春風通信ブログ版

地域おこしが命、アウト&イン・ドア
金蘭の写真に再チャレンジしましたが、曇りぎみの朝だったので?つぼみのままでした。
しかも、これはつぼみの先が痛みかけています。
イメージ 1

全体像がこれ。高さ5〜60㎝くらい。日曜日に見た時より、葉がぐんと大きくなっていました。
イメージ 2

こちらは、まだ小さいもので、つぼみも傷んでいません。
イメージ 3

こちらも、花が終わっている?
写真を撮っている時には気が付きませんでしたが、黒いバッタみたいな虫が写ってました。
イメージ 4

ムムム・・・、キンランが珍しいのであれば、この虫も珍しいのかも、仮に、「キンランクロバッタ」と命名しておきましょう。
イメージ 5



この記事に

開く コメント(1)[NEW]

キンラン発見

先日の日曜日、原付で朝7時に岡山を出発し、9時半に東粟倉にトレッキングに参加するために戻ってきました。
後山、中谷を真ん中にしてぐるりと360度稜線に囲まれた地域の南側にある総検行山を歩きました。
私の写真のバックには、我が家もある入谷地区、とその背後に後山連山。
鎖骨骨折のために両手を真横にしかあげていません。本当は、もっと上まで上げることができますが、怖いのでここまで。
イメージ 1

山野草に詳しい方がおられて、非常に珍しい、「キンラン」を発見。山のコナラなどの樹木としか共生できず、家に移植しても根付かないようです。みなさん、山の貴重な草花は、とるのは写真だけにしましょう。
ガラケーのカメラでは、これが限界。ピントがあってません。
匂いもとてもよかったです。
イメージ 2

この記事に

開く コメント(3)[NEW]


皆さんが好きな言葉を考えていただいて、センスがあるかどうかはわかりませんが、これからの季節に重宝しそうな扇子、ならぬ、うちわを考えてみました。

ご希望の言葉を連絡してくだされば、実費にて、作成、送付いたします。
これは、父の日を想定して書きました。
これで、1000円、プラス送料300円(ゆうパックでOKならばの話です)

イメージ 1

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

昨日、18日木曜日に、書道教室・大人の部が開講しました。
集まったのは、同級生美女2人、近所の若奥さん、お寺の若住職、護摩堂にこもっている住職の5人。
簡単に紹介しあった後、習い始めの文字を残しておくために、2尺×8尺のはぎれの紙、といっても縦60㎝、横40㎝くらいの通常ではない大きさの紙です。
名前を大きく書いて、日付も残しておきましょう、まずは、私が書いてみますと筆をとったのはいいけど、調子にのって一文字目が大きすぎて、もう一度書きました。
「こんな大きな紙に書いたことない」といいつつ、それぞれ、筆をしたためました。

その後、横画の始筆、運筆、終筆のコツや運筆練習の方法をお伝えした無事に第1回を終了しました。
みなさん、結構、上手に書かれていました。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

書道?教室開講

5月16日、いよいよ、書道教室開講をむかえました。
私の構想は、地域のコミュニティー(人が集まる場)であり、コンセプトは、共に学ぶ場です。
従って、看板も「教(共)室」です。

退職後に田舎で書道教室でもできればいいなと考え、「30歳の手習い」で始めた書道です。
4年前に帰郷してみると、後山入谷には小学生が2〜3人だったので、まずは、ボランティアで近所の大人に声をかけて始めかけましたが、いろいろとあって今日まで延びてしまいました。

今回は、その第1歩です。
参加を予定していたのは、近所の86歳のおじいちゃん、小学生数人とそのお母さんなど5〜6人でしたが、おじいちゃんは次の日に病院があるので参加できず、小学生4人が集まりました。

第1回は、教室の名前をみんなで決める予定でしたが、子供だけだったので断念。原案は、「いろり庵」。私が囲炉裏にあこがれているからです。「い」は「生きがい」、「ろ」は「ロマンティック」、「り」は「リベンジ?リフォーム?リストラクチャー?など、たくさん候補があります」、「庵」は、「アンパンマンのようにみんなのためにまっすぐに」です。16日に集まれなかった大人が、本日集まるので、それで決めようと思います。

いろんな年代が集まる場が理想ですが、やはり最初は、子供たちに書道への構えやしつけ(あいさつ、おちつき、きれい、かたづけ)を教える必要があると判断して、大人と子供を分けることにしました。

子供たちには、最初に、心がまえ、姿勢、用具の名前などを教えました。「すずり」を「うみ!」、「りく!」と言ったり、先生(なんと、私ですが、)が話をしている時でもうかれてしゃべりっぱなしだったり・・・そのうちにちゃんとできるようになることを期待して大目に見ました。
とにかく、楽しいスタートを切ることができました。
記念写真は、後日アップします。

書道や硬筆も、そこそこに、インドアではギターやチェンソー、ウクレレ、マンドリン、フルート、将棋、木工、料理研究?など、アウトドアではログハウスづくり(これから)、登山、山菜取り、川遊び、バドミントン、スキー(もう、こけません)、天文、プロ野球観戦・・・など、私の「浅〜い趣味」に付き合ってくださる方が増えることを期待しています。




この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事