定年で始めた山歩き

足が働いてくれる間に大自然と戯れられれば!

花の山・葛城山

春になるとカタクリに会いたくなって、出かける機会を窺っていたところ4月12日、天候も良好。友人と二人で出かけたところ、予定していた水越峠登山口へはR307からの進入口で通行止め!ロープウェイ駅横から登る北尾根ルートに変更。急坂のザレ道、大汗をかきかき登ることとなった。
 目当ては、カタクリ。群落は残ってくれているだろうか?
イメージ 1

イメージ 2

急坂を過ぎると登山道の両脇に見事なカタクリの花が現れた。谷筋に向かって群落になっている所もある。ロープウェイ駅方向を見上げると山肌の桜がきれいなコントラストを見せてくれた。
イメージ 3

ダイトレに合流し、しばらく行くと自然観察路への分岐がある。これを下りていくと
群落があった。無事だった。!
イメージ 4

イメージ 5

見上げるとヤマザクラが林越しに見える。
イメージ 6

ここまでに色々な花々に出会えた。そしてあのギフチョウにも!
イメージ 7
イカリソウ

イメージ 8
白いカタクリ

イメージ 9
ギフチョウ

イメージ 12
ミツバツツジ

カタクリやギフチョウなどをお目当てにされているカメラ趣味の老若男女に沢山出会った。
もうひとつ、ショウジョウバカマの群落に向かう。
イメージ 10

イメージ 11

山頂に向かう。ツツジ園への遊歩道から山頂への急坂で見つけたものがある。
イメージ 13

今年のカタクリの咲く時期は1週間程度早いようだ。通行止めはあったが今年も見事な花を見ることができた。

この記事に

開く コメント(0)

雪の高見山

イメージ 1
関西のマッターホルン高見山

北陸では例年の6倍以上の積雪で交通マヒ、高見峠への道路もかなり積雪だった。2月9日、大峠をめざして高見トンネル手前から旧道に入る。トンネルを越え小峠かなり手前で道路脇に駐車した車があり、この先スタッドレスだけでは無理なのか心配してると歩いている人がいた。小峠を過ぎるとさらに雪深くなったが、少し振られながらもまだ進めるようだ。大峠駐車場が見えた。先発の数台の車があった。後で気づいたのだが道路脇に積雪通行止めの表示があった。無事ここまで登ってこられて安堵してるともう1台の和歌山ナンバー車が上がってきた。

イメージ 2

イメージ 3

アイゼンを装着。登山道入り口の鳥居をかがんでくぐり雪で階段のない斜面を上がる。踏み跡でない所に足を踏み入れると20cm近く沈んでしまう。
イメージ 4

イメージ 5

 昨日の暖かさで霧氷は落ちてしまったらしい。雪の塊りのようなものが枝にくっついているのが多く見られた。
山頂付近では大きな霧氷がまだ落ちずに残っていた。
イメージ 6

イメージ 7
高見山山頂

イメージ 8
エビのしっぽのなごりか?

イメージ 9

イメージ 10

天候は絶好!年寄にはサングラスに日焼け止めが必要だった。平日でも人気のある高見山。避難小屋を出て雪の上で春の陽ざしの下、昼食される方々もあった。今年2回目の雪の感触に満足の一日。

この記事に

開く コメント(0)

金剛山の霧氷登山

融けかけた霧氷 H30.1.31 
 厳しい寒波が少し緩みだした1月末。いつもの高天彦神社前の駐車場から郵便道で山頂を目指した。道路は全く雪はない。霧氷が目当ての方々は下山してこられる時間にスタートすることになった。霧氷は正直だった。
イメージ 1

イメージ 2

 山頂まで2時間と少々。国見城跡に着いたのは
イメージ 3
この時間だった。天気が良すぎて少しの風で枝を離れた霧氷が吹雪となって降り注いでくる。踏み跡が積もった霧氷で隠れてしまう有様だった。温度計の表示は−4℃。ちょっと信じ難かった。

イメージ 4
葛城山も雪化粧

イメージ 5
葛城神社が山頂だ

 昼食をとっていると、中高生が大勢登ってきた。早々に下山にかかる。霧氷の吹雪の中を無事下山。
昨年の台風で登山道が崩壊。迂回路が作られていた。慎重に通過しなければならない所が数か所あった。
イメージ 6
崩落現場

イメージ 7
迂回路

 冬の山歩きは雪で白一色。印象に残る風景は乏しかったが・・・・
イメージ 8
高天彦神社の参道と大杉

イメージ 9
帰路の山麓線手前の所から見えた高見山

高見山がきれいに望まれ、大峰の山々も展望できた。それだけ天気が良かったということだ。温かくて防寒の調節に苦労した。登りですれ違った人は朝6時にスタートだったそうだ。きらめく霧氷はそうでなければ見られない。反省!

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事