ここから本文です

yyyyのブログ 〜矢田から始まる鉄道旅〜

書庫架空鉄道【日勝電車】

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

駅・車内の表示や放送案内を収集すると言う趣味の傍ら、自作の案内設備の創作にも取り組んでいます。

昨年より取り組んでいた車内表示の方向性がある程度決まったので、先日投稿した動画で取り入れてみました。



コンセプトは「いつでも・誰にでもわかりやすい表示」です。

日本を訪れる観光客の言語圏として多いのは、英語、中国語、韓国語の4言語です。この4言語すべてを採用し、すべての言語でできる限り情報を固定表示する、もしくは表示する時間を長く確保できるよう努めました。

固定表示の欄では、次駅案内のところのみ2言語の切り替え表示としましたが、行き先などそれ以外の情報は全て固定表示です。次駅案内は英語表示6秒、中韓表示4秒の切り替えで、10秒程度で1サイクルとなるようにしています。


また設計するうえで、ラインカラーと種別の色を強調するため、白と黒を基調としたシンプルなデザインになるよう努めました。

画像の例を見ても、ラインカラーの緑色と種別色の青色がアクセントになっていると思います。


このコンセプトの都合上、表示する内容が非常に多くなりますので、LCDの画面は9:16の一般的なディスプレイではなく、9:32の横に長いディスプレイを採用しました。

通常表示

イメージ 1

イメージ 2

通常時の路線図を表示する場面がこちらです。当初は動画に合ったように「停車駅」と書く形を取っていましたが、動画投稿後に改良を行い、2枚目のようにしました。

路線図は日本語と英語の2言語で表記を行うことで、言語の切り替えをなくし、同じ情報を表示する時間が長くなるよう工夫しました。

停車駅は8つ目まで/改良後のものでは10個目まで表示します。乗換案内は表示することで情報量が増え、見づらくなってしまうことを避けるため、あえて省略しました。

フォント

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

フォントは、こういった表示によく使われる「新ゴ」、大阪市交通局の駅サインで使われていた「MB31」など複数のパターンを試し、最終的にイワタUDゴシックを採用しました。

UDゴシックということもあり、懐が広いので文字がつぶれにくく、遠方からでも読みやすいという点が採用理由として挙げられます。

ただ最大の理由は非常に個人的で、私自身が好きだというところが一番強いです。

次駅固定表示

イメージ 7

イメージ 6

イメージ 8

ありきたりなLCDでは1枚目のような表示しか行わないのが一般ですが、今回作成したLCDでは2枚目や3枚目のように、次の駅や到着する駅の名前のみを表示する機能を付けました。

ヒントを得たのは阪急さんの車内LCD表示です。堺筋線で乗車した際、非常に見やすい表示で心を動かされ、自分の作品でも取り入れてみました。
ただ丸コピではなく、いつでもだれにでも見やすい表示を目指すため、すべての言語で同じ情報を同時に表示できるよう工夫しています。

のりかえ案内

イメージ 12

乗換案内では路線記号を重要視し、左側にシンボルマークとしてそれぞれの記号を取り入れました。

加えて右側に文字情報で乗り換え路線と方面を表示することで、路線記号だけでもわかるように、記号を知らなくても情報が伝わるようにしました。

開扉方向案内

イメージ 13

イメージ 14

ドア上に設置する設備ということで、開扉方向の案内も重要だとみなし、大きく見やすいものを取り入れました。アニメーションと見やすい図記号で表示します。


イメージ 15

ホームとの間に隙間がある場合、段差がある場合には、足元に注意するよう促す表示も行います。動画では河堀口到着時に表示させています。


イメージ 17

イメージ 16

名鉄名古屋駅のように、乗車ホームと降車ホームが分かれている事例でも対応できるよう、特殊な表示も用意しました。

用意したのはいいものの使う機会が見当たりません。

そのほか表示

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 18

イメージ 19

そのほかマナー啓発や運行情報、使いそうにない種別変更の案内、車内設備の案内表示をまとめてみました。

近いうちに、こういった表示が必要になる列車でも架空表示を作ってみたいと思います。



以上、架空LCDの詳細をご紹介させていただきました。ご意見、ご感想をお待ちしております。

開くトラックバック(0)

