TOEIC

近頃、英語の勉強にハマっています。

先日受けた TOEIC がやっと履歴書に書いてもよいくらいのレベルになり、モチベーションが上がっているのです。

短大の英語のクラスをとっている外国人の友人が先日、やっぱり勉強にハマっていると言っていました。それは、家事がおろそかになるほどだと。

私もその言葉を最近理解できます。で、家の中がひどいことになっていますが・・

先日、アメリカ人の友人と話をした時、TOEIC 専門の単語集から、習いたての難しい単語を使って話を振ったら、真剣に内容の濃い意見を返してくれました。それはいいのだけど、内容が難しすぎて理解できない・・という状況に陥り・・・

英語が話せる人たちは、こうやってアメリカ人とも、また他の国の人たちとも、世界で起きている戦争のこととか、自国の政治の理不尽さ、地球の未来とか、色々話せるんだろうな〜なんて思って、うらやましく思いました。

粋な冗談を言ったりとか、夢や共感できる感情を共有したりとか。 同じ人間としてその人の心にも寄り添えるし。 

失礼な目にあっても、言い返せる。

なにしろ、なめられることが少なくなる。

言葉は武器にもなるんだな。

老眼が進んで試験問題の文字もかすみ、聴力も若い頃よりは衰えてリスニングが聴き取りにくくなり・・。
覚えた単語も次から次へと忘れていくけれども・・。 更年期障害だけれども・・。

スコアが伸びても、会話では何言っているかよくわかんないけど・・。

でも、楽しいな。なんだか希望が湧いてくるような気がします。

世界は危機に面しているけれども、英語があれば互いの気持ちも察することができる。

そしてその交流は日本人同士でしている交流と変わりがないということに気が付く。

もっと勉強したいと思います。 そうしたらもっとたくさんの人と繋がれそうだから。

ところで、見守っていた桜の件ですが、すっかりベルアイルに行くのをさぼっている間に、なんと先週咲いてしまったとか・・。悲しい・・

でも、ミシガンのリンゴの花が咲いているから、その花でお花見気分を味わおう。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

しばらく家事もブログもおろそかにしているかもしれませんが、あいつはきっとなりふり構わず勉強しているんだな、と思ってください。

ミッドライフ・クライシスでも、結構楽しく生きられるかもね。

みなさんの生活も楽しいものでありますよう
いつもご訪問ありがとうございます。

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

だれに頼まれたわけでもなく、私たちが勝手に始めたベルアイルの桜近況報告。

今年も行ってきました。
2017年4月1日、土曜日の様子です。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

どんな感じ? あと2,3週間はかかる感じ?
4月9,10日には咲かないと思うのですが・・。

また偵察に行ってみたいと思います。
イメージ 4

イメージ 5

アメリカで一番治安の悪い都市といわれるデトロイト。
でも、私は結構好きです。



この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

図書館

日本ではよく利用していた図書館ですが、アメリカではあまり本を借りていません。
先日リスニングの練習のため、オーディオブックを借りてみました。
日本の本や漫画も結構あるので、探してみると良いかもです。

ドライバーズライセンスをカウンターで出すと、すぐにカードを作ってくれます。
カードの期限は2年です。
市内に結構な数の図書館があるんだー。知らなかった。
ホームページ から貸出期間の延長もできるし、予約もできます。

絵画や楽器、ミシンとかも借りることができます。
大きなチェスセットとかも借りられて、それはホームパーティーで盛り上がるかもね。

返却は支部の図書館だったらどこでもできます。建物の外にも返却口があります。
私はまだ外の返却口を使っていません。なんとなく不安で、いちいち建物に入って、
「ここでいいんだよね?」
と訊いて返却しています。

色々なイベントがあり、だいたい無料で参加できます。
実は去年の夏、図書館で行われたアナーバーのチョーク画家 David Zinn さんのお絵かき教室にも行っていました〜。
なんとなく、書きそびれまして。きっと今年の夏もあるんじゃないかな。
とても素敵な方でした。
イメージ 1

情報を入手したらまた、お伝えしたいと思います。
David Zinn さんの作品探しは、まだ時々やっています
声もとても素敵でした〜。握手もしたし写真も一緒に撮っていただきました。

図書館はなかなか楽しいです。

先日、学生時代を思い出して、勉強しに行ってみました。
なんだか集中できました。

高校時代、好きな人が来ているからとか言って、よく夏休みに図書館通いしたな〜。
て、何十年前でしょうか?
松田聖子の「制服」とか柏原芳恵の「春なのに」が胸に染みるころだから、相当前だよね?
斉藤由貴の「卒業」っていうのもあったな〜。
勉強した内容は全く覚えておらず。今ではその好きだった人のフルネーム、漢字で書けません
青春なんてそんなもんだ〜

勉強熱心な若者たちがたくさんいました

図書館で勉強すれば、途中でチョコ食べたりテレビ観たりしないで済むので、私にはいいかもしれません。気持ちも少し若返るような気がします
イメージ 2

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

いちご大福

最近、春ですね〜

あれから、やっと元気も出まして、ブログを書く気になりました。

色々旅行したりご飯食べたりしているので、お役立ち情報を載せていきたいと思います

先日は友人がいちご大福を作っておもてなししてくれました。
とっても美味しかったです。ますます、春を感じました

イメージ 1

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

先日、最近気づいたある悪意についてネガティブな投稿をしたら、その閲覧数の急上昇という静かで大きな反響にビビッて、記事にそっと鍵をかけました。お騒がせして申し訳ありませんでした。
ネガティブな投稿は、やはり良くないですね 反省いたしました。

先日は友人の素敵なお宅に招かれ、そこからとてもきれいな外の景色をみていました。

コーヒーやお茶を飲みながら、英語を話す人たち。その話に相槌を打ったり笑ったりする人たち。
そこに混ざって、まあ聞き取れる話題や興味のある話には相槌を打ち微笑み、全く聞き取れない話の時には、ぼんやりと外を眺める私。
イメージ 1

なぜ私はここにいるのだろう。
ふとそんなことを考えて、不思議な気持ちになりました。

このひとつの単語にもなっちゃう「駐妻」という立場。
この環境って普通じゃないよな。
ふとそう思いました。

普通じゃないから、順応性を試される。
でも、知らず知らずのうちに情報の渦に飲み込まれて、なんだか競っているような気になる。
狭い世界の中だから、情報が歪んで伝わったり。
誤解を解こうにも年齢差とか環境の違いから、そのままになることもある。

全ての人に好かれたいわけではないけれど、私が誠実に生きてきた部分は信じてもらいたい。
ただ私自身も価値観の違いやすれ違いから、誰かを見損なったこともあるし傷つけたことも多分ある。

で、普通ってなんだ? といえば、これが今の私にとっての日常で普通なんだろうとは思うけれども。

こんな経験、なかなかできないと思います。

今、この時間を大切に生きていこうと思います。

先日アメリカ人の方に、気が付いてしまった悪意のことを相談したら、一言。

あなたの友達を信じなさい。そして、あなた自身を信じなさい。

ですよね〜。

人生はなかなか深いですね。そして人の心も様々で深いものですね〜。
イタタタ・・・ 

了解しました。信じます。

なんだかんだいっても、私は今 unusual な環境に感謝し、楽しんでいるのかもしれません。

努力している全てのみなさんの未来に、そしてできれば私にも、明るい光が差しますように
これからもささやかながら、努力していきたいと思います

この記事に

開く コメント(7)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事