衆議院議員 馳浩の赤じゅうたん雑記

http://www.hasenet.org/ 国会より生中継。共に日本を考えましょう。

全体表示

[ リスト ]

この日を迎えたくはなかった。「スポーツ選手に引退はない!」を持論とする俺としては、プロレスラーであり続けることこそがプライドであり生きがいであったのだから。

しかし、右ひざの靱帯断裂と、国政における立場を考えると、いつまでも我がままを通すわけにもいかなくなった。

昨年の郵政選挙中、無理に無理を重ねたある日、ぶちっ、と音を立ててひざの靱帯が切れたとき、あぁ、俺のプロレス人生の幕を引く音だな、と直感した。

この膝では俺の理想とする試合はできない。

靱帯が切れたまま熾烈な選挙戦、当選させていただき臨時国会、そして文部科学副大臣を拝命するという多忙の中で、4ヵ月後にようやく手術。中を開いた医師は「馳さん、靱帯は骨に癒着してましたよ。もう、はがしてくっつけても膝は曲がりませんから半月板だけ削ってあとはそのままにしておきました。筋肉を鍛えて歩けるようにしてください。プロレス?年取って歩けなくなってもいいならどうぞ。」と非情な通告。あきらめるしかなかった。いまだに歩いていると外れそうになるこの膝は、俺のプロレスを続けるに値しない膝になってしまった。

また、国会議員11年目にしていただいた副大臣の責務は重かった。

24時間公務や政務に全力投球しなければならず、プロレスに時間を割くことは許されなくなった。今後とも政府側であろうが自民党の一員としてであろうが、国会議員としてキャリアに応じた職務に専心しなければならず、そうなると当然リングに立つことは許されない。

潮時だ。

改めて振り返ると、もうこの世界にどっぷりと浸かって20年になる。

1986年2月、勇躍プエルトリコに乗り込んで、バヤモンスタジアムで新倉先輩とタッグを組んでデビュー戦となるテレビマッチに臨んだのが昨日のことのように思えてならない。

数ある試合の想い出は尽きないが、何よりも素晴らしき仲間との出会いこそが財産だ。

健介という親友、長州さんという先輩、ミスター・ヒトさんという師匠、オーエン・ハートというライバル、武藤・橋本・蝶野・天龍・三沢・川田・小橋・田上・秋山という偉大なる目標。

全盛期を過ぎていたとはいえ、猪木さんとの対戦もあれば、馬場さんとの交流もいただいた。

幸いにも、多くの若手をスカウトし、指導もさせていただいた。

小原、金本、天山、西村、小島、大谷、高岩、石澤、永田、中西、吉江、安田、藤田、諏訪間、杉浦。

みんな一人前になってくれて、現代のプロレスシーンを支えてくれており、本当に嬉しい。

プロレスラーを志した理由の一つは、好きなスポーツで世界を駆け巡ることができるからだった。

カルガリー遠征、旧ソ連遠征、グルジア合宿、中国遠征、韓国遠征、バグダッド遠征、北朝鮮遠征。

とりわけ旧ソ連崩壊間際と、北朝鮮での理不尽な社会体制と、バグダッドでの戦時の空気に触れたことが、こうして政治の世界に目を開くことにつながったのだから不思議な縁だ。

また、新日本プロレスと全日本プロレスの全盛期にレスラーとして籍を置いたことは、レスラー冥利に尽きた。

IWGPのジュニア・タッグ・ヘビーのタイトルマッチにからんだこと。

ムタとの広島での初めてのメイン。

G1決勝戦での藤波戦。

全日四天王とのシングルマッチ。

ほとんどが負けた試合ばかりだが、記憶に深い。

あれこれ成し遂げて、プロレス界に思い残すことはもう無いかと問われれば、それは大有りのこんこんちきで、未練たらたらで、引退してしまうことは悔しくて悔しくてたまらない。

どうしても、どうしてもプロレスが好きだからだ。

毎日の試合に臨むにあたって、朝起きたときから始まる尽きることのない緊張。

試合時間から逆算して、食事をしたり休養を取ったり練習をしたり試合内容を考えてみたり。

怪我をしないかと試合直前に怖くなって何度も嘔吐を繰り返していたり。

バスや新幹線や飛行機を乗り継ぎ、移動の連続。

あわただしい非日常の世界で、ひとたびリングに上がればそこは別天地。

わがままな性格そのままにリング上を支配させていただいた。

そして、試合後の生ビールが唯一の息抜き。ずいぶんと馬鹿な所業も全国の、いや全世界の夜の街で繰り返してきたような気もするが、それもまた明日をも知れないレスラーの悲しい性だろうか。

何かに急きたてられて尽きることのない不安感と極度の緊張感と明日はどうなるんだろうとの焦燥感の連続。

その緊張感に抗うために無理やり身体を苛め抜いてきたし、一枚でも切符が売れるようにと興行の成功を考え抜いてきたし、家路に着くお客さんが満足してくれただろうか、また来てくださるだろうかとそればっかりが気になっていた。

