行動分析学的「禁煙・減煙」研究の部屋

ただ今、行動分析学の理論に基づく新たな「減煙→禁煙体験プログラム」参加者募集中!どなたでも大歓迎です。

禁煙・減煙

すべて表示

タバコ一箱1,000円でも高いか?

厚労大臣がタバコ一箱700円を提唱したとたん、さっそくヘビースモーカーの議員連中がいちゃもんをつけました。まったく嘆かわしいことです。
何度もいうように、タバコは、けっして個人の趣味嗜好にはとどまらず、深刻な公害問題です。
かつて、公害問題が深刻な社会問題となっていたことを忘れてしまったのでしょうか。工場や自動車から排出された亜硫酸ガスや窒素酸化物などに勝るとも劣らない有毒ガスをスパスパとまき散らしているのですから。
スモーカーの連中は、そのことにまったく気が付いていません。個人の「吸う権利」だとか、寝ぼけたことをほざくだけで、自分が社会に害毒を垂れ流していることを認識していないのです。
 
そして、もう一方、タバコの火の不始末が火事の原因の中で毎年不動の2位を占めているのも(ちなみに1位は放火)、重大な社会問題にもかかわらず見過ごされがちなのが実に困ったことです。ちょっと注意すればなくなりそうなものでも「わかっちゃいるけどなくならない」。愚かなスモーカー連中にまじめに注意を期待するのはどだい無理なもの。結局、タバコが火を使わなくならない限り、火事の原因としてははなくならないでしょう。
 
つまり、何度も繰り返し言いますが、タバコの元凶は、「煙」と「火」にあるわけです。禁煙の法制化に文句のあるスモーカーには「どうしてもタバコを吸いたければ、吸う代わりに、けっして煙を吐くな!」、そして公害垂れ流し企業の日本たばこには、「火も煙も出さない無公害タバコを作ってみやがれ!」と訴えましょう。
 
無公害タバコの製造はさほど難しいことではありません。すでに過去何度も試行錯誤されてきたわけですから。ただ愚かなスモーカー達に受け入れられないだけです。火を着けt煙を出さなければタバコじゃないという悪習が染みついているのです。
 
従って、こうした根本問題を解決し、新製品を開発製造していくには、当然お金がかかります。それらは、受益者負担として、スモーカー達が担うしかありません。タバコ代の値上げは避けられないはずです。
しかも大震災の復興に増税せざるを得ないとしたら、所得税や消費税ではなく、真っ先にタバコ税を上げるべきです。通常なら欧米並みに一箱1,000円でもけっして高すぎることはありません。
 
いわんや、復興財源として、一箱1万円にしても高すぎることはないでしょう。社会に迷惑をかけている連中に少しでも良心の呵責があるならば、きっぱり禁煙して公害の加害者たるを止めるか、月に何万円ものペナルティーを払い続けるのかは当然やむを得ないことなのです。
 

その他の最新記事

すべて表示

恐るべし、鯨の邪教

2011/2/18(金) 午後 9:45

「シーシェパード」なる鯨を「神」とあがめる狂信的な海賊集団がまたテロをしでかしました。とんでもない暴挙です。調査捕鯨という科学的調査を妨害し、海の自然環境と生態系を破壊する許しがたい馬鹿どもです。 奴等を勝手にのさばらしておくことは、 ...すべて表示すべて表示

秋の夜長をどう楽しむ?

2010/10/16(土) 午後 7:46

秋分の日を過ぎると、昼間の時間より夜の時間の方が長くなります。日没が早まり、今頃の季節では、 5 時半頃には真っ暗になります。 生活者の感覚からすると、夜が長くなったというよりは、暗くなるのが早まった、すなわち夕方が長くなったいうとこ ...すべて表示すべて表示

待望のタバコ代値上げ

2010/8/1(日) 午後 4:08

今年の秋からようやくタバコが値上げされることになりました。 1 箱 300 円のマイルドセブンが 410 円になります。たかだかこの程度の上げ幅では、愛煙家の喫煙本数が多少減るくらいで、喫煙者はほとんど減らないでしょう。 喫煙行動を消 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事