ここから本文です
田中晴之ライブ情報ブログ
ブルースギタリスト田中晴之のライブ情報はこちらで。記事をさかのぼっていただきますと、スケジュールが記載されています。
18日(水) 津市 ハート ポッポ 3bones
20日(金) 庄内 Loose blues trio
21日(土) 西成 防災会館 amigo's
22日(日) 嵐山 音や blues暑中見舞い

イメージ 1

イメージ 2

この記事に

開くトラックバック(0)

15日(日)、京都の老舗ライブハウスである、"拾得"で、ソウルトリオと言う、フロントのボーカリストに小泉サトシさん、青山ハルヒロさん、井口のおっさんと言うそれぞれ個性が全く違う、R&Bボーカリストが歌いまくる、ライブをやりました。今日も本当に暑い日で、猛暑の中の入りになりました。バッキングメンバーは、バンドマスターのDr 河井新月さん、ステージマスターのB 森扇背さん、saxにスティービー和田さん、orgに紅一点、花田エミさん、そして私がgです。
テリーさんも汗だくでのセッティングをしてくださいました。
曲数が多く、本日のみのリハーサルなので、ドンドン曲をやっていきます。時間が足りなくサトシさんの曲は、2曲で終わりました。
良い感じで、リハーサルを終え、
メンバーそれぞれの過ごし方で、本番を待ちます。ビックリするくらい、大入り満員のお客さんです。熱気でムンムンしています。今日は、ピアノ椅子に座っての演奏で、横に弦を拭く布と汗を拭くバンダナを置いての本番です。サトシさんのウッパッパーから始まり、2曲めから青山さんが吠えまくります。井口さんのドッグ・オブ・ザ・ベイも楽しかったです。ワンステージ目はhold onで締めくくりました。
10分程の中休憩で、2部開始です。メンフィスソウルシチューから始まり、井口さんの曲をやり、青山さんのクラーレンス・カーターの曲等をやった後、なんとなんと、大西ゆかりさんが遊びに来てくださっていたので、ステージに上がってもらい、歌を歌ってもらいました。物凄く盛り上がりました。次に、soul manをやり、お客さんも超ハイテンションになっています。
トライ・ア・リトル・テンダネスで、大いに盛り上がり、そう最高さ!で、サトシさんの締めくくりました。大きなアンコールをいただき、lucky old sunをサトシさんとゆかりさんで歌い、終演となりました。満員の応援してくださったお客さん、テリーさん、フーさん、スタッフの皆様ありがとうございました。
写真を撮り忘れました。

この記事に

開くトラックバック(0)

14日(土)、今日は、西宮市の苦楽園口で行われている"苦楽園blues festival no1"の一巻として、blues trio(トシ新町さん、山田晴三さんとのトリオユニット)が、yellow ribbonで、ライブをしました。
先週から行われていて、一週間前には、この店で、ブーけんさんが出ておられました。昨日は、今日の会場、イエローリボンの近くにあるハンバーガー屋さんで、twinsか、ライブをやっていました。
この店は、twin reverbが、4台置いてある贅沢なお店です。新町さんのアコースティックギターの音も、お店のシールドを使えば、音が全く良く変わりました。
良いシールドを使う事が大事だと、言って笑いました。近くでざる蕎麦を食べ、さー、本番です。企画をしてくださっている中嶋さんが、お客さんを呼んでくださり、良い雰囲気で、奥の深い、とろける様なbluesライブになりました。
新町さんのギターを弾きながらの曲も、最高な余裕感と暖かくて、何処か悲しい様な、独特の感じが出ました。お客さんには女性の方も多く、凄く喜んでいただきました。最後は、ホギー・カーマイケルの"スター ダスト"で締めました。応援していただいた、お客さん、苦楽園blues festivalを立ち上げていただいた、実行委員の皆さん、お店のママさん、大ちゃん、本当にありがとうございました。

イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

13日(金) 道頓堀橋南西角、1Fに吉野家の牛丼があるビルの10Fに、創作沖縄(宮古島)料理の店、zumiというお店があります。
奇数月の15日に、晴々blues knightと題して、山田晴三さんと僕とがチームになり、ゲストを呼んでライブをやると言うイベントをやっています。今回のゲストは、ドラムに小林健治さん、サックスに村地博さんを迎え、やりました。ただ、今回は、15日が祝日日前の日曜日のため、早めて13日(金)にやる事になりました。5時に入り、早速、ドラムのセッティングを行い、マイクをセットしてリハーサルをやります。村地さんが持って来てくださった、5曲を譜面を見ながらリハーサルを行います。everywhere de carpso、Georgia on my mind、I 'd rather go blind、on the sunny side of the street、felsa bianaの5曲を持って来られました。一回の当日リハーサルのみでやる事になりました。
美味しい沖縄ソーキソバを頂き、さー、本番です。
流石は、健治さん、晴三さん、村地さんです。楽器が、歌いまくります。気持ち良いリズムと音量で歌物のインスト曲のグレードがグングン上がっていきます。楽しくてたまりません。僕も晴三さんも唄を歌いました。思わぬ、沢山のお客さんに来て頂き、また、ただ食事に来たグループのお客さんも、大いに楽しんでくださり、ライブに入り込まれていました。嬉しい瞬間でした。応援していただいたお客さん、マスター、T子ちゃん、ありがとうございました。
写真を撮り忘れました。

この記事に

開くトラックバック(0)

12日(木)、京都の老舗ライブハウス"拾得"で、8823(山田晴三さん、堀尾哲二さん、酒井ちすみさん)、単独ライブでした。
永井"ホトケ"隆さんや、入道さん
達と8823とのライブや、6/2のようにCD発売記念ライブ等で出演する事はありましたが、久しぶりのワンマンライブになりました。3時入りでしたが、あの凄まじい大雨の後、梅雨が明けて、夏本番の暑い日になりました。二条城駅から歩きましたが、大汗をかきました。さー、リハーサルです。テリーさんが、新しく入ったアンペグのヘッドの調子が悪く、修理に出すと梱包をされていました。演奏曲目は、前回の東海〜関東ツアーの時のものが母体になっていました。良い感じの曲の並びです。最近のツアーで、小さい音で演奏する心地良さと、ブルースの表現がこの音量に合うことを感じて、完成しつつあります。
その音量を大事にリハーサルをしました。テリーさんも、機嫌良く、良い感じでリハーサルを終えました。
洋食屋さんに皆で行き、本番を待ちます。単独ライブにもかかわらず、沢山のお客さんに来ていただきました。中には、元ファッツボトルB.Bの初代ハーピストの山本さんが来られていて43年振りに再会しました。テンションが上がりました。
演奏は、音量の気持ち良さと、その中での表現が堪らなく楽しく充実感がいっぱいでした。新曲のtin pan alleyも上手くいきました。
久しぶりになぞなぞもしましたよ!
楽しいライブで、9時まで目一杯ライブを楽しみました。
後は、山本さんと募る想いを話し合いました。応援していただいたお客さん、テリーさん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。写真は、43年ぶりに会った山本さんとパチリ!

イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事