今年初の

3月23日(土)
波が無いのは分かってましたが、青物&ヒラスズキ狙いで県南地磯へ

流石に誰も居ない中、暗い時間からエントリー。

月明かりがかなり明るいんで期待しましたがノーバイト(泣)

明るくなってすぐに、すごく移動の速いベイトを鳥が追いかけて突っ込んでましたが肝心のフィッシュイーターが居ないようで、鳥山もじきに消えました。

完全にノー感じなんで7時頃に見切りをつけてサーフへ移動。

到着してしばらく見てましたが誰も釣れてなさそうなんで帰ろうかと思ったら、1人が竿を曲げてるのを発見!

急いで用意してダッシュ!

とりあえず、ぶっ飛び君から。

風が左から吹いて糸フケがでて、かなり釣りにくい

2投目、沈めてからゆっくりのタダ巻き

宙層でコツン!

来たー!

しかし、あんまり引かない…

青物ではなさそう。

軽くはないけど、何やろかー

アッという間に寄ってきたのを見たら

ヒラメやんかー

何気に今年初のフラットやし

しかも、まあまあなサイズ

フックはリア1本だけやけど、そのまま躊躇せずにズリ上げ。

やったー、取ったどー!

イメージ 1


早速計測

63cm

イメージ 2

イメージ 3


完全に自己記録更新ですがな

メチャクチャ嬉しい(笑)

こちらは、〆てる時に吐き出したベイト

イメージ 4


マッチザベイトと言うやつなんかな?

この後はしばらく頑張ってみたけどダメなんで終了としました。

翌日3月24日(日)も行きましたが、完全ノーバイト(泣)

人は多くて60人くらい居ましたけど、見える限りではメジロ1本だけ上がってましたね。

来週はどこへ行くか悩みますね

この記事に

開く コメント(10)[NEW]

3月21日(木)

少し波が高い予報なんで県南地磯へヒラスズキ&青物狙いで行ってきました。

まだ暗い時間にG君と待ち合わせてエントリー。

G君はランカー岩、自分は少しだけ奥へ。

満潮に近いからか波は少しあるけど肝心のサラシは薄い。

暗い時間からヒラスズキ狙いでキャストしてたけど反応無し。

少しだけ明るくなってきたんで青物も視野に入れてフルキャスト!

ルアーはショアラインシャイナーZセットアッパー125S-DR、フックはSTX-58#4、スプリットリングも#4に変更してあります。

ロッドはブルースナイパー100MH、リールはツインパワーSW6000XG、ラインは2号、リーダー50lbです。

6時前頃、フルキャストしてややスローにタダ巻きしてたらゴツン!

最初は首を振って走らないんでデカいヒラスズキかと思ったけど、急に走り出したんで青物確定。

右に走られて岩の向こうへ行かれたんで、ベールを返してフリーに

魚が沖に行ったところでファイト再開しゴリ巻き。

割と早めに浮いてくれて寄ってきたんでルアーを確認するとフック3本共にガッツリ掛かってたんでひと安心。

寄せ波に乗せて一気に引き上げて尻尾を掴んで 

取ったどー!

引きからしてメジロぐらいかなーとおもったけど以外と重いしデカい。

イメージ 2


早速計測

84cm

イメージ 1

イメージ 4


血抜き後で6.11kgでした。

イメージ 3


G君が誘ってくれた上に良い場所を譲ってくれたから取れた1本です。

G君いつも貴重な情報を教えてくれて、ありがとう。

G君も同じ時間に70cmのヒラスズキを上げてましたよ。

この後はヒラセイゴの丸見えバイトがあったけど乗らず…

少しだけ奥まで行ってみたけど無反応なんで終了としました。

今季7本目の青物、昨年までの釣果からすれば本当に出来過ぎですけど、仲間と情報を共有してお互いに切磋琢磨をした上での釣果です。

自分1人では絶対に無理だと思うんで、仲間にはホンマに感謝の言葉しかないですね。

この記事に

開く コメント(6)[NEW]

ヒラスズキ

週末はヒラスズキ&青物狙いで地磯へ

3月9日(土)
最近よく通っている地磯へ。

波も風も無くサラシも全く出ない状況ですが、暗い時間なら出るかもと思いながらサーフェスウィング147をキャスト。

6時頃に、割と沖でヒット

一瞬、青物かと思いましたがロッドを立ててすぐにエラ洗いでバラし(泣)

多分50cmくらいのヒラスズキでしょう。

その後は頑張ってキャストしましたが、ノーバイト。

帰りに大里へ行ってみましたが、誰も上げてないようでした。

3月10日(日)
この日は久しぶりに近くの地磯へ

暗い時間は波もサラシも全然無かったんですが、明るくなってきてからは風も東寄りで波も出てきてサラシが広がってました。

夜明け前に1バイトあったけとエラ洗いでバラし(泣)

同じ場所で30分後くらいにバイト

しかしこれもエラ洗いでバラし(泣)

それ以外はバイトが無いんで諦めて帰りながらキャストしてたら足元でヒット。

これは抜き上げたけど35cmくらいのヒラセイゴ、勝手にフックが外れて波が来て勝手にお帰りになられました。

リリースサイズやし、まあええか(笑)

