はる色不動産 colorとmacrobioticと…で愉しく

カラーコンサルタント、TCマスターカラーセラピスト/トレーナー、マクロビ・フード・コンシェルジェ、不動産のお仕事

全体表示

[ リスト ]

小笠原流礼法 折形

20年以上ぶりに、小笠原流礼法 に触れてきました。

     小笠原流礼法HP http://www.ogasawararyu-reihou.com/top.html


すぽすたちよだ (千代田区内神田)のスタディプログラムです。


  「イベント講座」折形・小笠原流
〜日本人の心を形にする〜


私は「すぽすた会員」ではないので、参加料1,500円+材料費600円で、2,100円のお支払い。
※会員になると材料費のみなの、安いでしょ?公共施設のセミナーって、本気でおすすめですねhttp://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/038.gif
 わたくし、これからバンバン参加しまくる所存です。
 すぽすた会員になろうかな〜。会費5,000円でプールやスタジオ、ジムも使えるんだって・・・



セミナー講師は、小笠原流 春日会 尾高慶子 師範

   小笠原流 春日会  http://collabit.net/gnkb01/mypage/index.php?gid=G0000137

鎌倉時代からつづく小笠原流礼法の折形は、「心を折って形にする」意味があるのだそうです。

本日は・・・
1.鶴のお年玉包み
2.箸包み
3.1月7日 室礼(しつらい) 人日の節句
4.鶴の箸置き

イメージ 1
 

鶴のお年玉包み

1度目は奉書紙で練習し、2度目に大高檀紙を使いました。
厚み、たゆみのある大高檀紙は折りにくいけれど、高級感のあるお年玉入れになりますね。
大学生の親類に、「最後のお年玉」として、心をこめて折ってさしあげたい「大人のポチ袋」完成!



イメージ 2
 

箸包み

筆ペンをいれる前に写真をとればよかった・・・、まがった字は、あまり見ないでねhttp://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/029.gif
水引を上手く結べず、ほぼ先生が結んでくれました〜
水引は、固結びです。帯締めの要領で結んでくださいってアドバイスをいただいたけど、普段帯締めをしめてないので、てんぱっちゃいましたhttp://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/254.gif

ただね、折形は簡単でしたよ、お正月にぴったり☆
娘・ぴっぴと一緒に折っていこうと思います。水引は省略するかもhttp://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/188.gif
箸包みをつくってお正月を迎える準備が、我が家の常識になるかもしれませんね^^
ぴっぴと一緒に毎年毎年、箸包みをつくることを、私だけの楽しみにしてもいいかなって思ってますhttp://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/035.gif


イメージ 3
 

人日の節句(1月7日から1月15日)の室礼
使用したもの : お盆、みかんやだいだい、枡、松、お米、、縁紅紙、あげまつ結び

小笠原流礼法は、基本質素なものでつくります
礼節を重んじるから、高級なものに重きをおいていないのでしょうね



イメージ 4
 
室礼につかった「あげまき結び」をお土産にいただきましたhttp://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/031.gif

松を買って飾りたいです!

神様がつたって、お家の中に入ってきてくれるんだそうです。
日本人は、結び目に霊力があると信仰していたそうですよ。



イメージ 5
 
鶴の箸置き
これも縁紅紙を使いました。なんとも可愛らしいhttp://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/035.gif
お箸がないので、筆ペンを置いてみました。





とってもとっても楽しかったです
あっというまの1時間で沢山のことを教えていただけました。


是非シリーズ化していただき、12ヶ月を通して、礼節をお伝えいただきたい!!!
と、担当の方にお願いしてみましたけど・・・どうなるかな???



ところで、冒頭の20年以上ぶりっていう理由は・・・・・

私がバブル期の女子高生時代3年間、母校では小笠原流礼法が必修科目でした。
卒業と同時に、お免状ももらえて嬉しかったものですhttp://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/035.gif
(当時は珍しかったはずですが、現在は、いろんな学校が取り入れられているようですね、主に女子高かな?)


週1回は礼法の教室で、所作、立ち居振る舞い、茶道、言葉づかいなど、、、厳し〜〜い師範先生にビシビシやられてましたhttp://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/029.gif
 
当時は、毎週毎週怒られるための授業みたいで憂鬱、何事も面倒くさいし、おちゃらけてる高校生の私たちは、【茶道の和菓子】だけしか興味がなかったです・・・http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/186.gif

いま思うと、特別ないい授業だったし、厳しい先生にまた逢いたいなぁって思えます。


そういえばhttp://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/089.gif、高校の同級生・サチは、歯医者さんと結婚したあとの専業主婦中に、この小笠原流礼法を続けていたらしく、師範代まですすみましたのお知らせをもらってました〜
 
すごい!すごいなー、サチhttp://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/176.gif
さちはそろそろ子育ても一段落してそうだし?、礼法の続きを教えてもらえるかもしれないから、連絡をとってみようかしらhttp://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/038.gif
 

このこと、年賀状に書いてみようと思います〜http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/039.gif

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事