突然ですが、架空鉄道を考えていると利用客が少ない駅に設置する発車標に悩むことってありますよね。

主要駅の発車標を踏襲した小さめの発車標を設置する場合もあれば、いっそのこと設置しないという選択肢もあります。


イメージ 1

基本的には主要駅に設置しているものを踏襲したこのような発車標を導入したいと考えています。

ただ何かこういったものには大概“前任者”もいるものです。今回は旧世代の発車標ということで、パタパタよりも昔に活躍していた行灯式(あんどん・しき)の発車標を作成しました。


イメージ 2

4つの表示枠とLED基盤3文字分を兼ね備えています。



LED部分は

イメージ 3

「電車に」、「ご注意」を交互に表示したり、




イメージ 4

電車が前の駅を発車したことを案内したり、




イメージ 5

ダイヤ乱れの際に「調整中」と表示したりすることができます。あくまでこういった表示を出すためのものなのでスクロールなどは表示できません。




イメージ 6

イメージ 7

イメージ 10

表示は自由に調整できるため、こういう各駅でのアレンジも可能です。




イメージ 9

イメージ 8

ただ旧世代の表示機ですから、現行の種別に対応していない場合もあります。そういった場合にはテ○ラで対応させていたりということも…()





といった、ちょっとレトロな表示機も一部駅に残っている(という設定に)していきたいと思います。


そういえば行灯式の発車標もかなり減ってきましたね。

近鉄では河内山本駅、生駒ケーブル線内や湯の山温泉駅、四日市駅内部線ホームなどに設置されていましたが、うち湯の山温泉のものは駅改修工事で、内部線ホームの個体は四日市あすなろう鉄道に移管される際に撤去されています。

なんとか1枚くらい購入して自分のものにしたいとか野望はありますが、そもそも出回っている数が少なすぎるので悩みどころです。


それでは〜。

開くトラックバック(0)

「到着まで」表示試験

JR西日本が関西圏の路線を中心に導入している旅客案内システム、「SUNTRAS」が制御している駅の発車標はこのような表示も出すことができます。


イメージ 1

列車が到着するまでの時間を表示するものです。正式な名称はわかりませんが自分は勝手に「到着まで表示」と呼んでいます。


イメージ 2

平成30年7月豪雨の初日、大幅にダイヤが乱れていた大阪環状線で「到着まで表示」を確認できましたので約1時間にわたって観察したところ、これが表示される条件として以下の3点が分かりました。

・30分以上遅れている列車にしか出ないこと

・実際に到着するまでの予想時間を表示しているわけではなく、現在の走行位置からダイヤ通りに走った場合の予想到着時刻を基に計算されていること

・表示時分は3分から59分までで、到着まで60分以上かかると判断された場合には到着まで表示は出ないこと


余談を付け加えると、

・一周回ってもう一回大阪駅に来るまでの表示時間も表示できること

もわかりました。

イメージ 3

30分以上遅れている場合にしか表示されず、かつ30分以上遅れていたとしても絶対に表示されるものではないため、狙って見ることは難しい代物です。

これを約1時間近くにわたって観察した結果、
「いつも表示してくれていたらとっても便利になるのでは」
と感じましたので、さっそく架空鉄道の表示に組み込んでみました。



イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

初期案、遅れ表示を同時に表示するパターンです。遅れがない場合は「定刻通り」と出すようにしました。

ご覧になればわかる通り参考にしたのは広電の発車標です。国内で到着までの時間表示を常に行っている会社が広電しか存在しなかったため、広電以外を参考にできなかったというのもあります。

到着時分は20分前から「あと○○分」でカウントをはじめ、2分を切ると「まもなく到着」に切り替えます。


イメージ 7

本格的に組み込むとなった際、乗車位置表示との干渉を避けるため、定刻の場合は何も表示しないようにしました。

これを表示すれば在線位置表示(前々駅→全駅→当駅)を表示せずとも到着までの目安が表示できるため、表示の作成も楽になりますね…(*´ω`*)



列車があとどれくらいで到着するか、視覚的な情報で提供するのは非常に大切なことです。

その手段の1つとして在線位置表示が広く使われているわけですが、こちらは駅間にどれほどの距離があり、通常はどれくらいの時間がかかるか…を知っていないと使いづらいという欠点があります。


