ここから本文です
田中晴之ライブ情報ブログ
ブルースギタリスト田中晴之のライブ情報はこちらで。記事をさかのぼっていただきますと、スケジュールが記載されています。

書庫全体表示

8日、大阪芦原橋から徒歩8分の所にある、caf'e makeと言う、1階は、ライブ&レストラン、2階・3階は、練習スタジオであるお店があります。マスターは、ニコニコされていますが、フルバンドのバンマスであられて、ここにはミュージシャンが多く集まって来られる場所です。そこで、three amigo's(大山大吾郎さん、山田晴三さんと私)のユニットのライブがありました。前回は、6月に第1回目のライブをしました。今日は、2回目で、気合いも入っていました。
晴三さんと、芦原橋駅で会いました。一緒に歩き、お店に着きました。本当に暑かったです。大ちゃんが来られ、ドラムのセッティングが始まりました。僕はゆっくり足元のセッティングを行い、音出しを待っていました。さー、リハーサルです。大ちゃんからは、軽めのリハーサルでお願いしたいとありました。初めての曲は、funky miracleと言う事になり、大ちゃんに伝えるための練習をしました。後は、my mama told me soをやり、t-bone shuffleのendingをやり、ボーカルチェックをやりました。マスターからは、嬉しいカレーライスの賄いが出てきました。とても嬉しかったです。3階にあるスタジオの1室を控え室に貸していただき待機しました。
7時半にスタート、やっぱりドラムソロからでした。僕は、前半、just a little bit、t-bone shuffle、stormy monday blues を歌いました。晴三さんは、I shall be releasedを歌われました。インストは2曲です。
男性ばかりでしたが、沢山のお客さんでした。大ちゃんのこの地域での人気ぶりが伺えます。皆さん、ノリノリです。
後半戦です。晴三さんが、カリンバでコシケレリ アフリカを歌われました。cissy strutをやり、gee babyをボサノバで、僕が、when i grow〜、will the circle〜をセカンドラインで歌いました。got my mojo workinを晴三さんが歌われました。次のjumpin' blues が歌うのですが、トランペットに割石さんに入っていただきやりました。素晴らしいアドリブでした。お客さんからもっとペットが聴ける曲を聴きたいとアンコールがあり、トランペット入りでsomething you got、jumbobo songとやりました。まだ、アンコールが鳴り止まず、インストでwating river frowで、今日のライブを締めました。大きな大きな声援と拍手をいただいたお客さん、マスター、ママさん、PAもやっていただいた女性の方、本当ありがとうございました。また、よろしくお願いします。
写真を撮るのを忘れました。関係ない写真です。

イメージ 1

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事