もう、そういう切迫感を感じなくても良い「元レスラー」になってしまうのがとても怖い。

俺の目指していたのは、「一日一生涯」のプロレス。

今日来てくださったお客さんのために、いま出し得るものの最高のプロレスを提供したい、が全て。

わかりやすく、心を揺り動かされるような、それでいて胸が締め付けられるような、そして目を覆いたくなるような、怖さと楽しさとが同居した、そんなプロレス。

地味だけど派手なプロレス。

自分らしさを身体で表現できるリング。

もう、そういうリングに立てなくなるのが怖い。

レスラー馳浩が忘れ去られるのが怖い。

しかし、時の流れには逆らえない。俺ももう年だ。現実を受け止めて一歩引き下がる勇気も持たねばなるまい。

これからは、四角いリングを赤じゅうたんに移して闘い続けるしかない。

国会議員として、来し方を振り返り、現状を見据え、この国の行く末に思いを馳せながら、ひとりひとりが「美しい人生」を送ることのできるように政治決断をして行かねばならない。

プロレスラー上がりの総理大臣が出てもいいじゃないか、そう評価されるように地道に政務に取り組んで行きたい。

そして、「総理大臣になってSPを従えてリングに登場する!」というささやかな夢を追いかけて、リングシューズを脱ぎたい。

この国は評論家が多すぎる。

いつも誰かのせいにして、悪口を言い、足を引っ張り、口角泡を飛ばす軽い政治家にはなりたくない。

既製品の政治家になりたくはない。

せっかくプロレス界で鍛えられたのだから、野党やマスコミの攻撃に対して「受身」をしっかり取り、サンドバッグになりながらも自分の立ち位置を見失わない政治家となり、指針を明示し、人材を養成し続け、この国をよみがえらせたい。

人材は財産だ!

日本は、必ずよみがえる、そういう気魄がわれわれにあれば。

プロレスファンのすべての皆様に感謝を申し上げて、ノーザンライトの終焉とさせていただきます。

ありがとうございました。


平成18年8月27日

衆議院議員 文部科学副大臣ではなく、はちゃめちゃなプロレスラー 馳 浩 より

閉じる コメント(22)

長い間お疲れ様でした。これからもその「技の正確さ」で国会をそして日本を引っ張っていってください。リングに帰ってくる日、楽しみに待ってます。友達っていいなって「はせけん」みて改めて思いました。

2006/8/28(月) 午前 10:28 はぐとかず 返信する

20年間のプロレスラー馳浩様。お疲れ様でした。 プロレスが本当に好きだったんだなと改めて想いました。 プロレスのファンとなるきっかけが馳さんのプロレスだっただけに、寂しさが大きいです。馳さんが育てたヤングライオンや他の選手も、立派に馳さんの魂を受け継いでいると思います。ラジオの番組で馳さんのサインの入った闘魂タオルは大事にします。そして、プロレスラー馳浩も絶対に忘れません。いつか、国のトップに立って明るい日本にしてくれる総理馳浩を待っています。本当にお疲れ様でした。

2006/8/28(月) 午前 10:49 [ mus*le*aku ] 返信する

顔アイコン

お疲れ様でした。馳さんのトレードでもあるジャイアントスイングもしっかり45回転決めて、裏投げも出たようで…まさに有終の美ではないでしょうか。日本を、そしてプロレスをこれからも支えてください! 良い日本を、そして面白いプロレスを。 どちらも今の日本に必要なものですから。

2006/8/28(月) 午前 11:30 [ こだまん ] 返信する

顔アイコン

両国に嫁さんと2人で駆けつけました。期待のMUTAが不完全燃焼でどうなることかと思いましたが、馳さんの試合は盛り上がりました。お約束の健介乱入からジャイアントスイング、森さんイジメなど最高でした。10カウントを聞いて初めて馳さんが引退なんだなと実感しました。自分は馳さんと同学年で金沢川北町が田舎です。新日本時代からキワドイ試合を応援してきました。今後の活躍に期待します。ちなみに嫁さんは教員なので、馳さんの部下になりますと自慢していました

2006/8/28(月) 午後 1:56 [ mau*_*ace ] 返信する

顔アイコン

馳様 永きに渡りプロレスの醍醐味を教えて頂き心より感謝しております、そしてお疲れ様でした。 貴方の格闘家の姿勢を見ながら育った年代ゆえ、寂しさがありますが、これからはファンや国民の為にも、政界での奮闘を応援させて頂きます。 馳魂を心に持ち、自分も精一杯頑張ります。 人から「ありがとう」と言われる人間目指して!!

