ここから本文です
田中晴之ライブ情報ブログ
ブルースギタリスト田中晴之のライブ情報はこちらで。記事をさかのぼっていただきますと、スケジュールが記載されています。
16日、大阪道頓堀橋の西南詰にあるフルーツタワー10Fに沖縄宮古島の創作料理の店zumi"があります。そこで晴々blues knightと題して、山田晴三さんと私が組み、2か月に一度、奇数月の15日かその前後に、多彩なゲストを呼んでライブをやっています。本日は、東京から石井完治さん、関西の中村岳さんを呼び、Brand New Flfty'sのツアー2日目のライブをやりました。
5時にお店に入り、早々にセッティングを行います。
今日は、アンプ3台とも持ち込みでやりましたが、なかなか良い音に仕上がりました。
お店自慢の暖かくて、美味しいソーキそばをいただき、サー本番です。嬉しい事に今日は、たくさんのお客さんに来てもらっています。感謝しかありません。
曲は、昨日と大体同じ感じで進める事になりました。
やはり2日目でかなり、こなれてきて、バンドの音もシャープに決まって行きました。
沢山のお客さんに喜んでもらえたと実感しました。応援していただいたお客さん、マスター、T子ちゃん、ありがとうございました。

イメージ 1

イメージ 2

この記事に

開くトラックバック(0)

15日、京都市内の木屋町御池通と三条通りの間にある、エンパイビルの地下一階に、モダンタイムスと言う、ライブハウスがあります。そこで、Brand New-Flfty'sと言うユニットの7カ月振りのライブがありました。関西4日間ツアーの1日目でした。バンド名が、"輝かしい50歳代"と言う意味なのですが、今年の9月にドラムの中村岳さんが60歳になられ、バンド全員が60歳代になってしまいました。
それでも、音楽を愛する力や表現力や技術も磨かれていて、良いサウンドになっています。
3時頃に京都市役所前の喫茶店に集まり、久しぶりの再開を喜び、コーヒーを飲みながら親交を深め、4時にお店に入りました。
今日は、完治さんオリジナルの"rain"た"walkin"と言う新曲が増えました。新しい風で、嬉しい気持ちでリハーサルに取り組みました。PA中村君のおかげで良い感じで、リハーサルを終えました。さー、本番を待ちます。
このバンドの最大の悩みは、知名度が無く、集客力がないことです。しかし、今日も沢山のお客さんではありませんが、嬉しい女性のお客さんたちに来てもらいました。僕はフェンダーのアンプも使わせてもらって、上機嫌でインスト曲8曲、歌曲4曲を精一杯やりきりました。新曲も上手くいったと感じました。応援してくださったお客さん、ママさん、スタッフの皆様、ありがとうございました。後は、お店のカウンターに座り、晴三さんと美酒で乾杯をして終わりました。

この記事に

開くトラックバック(0)

11日のお昼にラジオ収録をしました。
今夜は、赤坂のノーメンバー・イレブンで、23周年祝ライブがあるのですが、折角、関西から御堂筋ブルースバンド5人が来ているのでと、宇崎竜童さんの計らいで、FMラジオの収録をしました。場所は半蔵門と言うところにスタジオでした。関東ではFM東京で、関西ではFM大阪で、放送されている、宇崎竜童さんパーソナリティーの"well come to blues"と言う番組です。1時間番組なのですが、その枠内でスタジオに機材を持ち込み、ライブをやろうと言う企画でした。
11時に赤坂を車で出発し、11時半到着、早速!機材を搬入します。私と竜童さんは、BOX製の小さなアンプを使い、ベースは、ギャリエンの小さなもの、健さんは、スネアーのみ、あっちゃんは、ミニエレピー、野本さんは生音でやりました。何度かサウンドチェックを行い、なかなか良い音で録音ができました。皆ノリノリで、ライブの関係者の方も大きな拍手をされていました。well come to the blues、レイジー・レヂィー・ブルース、南海ファンやもん、ロックンロール・ウィドーをやりました。間には楽しい話を挟み、録音しました。ブルースとの出会いなども話、盛り上がりました。
今月中か、来月当初に放送される事は、決まっているのですが、まだ、放送日時が決まっていませんでした。また、分かり次第投稿する予定です。
宇崎竜童さん、スタッフの皆様、ありがとうございました。楽しい時間でした。

