ここから本文です
72歳のリリック★
ブログ始めました!

書庫全体表示

情け

情けは人のためならずと言います、

人への親切は自分にもよい報いとなって返ってくる、

人に心から親切にすることは、その人のためばかりではなく、

巡り巡ってくると言う意味で、

しかし情けをかけるのはその人の為にならないので、

親切にするべきではない、という解釈をしてしまう人も多く、

そんな間違いで反対の意味とする人も、

人のためならず、は人の為にならないのではなく、

人のためだけではない、という意味です、

それと親切とは、親を切ると書きますが、独り立ちに由来したもの、

切るに強調し働きか、親はー親しいの意味、親切はー深切、

情けは人のためならずというし、自分の状態と価値観の違いで、

解釈も行動も様々な現在、人助けも相手が存在しますので、

ありがた迷惑にならないように、

人助けの精神は心に秘めておきたいものです。

  • いいですね。

    [ みるか ]

    2019/7/13(土) 午後 4:27

    返信する
  • 顔アイコン

    > みるかさん
    こんにちは、コメントありがとうございます、人助けの精神は持っていたいですね、お元気で。

    [ ひで ]

    2019/7/13(土) 午後 5:20

    返信する
  • 『情けは人のためならず』は、私の「座右の銘」です。
    『情けは人の為なるべからず』と、間違って解釈されてますね。
    おそらく、TVの水戸黄門など時代劇や刑事ドラマなどのセリフで・・・
    間違ったシチュエーションで使われていたと思います・・・
    私の『座右の銘』ですが、世間は80%近く誤解してます。
    小学校の先生までも間違った解釈をしてましたし・・・・
    『井の中の蛙大海を知らず』も同様に間違った解釈をされてますね、
    続きの『されど空の深さを知る』が消えていて・・・
    本来の意図する意味をなしてませんね・・・・
    『お釈迦に成った』もなども仏教用語が庶民感覚で使われてます、
    時代と共に言葉も変化・進化しているようですね・・・

    私は、『情けは人の為ならず』を実感してます。

    こもれびの里7

    2019/7/16(火) 午前 6:49

    返信する
  • 顔アイコン

    > こもれびの里7さん
    おはようございます、大変勉強になりました、確かに時代と共に言葉も進化をしてますね、言葉の解釈もただあり、人の言動も非常識が常識に、生きている限りは学ぶ姿勢を忘れずにいます、お元気で。

    [ ひで ]

    2019/7/16(火) 午前 11:24

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事