逗子の休日(私のオフタイム)

川澄選手アメリカで2得点デビュー...♪

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

1929年に1民間人によって建造された西村式豆潜水艦が、

世界で最初の深海作業艇だという事を、

『しんかい6500』を有する日本海洋開発機構(JAMSTEC)の、

海洋SF研究会のみなさんが教えてくれて以来、

たびたび懇親会に参加させて貰ってました。

今日、その中のメンバーさんが、西村式を元に、

海軍が建造した旧帝国海軍呉工廠建造3746号艇が

紹介されているHPを教えてくれました。

バージニア州ニューポート・ニューズのマリナーズミュージアムのHPです↓


ちゃんとデザイナーは民間人のNISHIMURA  ISHIMATSUだと記載されています。

(西村一松が正解ですが、なぜか石松となっています...森の石松かよっ!//-_-)

SF研究会の方が作ってくれた西村式豆潜水艇のHP↓の古い写真と見比べると、
http://hajimen.fc2web.com/n_shiki/index2.htm


確かにそっくりです...

この潜水艇...

ボクの曾爺さんのやっていた漁業会社で、水産資源の開発のために大伯父の一松が、

2艇建造したそうです。

当時の世界の潜水艦の到達深度が30mくらいだったのを...

一気に200mまで記録を伸ばした、とあります...

台湾でサンゴの採集をしたり、伊豆で海中からラジオの実況中継をしたり...

大伯父の夢は、相模湾の江ノ島沖あたりで、観光用に...

というものでしたが...

戦争で海軍に徴用され、終戦後に伊豆沖で爆沈...

夢は叶わなかったようです...

二号艇をモデルに、海軍が2艇建造しましたが、そのうちの1艇が、現存すると、

言われていました...



イメージ 2



こんなに状態よく残っていたとは、感激です...



バレンタインデーに、とても嬉しいプレゼントでした...♪

NS60さん...ありがとう!




できれば...



イメージ 3



この海に、潜らせてあげたかったですね...

この記事に

閉じる コメント(17)

ほほぉー!これは年代もんだぁ・・・って、まだもぐれるのん???

2008/2/14(木) 午後 0:30 はる。 返信する

♪⌒ヽ(*゜O゜)ノ スゴイッ!!!
本物なんだぁ・・・・

2008/2/14(木) 午後 3:58 momotan 返信する

ロマンだ〜〜!!
素敵です…♪
大伯父さま…喜ばれますね…(;_:)/

2008/2/14(木) 午後 9:55 tucchi♪ 返信する

すごいですね〜
これだけのものを造って、江ノ島沖あたりで観光用にって・・
素敵な夢ですね。戦争に徴用されてしまったというのは、悲しいです。
でも、最後の海の写真が、とってもいい☆☆
大伯父様の夢と・・haruさんの優しさ・・いろんな想いが漂ってます。

2008/2/15(金) 午前 7:27 snow 返信する

顔アイコン

はる、世界最初の深海作業船だぜ...
決死の覚悟が必要だったみたい...(笑)
思考錯誤の末の2号艇や、海軍の3746号は結構長く潜れたみたい♪
日本のHPのラジオ中継の記事は、結構面白いよ!!

2008/2/15(金) 午後 0:23 haru 返信する

顔アイコン

めぐちゃん、まだこんな形で残ってるのは...
びっくりです!(笑)
中は相当傷んでいそうです...///-_-

2008/2/15(金) 午後 0:25 haru 返信する

顔アイコン

ツッチー、ロマンでしょ?
当時の建造費を今のお金に換算すると2艇で...


小さな国なら買えそうです...(爆)

2008/2/15(金) 午後 0:27 haru 返信する

顔アイコン

SNOWさん、戦争が終わったあとも、3号艇建造に燃えていたようです。
でも、体を壊して...夢は叶いませんでした。

魚市場...海...深海...
ボクにも確実にそのDNAが受け継がれている気がします...(笑)

海の写真、ほめてくれてありがとう♪
稲村ヶ崎手前の海の夕暮れです...
いい色ですよね...♪

2008/2/15(金) 午後 0:32 haru 返信する

来年のバレンタインは・・・

この潜水艦に乗ってみては如何ですか???( ^,_ゝ^)ニコッ

2008/2/16(土) 午前 10:59 ゆり 返信する

顔アイコン

すっかり西村式豆潜のファンになりました。
いや〜もっと早く探せたはずだったんですが、、、

で、haruさん次は見学ツアーしましょか?
どうも画像だと野ざらしっぽいんで
叔父様の後ついで返還計画再立案?(^_^)
でharuさんの家の前で公開??

あ、本来の1,2号艇の海没処分地は愛媛の新居浜沖だそうです。
場所と水深がわかれば潜って確認できるかな?
(スキューバライゼンス無いですけど(爆)

2008/2/16(土) 午後 1:57 [ NS60 ] 返信する

顔アイコン

NS60です。
上の記事は私です〜。ニックネーム選択できませんでした〜。

2008/2/16(土) 午後 2:00 [ NS60 ] 返信する

顔アイコン

ゆりさん、ありがとう...///-_-
かなりの年代モノですから...

ホワイトデーのお返しは、しなくて済みそうです...///_-

2008/2/18(月) 午後 0:31 haru 返信する

顔アイコン

NS60さん、返還計画...いいですね♪
船の科学館なら、近くていいのですが...(笑)
Kさんの『本』...
遅れているようなので、ボクが先に出しちゃおうかな♪

愛媛沖に沈んでるの?
素潜りで10mが限界なんだけど...///-_-!

2008/2/18(月) 午後 0:35 haru 返信する

古い記事にコメントしてごめんなさい。
大変面白い内容でした。

勇敢さや、特攻隊ばかりが、強調されがちな旧軍の中で。
救難の役割を考えた舟が作られた事は、忘れたくないです。
そして、極々、地味に。
しかし、価値を認められて、ミュージーアムで保存されている事も、覚えておきたい。

2014/6/10(火) 午前 0:16 みぃにゃん 返信する

みぃにゃんさん、
古い記事にコメントありがとうございます。
西村式潜水艇は1号艇、2号艇ともに戦後静岡沖爆沈させられています。
まぁ、潜水艦扱いという事みたいです...
アメリカに残っているのは、西村式を元に海軍が作った3746号艇です...
民間人の造った物を軍がコピーというのは珍しいですね...
曽祖父の会社も財閥解体で消滅し、今は何も残っていません♪
ただ日本の潜水艇が世界のトップレベルだったという歴史上の記念碑として...
しんかい6500を所有する海洋開発機構のSFファンクラブを中心に...
いまだにリスペクトしてくれているようで...
先日の上野の国立博物館の深海展でも、西村式が紹介されていました。

2014/6/12(木) 午前 9:07 haru 返信する

丁寧なお返事ありがとうございます。
時間が有れば、他の記事も読ませて頂きますね。
では、おやすみなさい。

2014/6/13(金) 午前 4:03 みぃにゃん 返信する

顔アイコン

古い記事にコメントありがとうございます。
西村式のHPが見れなくなっているのはボクも確認しました。
掲載にあたって丁寧なご挨拶があり、2度ほどJAMSTECのSFファンクラブの方ともお会いしました。
何か事情があったのでしょうね、残念です。
資料については紙で頂いたものはたぶんまだあります。
あと大阪の元新聞記者の方が西村式の研究をしていて、
出版される予定もあるとかで、膨大な資料をお持ちです。
何か必要があれば、またご相談下さい。

2015/6/11(木) 午前 9:16 haru 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事