磯あがりして車まで山の中を歩いてたら、この日出撃していた知り合いからライン

休憩がてら見ると、小型ながらも数本のヒラスズキの画像でした。

マジかー、やっぱり釣る人は釣るんやなあ

自分はというと3ヒット2バラシ1オートリリース…腕の差を感じた瞬間でした。

実はそのまま帰ろうと思ってたんやけど、まだ少し時間があったんで近くのポイントへ移動を決意。

決意しないと行けないくらい、おっさんにはキツい山歩きですが頑張って行きましたよ。

8時頃に駐車場に到着、車は無かったけど先行者のような痕跡あり。

山を下っていると足跡もあったんですが、時間的に違う場所には行けないんでそのまま下ります。

到着したら結構な風と波がザッパーン(笑)

波打ち際には降りれないんで上からキャスト

が、どこを通してもバイト無し

ルアーを変えてもダメ

やっぱり先行者に叩かれた後なのか、それとも海が荒れ過ぎてるんで魚も居れないのか、とか考えて諦めて帰ろうとしてましたが、少しだけ泡が溜まってる場所が目に入ったんでVJに変えてキャスト

少し沈めてスローリトリーブで、ガツン!

おー居た居た

抜き上げてから波の合間に降りて、無事にグリップで掴んだ。

イメージ 1


苦労したけど何とか釣れて良かったわー(笑)

サイズは小さいけど、メチャクチャ嬉しい1本

イメージ 2

イメージ 3


この後少し時間を置いて同じ所へキャスト

同じように少し沈めてスローリトリーブで、ガツン

掛けた瞬間の重みで、これはデカいと思ったら、エラ洗い

で、バラし (ToT)

この日はホンマにバラし病が炸裂でしたね。

でも色々と勉強にもなったし、何より楽しかったのが1番かな。

1匹だけやけど釣れたしね。

ではでは、また来週も頑張ってみます。

この記事に

開く コメント(8)

リベンジ

3月2日(土)前日のリベンジ釣行、この日はウラケンさんと一緒です。

5時前に到着し真っ暗な中、浜に出たらたくさんの人、人、人(笑)

良い場所は人口密度がスゴいことになっとります。

仕方なく、考えていたよりも少し左側にエントリー。

まあ、まだかなり時間は早いんで色んな話をしながら時間潰し。

6時を過ぎて少しだけ明るくなってきた感じがしたんでスタート。

6時半頃に自分の位置から6、7人右側の人が青物を上げたんで、俄然ヤル気スイッチが入ったものの沈黙、その人以外は誰も釣れてません。

7時過ぎた頃に、いきなり右側でデカいナブラが発生、目の前に居た中で1人だけヒットしてます。

割と近くのナブラやけど人だらけなんで移動も出来ず、キャストしても全く届かん位置でしたが、目の前に来ることを信じてキープキャスト。

数分後、ぶっ飛び君をフルキャストして底まで沈めてからのタダ巻きで、ガツン!

キターーー

と思った瞬間、目の前にナブラ発生!

左側の1人もヒットしてましたが、バラした様子。

昨日のラインブレイクが脳裏をよぎりますが、この日のドラグは自分的にはユルめ。

周りに迷惑を掛けない程度に時間を掛けて取る作戦です。

ここでは最近メジロを2本釣ってますが、今回の魚はちょっと重さが違う感じでなかなか寄って来ません。

ドラグが緩いのもあるけど、やっぱり重い。

バラシたくないんで時間を掛けて寄せてからは、少しだけドラグを緩めます。

寄せ波に乗せて一気に上げて姿が見えてからは、ウラケンさんにヘルプ。

リーダー掴んで引っ張り上げてもらいました。

ウラケンさんありがとう、メチャ助かりました。

イメージ 1

イメージ 2


サイズは86cm

イメージ 3


5.68kg

この場所で上げた魚の中では最大サイズでした。

この後も8時頃に一瞬だけナブラが出たけど、誰も上げてませんでしたね。

翌日3月3日(日)も行きましたが、一面が白く濁っていてナブラも出ないんで地磯に移動。

こちらでは入った場所よりも100mくらい左側で単発のナブラが数回出てましたが、バイトは無し。

9時頃に終了としました。

今年はすでに6本の青物、運が良すぎて自分でも怖いくらいですが、更に上を目指して頑張ります。

この記事に

開く コメント(7)

バラシ

3月1日(金)
この日も県南地磯へ行きましたが、完全なノーバイトなんで大里へ移動。

7時半頃に到着すると、ナブラが出てます。

急いで用意をしてキャストするけど、バイトしない。

うーんこれは完全にスレとりますな…

隣で魚を掛けてる人にルアー何か聞いたら、ぶっ飛び君。

すぐにぶっ飛び君に変更してナブラにキャストするけどスルー(泣)

沈めてみたらどうなんやろ?って思って10カウント以上は沈めてからのタダ巻きで、いきなりゴン!

キターー

この日は少し波があって潮が引いていたからか波打ち際が遠浅な状態で10mくらいは引き波が出来てる感じ。

魚が寄ってきてもなかなか姿が見えないんで、ドラグを締めて一気に寄せようとした瞬間、長い引き波と魚の重さでラインブレイク (ToT)

うわーやってもーた(笑)

さっきまで地磯でライン3号だったから、その感覚でドラグガチガチの上に更に締め込んで…

そりゃ1.5号では切れますわな…

なんぼオールウェイクでもあの長い引き波には追随できんやろ…

自分の下手くそ具合が情けないです。

この後はスグにナブラも無くなったんで、悔し涙を流しながら帰路につきました。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事