ここから本文です
田中晴之ライブ情報ブログ
ブルースギタリスト田中晴之のライブ情報はこちらで。記事をさかのぼっていただきますと、スケジュールが記載されています。

書庫全体表示

7日、宇崎竜童さんと御堂筋ブルース・バンド(野本有流さん、南角光児さん、小林健治さん、土井敦さん)のライブが、名古屋blue noteでありました。朝から凄い雨で、荷物には、ナイロンの防雨を被せての移動になりました。新幹線で名古屋に着くと、ハイエースタクシーが待っていて、お店に着きました。リハーサルまで時間があるので、皆で近くの鰻の老舗"いば昇"に行きました。うーん美味しかったです。
店に帰ると、宇崎さんが到着され、セッティングに入りました。blue noteは、素晴らしいステージで、設備だと実感しました。今までの出演者も錚々たる方々で、びっくりです。サウンドチェックが無事に終わり、先ず、御堂筋ブルース・バンドのリハーサルです。野本有流さんは、今回3曲歌われました。ドクター・ジョン氏が、亡くなられた事を受け、メンバー全員で、哀しみ、追悼で野本氏が、ニューオリンズで、山岸ジュンさんのプロデュースでレコーディングした、歌詞の中にもドクターの名前が出てくる、"dexi rain"と言う曲をやろうとなりました。
先ず、野本さんの曲のリハーサルをやり、次に竜童さんの曲を全曲やりました。久しぶりだったのと、かなりいつもの曲ではない感じの選曲やったので、新鮮な感じを受けました。リハーサルが良い感じで終わり、2時間待ち時間です。
竜童さんの直前までロケに行っておられたイギリスの話などを楽しく聴かせてもらいました。
さー、10分前、第1ステージの開始です。全員御堂筋と書いた前掛けとお揃いのT-シャツで、ステージへ行きました。係りの人から、無線で開演の確認を取り、出囃子が流れる中、懐中電灯で足元を照らしてもらい、出て行きました。僕の後ろに竜童さんがおられたので、出て行くと同時に大きな声援が飛び交いました。最初は、渋いブルースナンバーから、哀愁のblue note〜待ちぼうけのブルース、マディー風のサウンドで、ベースキャンプブルース、マッカーサーのサングラスをやりました。どの曲も思い切り、ギターソロが回ってきます。心残りがないよう思い切り弾きました。
お客さんは超満員で、毎曲ごとに大きな拍手と声援をいただきました。懐かしいダウンタウンブギウギバンド時代の再来のようです。ダウンタウンならず者懺悔をやって、竜童さんが一旦ステージを降りられ、野本氏が上がってきました。先程、説明した"dexi rain"を、追悼の心を込めてやりました。四国88箇所個々の旅をやり、再度、竜童さん登場です。
"売物boogie、高級マダムから転落し全ての物を売り、最後は自分の体までを売ると言う"、少しコミカルでハードな曲をやりました。
ようこそブルースの世界へと、話をする"well come to the blues "をやり、最後は、山口百恵さんで大ヒットした、"ロックンロールウィドウ"で、盛り上がりステージを締めました。会場が割れんばかりの大きなアンコールをいただき、"横浜honky-tonk blues "〜野本氏の南海ファンやもん"そして、"生きているうちが花なんだぜ"を精一杯やり、持ち時間70分をオーバーして全力投球しました。大きな充実感を味わいました。楽屋に帰って、楽屋に用意されていた食事をいただき、次の出番を待ちます。
さー、9時5分、第2ステージ10分前です。良いライブをやりたいとしっかり感じて、同じようにセテージに上がりました。こちらのステージにはMさんや何人もの知り合いの方が来てくださっています。ワンステージにもおられたお客さんも何人かおられました。それだけで、テンションは上がります。
曲は、1ステージ目と同じですが、一回やっていて演奏は、こなれています。ただ、1回目とは別の感じに思えるほど、雰囲気もテンションも違います。面白いこともいっぱい起きます。全ての曲にギターソロがふんだんに有り、思い切り楽しんでやりました。2部も大きなアンコールをいただき、最後まで力を振り絞りました。
大きな声援と拍手をいただいたお客さん、名古屋blue noteのスタッフの方々、ありがとうございました。後は、美味しい中華料理で打ち上がりました。
写真はリハーサルの時の写真です。

イメージ 1

イメージ 2

  • 顔アイコン

    一部みにいきました〜
    竜童さんを見にいったはずが、神ギターに釘付けに!!
    ステージ左側のカウンターから見ていたので一番近くから見れて大満足でした! 削除

    [ sachimailadd ]

    2019/6/9(日) 午前 11:37

    返信する
  • sachimailaddさん、
    ありがとうございます。とても嬉しいです。まだまだ、まだまだ、神ギターでは無いですが、この歳になって、もっと良いギターを弾きたいとの思いが強くなっています。また、声をかけてくださいね!
    よろしくお願いします。

    [ har***** ]

    2019/6/18(火) 午前 11:58

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事