HARRYとレザークラフト

レザークラフトとヤフオクに試行錯誤する日々の記録です

革漉き機

[ リスト ]

手動革漉き機のコツ

苦戦していた手動革漉き機ですが、ようやく使いこなせそうな予感がしてきましたので、ここまでに気が付いた使い方のコツなどをまとめてみました。

写真も文章もあまりうまくないので、ちゃんと伝わるといいのですが…


 

まず、漉き幅調節のローラーを使って練習を続けていたのですが、段漉きはあまり薄くしすぎないように何回かに分けて漉けば、スムーズに漉けるようになりました。
イメージ 1イメージ 2
ここまでは順調でした。



でも私がやりたいのは斜め漉き。

この段差付きローラーで練習していたのですが、何度やってもどうにもうまくいきません。

それに刃の中央部分しか使えないのも、なんだかもったいない気がします。

そこでベタ漉き用の段差のないローラーに切り替えてみました。(もっと早く気付けば良かった…)
イメージ 3


これだと、一度刃の高さと角度を決めてしまえばダイアルで調整せずに漉けることに気がつきました。

革を入れる位置を変えてやればいいのです。
イメージ 4


刃の中央付近からすこしずつ漉き始め、回数を重ねるたびに奥の部分で漉きます。
イメージ 5イメージ 6イメージ 7
      ↓     ↓     ↓
イメージ 8

ダイアルで少しずつ刃の位置を下げていくとその微妙な加減が難しいのですが、この方法だと指先の感覚で革と相談しながら革の位置を前後にスライドさせるだけで漉き具合を調整できるので、より直感的に操作できます。

厚い革なら4〜5回、薄い革なら1〜2回に分けて漉きます。

漉き幅は革の厚さによって刃の角度を変えてやります。


さらにうれしいことに、この方法だと刃の一番端の方まで使えるので、同じ側の刃をひっくり返せばもう一度使えるのです。

1枚の刃を4回使うことができます。
イメージ 9



そして、スムーズに漉くためにもう一点。

刃に対して革を直角に当てるのではなく、斜めに傾けた方がシャープに切れます。
イメージ 10

斜めにすると漉く位置はどうしてもブレやすくはなりますが、途中ブレても一番最後の刃の端の部分で漉く時さえ注意深くやれば最終的には大丈夫です。

革が浮かないようにローラーに指でしっかり革を押し付けてやることも大切です。


これでようやく、この漉き機とも上手く付き合ってゆけそうです。

この革漉き機を使っていない方には分かりづらい説明かもしれませんが、いつかこれを使うことがあったら、そういえばHARRYが何か言っていたな、と思い出していただければ幸いです。


追加です
日暮し師匠に言われて気がつきました。
革を押さえる親指は気をつけていないとケガをします。
手袋や指サックなどで保護した方が良いかもしれません。



この記事に

閉じる コメント(13)

顔アイコン

ハリーさんが言っている事は良く解ります。親指が危なく見えます。家は親指の所にゲージが付きますけど、指先を切らない様に気を
付けて下さいね。家の方もコメントを打ちましたので、又寄って
下さいね。

2012/7/24(火) 午後 4:21 [ 日暮し工房。 ] 返信する

日暮し師匠、ありがとうございます。
確かに親指は時々少し切ります。
この件、記事に付け足します。
ご指摘ありがとうございました。

2012/7/24(火) 午後 5:33 HARRY 返信する

顔アイコン

性質が悪く考えた訳では無いが、分厚い革を漉く時は手こずるんで
ないかと思っていたけど、縁折りもベタ漉きも最初は三分の一位
漉いてから進めないと、漉き切ると思っていたがハリーさんは上手いわ、普通は漉き切って次は漉き切らないで漉こうと思って
また漉き切るのが普通です。面倒だけど少しずつ薄く漉くのが綺麗に
漉く基本です。上手いよ。機械に慣れると油断をして指を切らない様にね。僕も慣れてから三回切りましたから、気をつけて下さいね。

