ここから本文です
田中晴之ライブ情報ブログ
ブルースギタリスト田中晴之のライブ情報はこちらで。記事をさかのぼっていただきますと、スケジュールが記載されています。

書庫全体表示

諏訪の朝は、素晴らしい天気で、かなり温度が上がっていました。気持ちが良いので、ホテルから山の方を目指して歩きました。すると温泉寺と言うお寺があり、そこからの景色は、気持ちよく、諏訪湖が見えました。湖に行きたくなり、目指しましたが、迷子になり、時間切れで、再度Googleマップで、ホテルに帰りました。ホテルを出発です。先ずは、諏訪湖が一望できる、かなり山の高いところにお蕎麦屋さん(登美)があると言うことで、I君の車と2台で行きました。2台ともナンバーは、4029(シオツグ)でした。素晴らしい景色と美味しい蕎麦で、大満足でした。蕎麦屋さんのすぐ下にある公園で記念撮影をして、i君とはまた、会いましょうと約束をして別れました。一路、長野市内"須坂west"を目指します。長野市内の少し郊外に当たる須坂ウエストに着くと、"soul food"と言う、OAをやっていただくユニットの方が、セッティングをされていました。そのバンドのベーシストである、Iさんが、本日のライブの立役者で、色々お世話になりました。感謝です。この方は、私達と同年代ですが、他のメンバーは、若くドラムの子は高校生でした。でも、かなり上手いバンドで、コンテストで優勝したりしておられます。Iさんには、長野名物"おやき"もいただきました。
先ず、私達のリハーサルを優先してくださいました。soul foodの若いギターリストが、僕のツインリバーブを使ってくださいと、言ってくれました。有り難くお借りすることにしました。感謝です。良い感じで、リハを終え、約4時間ほど待ち時間になりました。
控え室で、ゆっくり待ちます。red houseのご夫婦(今日で3連チャン)、企画のIさん、長野県ではいつもお世話になっている、ブルースバンドをされている、三郎さん、えいちゃんも来られました。お土産がいっぱいになりました。
ウエスト自慢のスパゲティーをいただき、美味しいと舌打ちしました。
さー、本番です。先ずsoul foodの皆さんです。メンバー全員テクニシャンで、Iさんのベースが格好良く、ギター2本で奏でるフュージョンサウンドでした。次にfeelのトリオでした。ギターの方が、元、東京でメジャーでやっておられた方で、ご一緒するのは2回目でした。ブルースロックという感じで、格好良かったです。私達が出た時には、大盛り上がりになっていて、どの曲も大きな拍手と大きな声援をいただきました。やり甲斐がありと感じました。最後にはセッションもやりました。
企画していただいたIさん、満員のお客さん、OAをしてくださった方々、マスター、ママさんありがとうございました。
この店でも、豪華な打上げをしてもらいました。今日も代行で帰りました。
翌日の29日月曜日も、朝一番で商店街を散歩しました。七夕祭りの最中(旧暦かな?)でした。チェックアウト後、善光寺前の七味屋さんに行き、駅ビルの2階にある"草笛"と言うお蕎麦を食べました。お土産を買い中央高速で、京都へ向かいました。小牧まで着いて、車から降りた瞬間、あまりの高温と多湿気で、びっくり!、これからまだ、強い湿気の京都に帰るのだと実感しました。無事に8823 the blues band、信州ツアーが終了しました。皆さん、ありがとうございました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事