ここから本文です
田中晴之ライブ情報ブログ
ブルースギタリスト田中晴之のライブ情報はこちらで。記事をさかのぼっていただきますと、スケジュールが記載されています。

書庫全体表示

8月3日、猛暑の中、西院ミュージック、フェスティバルが、賑やかに開催されました。今日は、3つのユニットで、出演することになっていました。

先ず、3時から西野やすしさんとのデュオユニットである、"タニシ"です。お店は、"カムナカフェ"と言う初めてのお店でした。気温は、38度を超えていたかと思います。西野さんは、さっき東京から帰ってきたところだと言う事でした。私達が準備中の時は、村上アッシュ敦史さんと言う若い人が、ピンクのワンピースを着て、化粧をして弾き語りをされていました。サー本番です。セッティングにかかると、10wのアンプが2台あるだけで、アンプにはリバーブも付いていませんでした。それでもやるしかないかと、西野さんと話し合いました。西野やすしさんのあの小さな音は初めて聴きました。ボリュームを上げると勝手に歪んで音が潰れるので、能力は5wくらいで、使いました。でも、それはそれなりに楽しいサウンドになり、盛り上がっての演奏をする事ができました。遠くから知り合いの方々が、来てくださってとても有難い気持ちになりました。其々が順番に曲をやる方法でやりました。暑かったです。

2番目は、over graundで、8時から blues trioの出演です。トシ新町さんが中心になって、ベースに山田晴三さん、ギターは私です。お客さんは、満員状態です。でも、去年までと比べ、クーラーがパワーアップしたのか?あの酸欠状態で苦しい感じはなくなり、涼しく感じました。名張や関東、名古屋からも知り合いの方々が駆けつけてくれ来てくださって、とても有難く幸せでした。
B♭のスイングからはじめ、Cのリフ構成でやるスローブルース、shuffleの曲と、深いブルースをいっぱいやりました。Dで、 black nightスローブルースもやりました。後は、新町さんのギター曲、2曲やって時間切れになりました。お客さんからは、大きな拍手と声援をいたました。其々から、素晴らしいブルースでした。と、声をかけてもらいました。

3番目に、同じ場所で10時からクンチョウさんとのデュオライブです。晴三さんがおられて、アンプもあるので、出演を依頼しました。快くOKと!
1時間休憩後、再度、クンチョウさんとのトリオでの演奏になりました。先ず、hiheel sneaker、ファンキーなナンバーから、お客さんはノリノリでした。feel like a making love-ファンキーなバラード、Georgia on my mind、unchaine my heart-皆さんも一緒にコーラス、lick in stick、love md tenderとやりました。満員のお客様からは、すごく良かったと大きな暖かい拍手をいただきました。後は少しゆっくりさせてもらい!クンチョウさんが山科を経由して帰られると言う事で、僕も一緒に帰りました、
西院ミュージックフェスティバル実行委員会の皆さん、スタッフの方々、応援していただいたお客さん、関わっていただいた全ての方に感謝です。ありがとうございました。

イメージ 1

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事