] 返信する

顔アイコン

そうなんですね!ありがとうございました! 削除

2017/10/24(火) 午後 6:34 [ yama! ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事