ここから本文です
田中晴之ライブ情報ブログ
ブルースギタリスト田中晴之のライブ情報はこちらで。記事をさかのぼっていただきますと、スケジュールが記載されています。

書庫全体表示

22日、京都下立売通大宮を南へ東側に、ライブハウスと言う名前の発祥の店である老舗"拾得"で、8823のワンマンライブがありました。完全なワンマンライブを拾得でさせてもらうのは、本当に久しぶりな感じです。拾得にしては遅い、3時入りでした。晴三さんが、二条城駅まで迎えにきてくださって、本当にラッキーでした。有難いです。早々にセッティングです。今日は、堀尾さんの計らいで、自身の1969年制のツインリバーブを持ってきてもらい、使うことができました。良い音です。嬉しくギターを弾くことができました。リハーサルを全体に曲を短めにやりました。流石にマスターのテリーさんのテリーマジックPAで、素晴らしく良い音です。最高です。皆、バラバラで食事に行く事になり、晴三さんと一緒に、堀川通りに面してる、ラーメン屋さんに行きました。
6時半、2階の控え室にいたのですが、お客さんは数人の感じで、良いBGM音楽が、無情に良い音で流れている事だけが伺えます。サカチーと、京都のブルースが好きな人は、ライブには来ないのかな?自分も参加できるセッションが良いのかな?などと悲しい話をしていました。オンタイム、サー本番です。下に降りてみると、開演までの30分間で沢山のお客さんに来ていただいていました。なんて、有難い事なのでしょう!本当に嬉しく感謝しかありません!
スローナンバーのブルースからブギウギとインストをやり、サカチーが参戦、Eのスローナンバー、ウォークアップディスモーニングと続きます。深いブルースを目指し、思い切りやりました。1ステージ目の最後は、"縁は異なもの"と言うバラードで締めました。
休憩を5分くらいにして、2ステージ目です。"悪い星のもとに生まれた"、"危機一髪"などの邦題の曲もやりました。最後は"毎日がブルースだ"と歌い終わりました。大きな拍手と声援をいただき、アンコールもカリンバ演奏を含め、2曲やりました。応援を頂いたお客さん、テリーさん、スタッフの方々、本当にありがとうございました。

イメージ 1

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事