ミレーが好き

ミレーの「春」がとくに好きです

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

ポール・ゴーギャン「我ら何処より来るや 我ら何者なるや 我ら何処へ去らんとするや」
1897年 139x375cm ボストン美術館蔵
1848〜1903

自殺を決意

横3m75cm縦1m39cm 約一ヶ月、描きに描いた大作でゴーギャンの集大成。

ゴーギャンは一回目のタヒチ滞在でお金は底を尽き、その上健康もそこね、毎日のように吐血して帰国を決意。
1893年8月フランス政府の旅費免除の計らいでマルセイユに舞い戻り、そこで叔父の遺産1万フランを受け取り、ジャワ系の混血の女性と同棲するが、後にアトリエの品物を盗み出し姿を消す。

1893年11月デュラン・リュウエル画廊でタヒチで描いた作品を展示し、若い画家に評価されるが作品はさっぱり売れず。

1894年1月、ゴーギャンは妻子に会いにコペンハ−ゲンに行くが妻メットはつれなく、決別する。妻子に会うのはこの時が最後に。

1895年、パリでは思うように描けず、タヒチへの出発を決意し、2月、ホテル・ドルーオのオークションに出品するが、そこでも売り立ては失敗するが、何とかお金を工面して、貧困は覚悟のうえ、6月末タヒチに旅立つ。

1897年、金ばかりでなく、健康状態も日に日に悪化し、この年の3月、娘アリーヌが悪性の肺炎で急死する。

1897年12月、ゴーギャンは自殺を決意し、「我ら何処より来るや 我ら何者なるや 我ら何処へ去らんとするや」を遺作として描き、翌2月自殺を決行するも幸いに一命をとりとめる。

フランス帰国から自殺未遂まで簡単に書きましたが、ゴーギャンは自殺を決意してこの作品お描きます。
この作品、横長なので上下に分けて展示します。上の絵が右側で、下の絵が左側。

この作品上図右側から誕生、下図の左側に向かって死。人の一生を一枚の絵に表現しています。
誕生から死まで描いていますが、誕生の場面ですら画面は暗く重たく沈んでいる。やはり死を決意したゴーギャンは誕生ですら明るい気持ちで描く事が出来なかったのでしょう。

この作品を見ていて、ゴーギャンが人生の辛苦を味わい、自殺を決意して描いた作品だけあって、重たく深いテーマを見応えのある作品(最高傑作)になっている。

閉じる コメント(8)

そうだったんですか・・・絵の背景にあるものを知ると、また一段と深いものが感じられていいですね☆

2006/7/2(日) 午後 6:58 [ sia*a*ehana*han ] 返信する

誕生を意味するのに暗く、喜びが感じられませんね。悩みの渦中にいると喜びも楽しく感じない。喜びを感じれる時は幸せなんですね。これもまた、深いですね。

2006/7/3(月) 午前 0:20 tam**och*n10 返信する

ほんとに見ごたえのある作品ですね、一回見たら忘れられない絵です^^テストで題名を覚えるのにちょっと苦労しました笑

2006/7/3(月) 午前 1:03 ストロボ 返信する

顔アイコン

はなさん、人生の重さが感じられますね。

2006/7/4(火) 午後 9:22 haru21012000 返信する

顔アイコン

たまこさん、悩みがが人を育てる。なんてえらそうな事はいえません。

2006/7/4(火) 午後 9:25 haru21012000 返信する

顔アイコン

ストロボライトさん、この題名は資料が古いので昔ふうですが、他に「われわれは何処から来たのか、われわれは何者なのか、われわれは何処へ行くのか」とかいてある画集もあります。こちらの方が分かりやすいですね。

2006/7/4(火) 午後 9:32 haru21012000 返信する

顔アイコン

人はついている(運がいい)時には、あまり「我ら何処より来るや 我ら何者なるや 我ら何処へ去らんとするや」 のことをあえて考えないものですね。この絵を見た時に、今の自分のことが聞かれて、改めて気を引き締められたように思い〜精一杯生きよう……

2006/7/5(水) 午前 0:36 yuq**006*nc 返信する

顔アイコン

なかなか哲学的な事は考えません。その日を何とかすごしている感じですね。しかし、精一杯生きなくてはいけないんでしょうね。

2006/7/5(水) 午後 7:00 haru21012000 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事