イメージ 1

イメージ 2

この記事に

開くトラックバック(0)

10日・11日と、東京赤坂にある、ノーメンバー・イレブンと言う、宇崎竜童さんと阿木燿子さんが経営されている、美味しいイタリアンフルコース料理と音楽ライブのお店で、宇崎竜童 野本有流&御堂筋ブルース・バンドのライブがありました。11月11日は、お店の名前もノーメンバーイレブンと言う名の通り、お店がオープンした記念日で、23年前という事でした。なので、この日は23周年記念日ライブとなりました。こんなに大事な日に、呼んでいただき、深い感謝しかありません。10日は、お昼前に東京に着き、赤坂に有る美味しいトンカツ屋さんに行きました。特製ヒレカツを食べました。美味い!、
入念にサウンドチェックを行い、簡単にリハーサルもしました。近くのホテルにチェックインをして、出番を待ちました。
全部で、11曲入れ替え制で、2ステージやります。私達演奏前に、お客さんは、ゆっくり食事を済まされています。ワンステージ目もスローなブルースから、野本さん曲を、最後はノリの良いブギーとロックンロールをやり、超満員のお客さんに大きなアンコールをいただきました。美味しい、イタリアン料理の賄いをいただき、また、超満員の2ステージ目を大盛り上がりでやりました。
11日も、やる曲は、ほとんど変わりませんが、周年コンサートと言う事で、またまた、超満員で2回のステージを大盛り上がりでやりきりました。本当に充実感で、いっぱいでした。ブルースをやりきりました。明日、京都に帰りますが、燃え尽き症候群になりそうでした。この大事な日に呼んでいただいた、宇崎竜童さん、阿木燿子さん、お店のスタッフの方々、本当にありがとうございました。
後は、ゆっくり打ち上がりました。
真ん中の写真は、リハーサル風景です。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

この記事に

開くトラックバック(0)

9日、大阪心斎橋のヨーロッパ通りのビルの4Fに、ジャニスと言うライブハウスがあります。
大阪芸術大学の美術の先生が、中心となり、OB会の集まりでした。1日でビッグキャット、2日に都雅都雅とライブをやってきたので、まず、野本有流&御堂筋ブルースバンドで、リハーサルをやり、その後、軽めに宇崎さんとのリハーサルをやりました。
ドラムの小林健治さんが、この大学の卒業生で、ピアノの土井淳さんが、現在この大学のピアノ講師で、関係がありました。
早いスタートで、6時でしたので、楽屋で美味しいカレーパンとあんパンをいただき、本番を待ちました。
ジャニスもステージも高く、ライブハウスというより、ホールに近い感じのお店でした。
良い感じで、宇崎竜童さんのスローなブルース曲が続き、大きな声援をいただきました。そして、野本有流さんのニューオリンズ風の楽しい曲、昭和を思い出させるフンワカ曲、四国88箇所を歌った曲をやりました。その後は、竜童さんのヒット曲のノリの良い曲をいっぱいやりました。気がつくと大盛り上がりでした。大きなアンコールをいただき、野本さんの"南海ファンやもん"と、宇崎さんの"生きてうちが花"を演奏し、終演となりました。
大阪芸術大学のOBの応援をしていただいたお客さん、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。終わってからは、近くの美味しい焼肉屋さんで打ち上がりました。ベースの南角さんは、この焼肉は美味しいと絶賛されていました。

イメージ 1

イメージ 2

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事