とはいえ到着時間を表示する方法にもデメリットがありまして、遅延時には正確な情報を提供できない可能性が高くなります。

電車間隔が詰まっている場合に到着までの時間が推測できず、通常は3分で到着できるの所にいるから「あと3分」と出したら実際には10分もかかった…となると実用的ではありません。

この点では電車の走行位置しか表示しない在線位置表示のほうが混乱を招きづらく、優れているともいえます。


ただ乱れている時間よりも通常運行をしている時間の方が圧倒的に長いのも事実です。

ぜひとも数字で端的に到着までの時間を表示してくれる表示も広まってほしいところです。


それではー。

開くトラックバック(0)

少しペイントをいじっていたらいい感じの架空表示ができましたので、一旦形にしてみました。

今後の調整次第で新表示として採用できるかなーと考えています。


イメージ 1

まだ試作の段階のため、ドット打ちも汚いですがお許しください。

自作の16ドット太字ゴシックを全面に押し出してみました。
文字がつぶれるのを防止するため懐を大きく録るように努めましたが、やはり横の画数が多い漢字ではこれが限界でした。

ただ当初のねらいは「重要な情報を太字ゴシックにする」。これが転じて失敗してしまっているため、両数や必要のない情報は1ドットの文字に変更する予定です。


イメージ 2

列車名を表示する可能性のある駅では、枠が大きめのものを採用し列車名も表示する予定です。

列車名はそれのみを表示するための枠を別に用意するのではなく、種別枠に入れようと考えています。

ただし列車名との混同を避けるため、列車名は細字で表示するなど工夫をしてみました。見づらくなければこれで推し進めようと思っています。



イメージ 4

いちおう完成形に近い現在の表示がこちら。別にこれに不満があるわけではありませんが…ほら、飽きってやつがあるじゃないですか……()


イメージ 3

あと今の表示は横枠を大きくしすぎたせいで、無限に横に拡大していくという難点があります。新表示に変えていくとするとここも改善できたらなーと考えていたり。



今回の記事は以上です。

また進展があり、かつ気が向いたら記事にさせていただきます。


それでは〜!

開くトラックバック(0)

サインシステムまとめ

お久しぶりにこちらの書庫にお邪魔します。

今回は私がたまーに妄想している架空鉄道、日勝電車のサインシステムについてご紹介させていただきます。

入口からホームまでの導線案内

イメージ 1

駅名表示

出入り口に掲示します。

ラインカラーなどは設定せず、会社名と駅名のみを表示します。


イメージ 2

イメージ 3

券売機、窓口の誘導

窓口に営業時間が設定されている場合はその旨も掲示します。


イメージ 4

改札の誘導


イメージ 5

イメージ 6

のりば案内

改札口等でホームへの階段などが分かりにくい場合は矢印を用いて方角を補助的に案内します。

補助が必要でない場合はホームのものとデザインは同じです。

(路線名は正式名称ではなく、ラインカラーを各国の呼び方で表示します)

ホーム上でのサイン類

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 10各種駅名標イメージ 9


横長タイプの駅名標では4か国語で、柱などに掲示する縦型の駅名標では2か国語で表記します。

縦型の駅名標では駅名をひらがなで表記しますが、旧国名の冠称については文字を一回り小さく表示します。









イメージ 11

停車位置表示

おもに主要駅で表示します。


イメージ 12

のりば表示

方面の案内が不要な区間や補助的にのりばの案内が必要な場合に用います。

出口の案内

イメージ 13

イメージ 15

改札口までの誘導



改札口までは「出口」の表記で統一することを基本としますが、必要に応じて改札口の名称や出口番号を表示します。

またこの誘導は必要に応じ、柱にも設置します。




イメージ 14

出口までの誘導

改札外での誘導を行う場合に用います。



イメージ 16

エレベータの誘導

エレベータの設置位置が分かりにくい場合に補助的に用います。

階段、エスカレーターでの掲示物

イメージ 17

イメージ 18

階段での上り、下りの分離を促す掲示、エスカレーターで侵入できない旨を警告する掲示物です。


そのほか没になった初期案も掲載しておきます。以下のデザインは勝手に真似していただいて構いません…( ˘ω˘ )


イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

それでは〜!

開くトラックバック(0)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事