ここから本文です

エド・はるみOfficial Blog

書庫全体表示

記事検索
検索

全386ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

今日は「アート」創作の日。
イメージ 1
彫刻と絵の両方をやっている。
今回の絵は抽象画なので自由に。
感性の赴くままに。
下書きも、対象物も一切無し。
イメージ 2
先ずは、ここからスタート!
真っ白なキャンバスに
適当に絵の具を乗せてみる。
イメージ 3
それがやがてこうなって
イメージ 4
こうなって・・・
イメージ 5
とにかく
「今」に集中して描いて行く。
その心地よさと楽しさ!
そして、色合いも留まることなく
刻一刻と変わってゆく。
イメージ 6
そして今日はここまで。
描いている時間が楽しすぎて5時間があっという間。

いつか小さくてもいいから
個展をやれたらいいな、ナンチャッテ!


この記事に

祝!Tシャツ作家に!?

今アートもやっている。
イメージ 1
以前描いた絵を‥
イメージ 2
Tシャツにしてみた。
その完成品が今日、
イメージ 3
届いたのだ。

「Tシャツ作家になる」という夢の1つが、
あっという間に叶ってしまった(笑)。
イメージ 4
何て便利な時代なんだろう。


この記事に

舌鼓を打つ

恵比寿西口にある
高級中華料理店「筑紫楼」さん!
イメージ 1
イメージ 2
ランチでこちらを頂戴しました。
「ふかひれ」がオススメ!
イメージ 3
「特製ふかひれ姿煮込みと
  海の幸セット」
最高の美味しさっ‼
そしてまた料理長がナイスガイ

おもてなしの心も最高!!是非

先日、ハードな仕事を頑張ったので
ご褒美です



この記事に

3月28日
満開の桜が咲く中、
イメージ 3最高の天候にも恵まれ

慶應義塾大学大学院での
学位授与式が執り行われました。

思い返せば2年前。

大学院の中では珍しい
文系と理系の壁を取り払った
<文理融合>と、

主体的に道を切り拓き、
<自我作古>を実践として行う

システムデザイン・マネジメント
研究科(SDM研究科)に入学して
本当に良かったと、
いま改めてしみじみ思います。
イメージ 1
人の幸せのメカニズムや
Well-beingがご専門で、

私のゼミの担当教授であり
SDM研究科委員長前野隆司教授(左)、
プロマネがご専門当麻哲哉教授と
イメージ 2
夢と希望に満ちた最高の同期と!
 
この2年間で、
様々な視点や
背景を持つ方々との交流
又、
物事を俯瞰で見つめ、
感覚として捉える
<デザイン思考>と

論理的な思考でシステムを構築する
<システム思考>を

多彩な教授陣から
大変興味深い幾つもの講義を通して
教えていただき、

そこから様々なことを学び、
多くの気付きがありました。

今後の展望は
先日お伝えしましたが、

この学びを今度は
具体的な形や行動に
変えて行こうと思っています。

そして。この場をお借りして…

2年間、
ご指導して下さった先生方
先輩方、同期の皆さん
SDMの事務局の皆様…、
本当にお世話になりました。

ありがとうございました。

この記事に

学位授与式でした

3月28日、満開の桜が咲く中
最高の天候にも恵まれ、
イメージ 1
慶應義塾大学大学院での
学位授与式が執り行われました。
イメージ 2
思い返せば2年前。

大学院の中では珍しい
文系と理系の壁を取り払った
<文理融合>と、

主体的に道を切り拓き、
<自我作古>を実践として行う

システムデザイン・マネジメント
研究科(SDM研究科)に入学して
本当に良かったと、
いま改めてしみじみ思います。
イメージ 3
人の幸せのメカニズムや
Well-beingがご専門で、

私のゼミの担当教授であり
SDM研究科委員長前野隆司教授(左)
プロマネがご専門の当麻哲哉教授!
イメージ 4
夢と希望に満ちた最高の同期と!
  
この2年間で、
様々な視点や
背景を持つ方々との交流
又、
物事を俯瞰で見つめ、
感覚として捉える
<デザイン思考>と

論理的な思考でシステムを構築する
<システム思考>を

多彩な教授陣から
大変興味深い幾つもの講義を通して
教えていただき、

そこから様々なことを学び、
多くの気付きがありました。

今後の展望は
昨日お伝えしましたが

この学びを今度は、
具体的な形や行動に
変えて行こうと思っています。

そして。この場をお借りして…
 
2年間、
ご指導して下さった先生方
先輩方、同期の皆さん
SDMの事務局の皆様…、
本当にお世話になりました。

ありがとうございました。


この記事に

全386ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事