2012/7/24(火) 午後 7:52 [ 日暮し工房。 ] 返信する

日暮し師匠、ありがとうございます。
確かにだいぶ手こずりました。(;^_^A
油断は禁物ですね。少し気を抜くと指の皮も一緒に漉きそうになっています。
調子に乗って勢いよく漉こうとすると危ないです。
気をつけます。

2012/7/24(火) 午後 8:17 HARRY 返信する

新しい道具、優れた道具を使いこなす事の難しさが十分伝わってきました。今の努力は後になってきっと自分のためになると思います。
しかし、指の皮を漉く事は十分お気を付けくださいね。
頑張ってください。

2012/7/27(金) 午後 8:38 ako 返信する

akoさん、ありがとうございます。
構造がシンプルな分、自分の腕の良し悪しが出来上がりに影響してしまいますが、感覚さえつかんでしまえば強い味方になってくれそうです。
努力のしがいのある道具だと思いました。
怪我には十分気をつけたいと思います。

2012/7/27(金) 午後 9:07 HARRY 返信する

HARRY さんへ

斜め漉きの件、大変勉強になります。

そうなんですね、一番大きなロ−ラ−

使ってやれば旨く行くんだ、凄いです!

でも、HARRYさんみたいに綺麗にはまだ

まだです(泣)

先日HARRYさんのところを伺ってから、日暮しさんの

所もちょくちょく訪問させてもらってます。考えが

少し変わってきました、ありがとう御座います。

おぼらだれん (徳之島の方言でありがとうの意味です)

2012/10/15(月) 午後 4:08 あーくん 返信する

あーくんさん、ありがとうございます。
ここにいたるまでずいぶん回り道をしましたが、苦労してみて良かったとも思っています。
今ではこの漉き機なしには何も作れません。

あーくんさんもこの漉き機をお持ちなのでしょうか?
何か新しい発見があったら、教えてくださいね。

日暮し師匠のおかげで私もずいぶん考え方が変わりました。
見た目の良さよりも丈夫で長持ちする物を作ろうと思います。
大切なことをいろいろと教えていただいて、師匠には本当に感謝しています。

2012/10/15(月) 午後 5:55 HARRY 返信する

HARRY さんへ

わたしは、7月の後半ごろに同じ漉き器を購入しました。
色が同じなので、購入先も同じかもと思ってます。

わたしは、ナイフを研ぐホルダ−を持ってて、それでキンキンに研ぐと硬いめのヌメ革を漉いても刃持ちはいいみたいです。
技術はHARRYさんにはかないません、またいいことあったら教えてくださいね、よろしくです。

2012/10/15(月) 午後 8:54 あーくん 返信する

そうでしたか。
同じ漉き機をお持ちの方はなかなかいらっしゃらなくて、情報が少ないのが悩みでした。
刃をよく研ぐのですね、やってみます。
今後ともよろしくお願いいたします。

2012/10/15(月) 午後 9:08 HARRY 返信する

顔アイコン

はじめまして、クラフト大好きな「baishi」と言います。革漉機を検索していましたら!HARRYさんのページにたどりつきました。手動式は難しいですか?初心者でも何とかなりますか?
いろいろ教えていただきたいのですが、よろしくお願いいたします。

2015/8/17(月) 午前 2:47 [ jiz***** ] 返信する

> jiz*****さんへ
ハリーさんずっと、ブログ止まってるので私がお答えしますね。
固いヌメカワは、この漉き機でははっきり言って無理です。鍛冶屋さんに、これと同じ大きさの刃を作ってもらい少しはましに、なりましたが、ほんとに上質の新しいヌメならいけるかも、ってくらいの感じです。まずは、革包丁をきっちりと研ぐことが先決だと思いますよ。それが、できたら革包丁ですいすい漉けますから。

2015/8/17(月) 午後 10:04 あーくん 返信する

顔アイコン

> あーくんさん
ありがとうございます。革包丁漉くの大変ではないですか?
何か上手く漉けないようで怖い気がします。かと言って電動は高いし・・・夜中に見つけてハリーさん3年近く止まってますね!兎に角ありがとうございます。

2015/8/17(月) 午後 11:57 [ jiz***** ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事