2006/8/28(月) 午後 4:45 [ - ] 返信する

顔アイコン

馳さん、お疲れ様でした。思えば、初めて見たプロレスが新日本プロレスで試合をする馳さんでした。小学生だった私は、Tシャツを投げる馳さんの姿に感動し、大好きになったのを今でもはっきりと覚えています! 昨日、新潟から両国にいきました!本当に行ってよかったです!あの場に立ち会えて私は幸せでした! 私は教員を目指しています!今は講師ですが、必ず夢を実現したいと思います。馳さんも、お忙しいと思いますがお体に気をつけて頑張ってください!

2006/8/28(月) 午後 7:18 [ tgm*x*42 ] 返信する

顔アイコン

初めまして、こんばんは。お疲れ様でした。これからは政治家として市長選?がんばってくださいね。

2006/8/28(月) 午後 8:28 木住野武(キシノタケシ) 返信する

お疲れさまでしたぁ〜馳さんのプロレス見たことなかったけど、このブログから情熱、十分、伝わりました!!この情熱を国政に!応援してます!セイノッ⊂(^・^)⊃フレー\(~0~)/フレー

2006/8/28(月) 午後 8:58 ロッキー 返信する

顔アイコン

お疲れ様でした! たとえ引退されても私の中で馳浩という名前は永遠に消えません! 馳選手の裏投げが大好きでした。 本当にお疲れ様でした。これからは国会でのさらなるご活躍を期待します。 削除

2006/8/28(月) 午後 9:07 [ ] 返信する

顔アイコン

27日の両国は本当にすばらしかったぞおおお!! 馳さんの技のオンパレードに馳健コンビの復活!! 試合前のマイクパフォーマンスに引退セレモニー!! そして10カウントゴングが響く中リング上に存在するプロレスラー馳の後ろ姿・・・・・ すばらしかったです・・。 削除

2006/8/28(月) 午後 10:02 [ GKIMU ] 返信する

顔アイコン

馳さんなら今の日本の状況を改善してくれる気がします。 プロレスラーが総理大臣になることを反対する輩がいたら それは1つの差別にもなりますし 同時にその輩が人の中身を見ずに外見で判断しているという事になります。 馳さんはすばらしい人間だと信じてますし 自分の幸せよりも国民の幸せを第1とし なににおいても国民を優先に考えてくれるとおもってます。 清い心で総理大臣への道を目指してください!! そして総理大臣となったらまたリングに戻ってきてください!! 俺たちは馳浩の味方ですから。 削除

2006/8/28(月) 午後 10:04 [ GKIMU ] 返信する

顔アイコン

馳先生、 お疲れ様でした。 自分も観に行きました。 しかし、最後水を刺されましたね。TARUに森元総理に対する 無礼は許されません。きちんと、謝罪に行かせるべきです。 削除

2006/8/28(月) 午後 10:06 [ gobei ] 返信する

顔アイコン

馳さんお疲れ様でした。調理師学校とはいえ、専門学校の教員をしていた私は、恐れ多いですが馳さんと自分の人生を重ねていたと思います。 馳さんのように“文部科学副大臣”とはいきませんが、結婚もして ふたりの息子にも恵まれ“病院調理師”として毎日仕事と戦い しあわせに暮らしています。政治に興味を持ったのも馳さんのおかげです。これからもお体に気をつけて プロレスラー初の“文部科学大臣及び内閣総理大臣”になって下さい。 陰ながら応援しています。合掌。 削除

2006/8/28(月) 午後 10:10 [ GWF-瑞月 ] 返信する

本当にお疲れ様でした。私はプロレスのことはあまり知りませんが、まっすぐな人柄は実際にお会いしてお話させていただいたことがあるので、少しは分かるような気がします。今後は国民のために全力で戦ってください。期待しています。

2006/8/28(月) 午後 11:13 かずろっく 返信する

顔アイコン

尊敬する馳さん、本当に「いいプロレス」をありがとうございました!広島での対ムタ戦も印象深いですが、初めてIWGPタッグを奪取した、武道館での「馳・健介組VS武藤・蝶野組」の戦いは、自分が見たプロレスの試合の中で最高のタッグマッチでした!馳さんの書いた本も大好きで、学ぶ事が大きかったです。これからは政治の世界でも「フィーリング・グッド」の気持ちで頑張って下さい!応援してます!

2006/8/28(月) 午後 11:17 [ tea*29*u ] 返信する

お疲れ様でした。ひとつひとつの技を大切にしてきたスタイル、大好きです。これからは、”ノーザンライト革命児”として?政界を、日本をより良く改革してください。

2006/8/29(火) 午前 1:55 [ あきお&許せる! ] 返信する

顔アイコン

おつかれ様でしたっ。

2006/8/29(火) 午前 10:06 [ nio*a_*_hm* ] 返信する

馳さん、自分のブログで馳さんのことを書いていたら、いろんなことを思い出しました。たかが一ファンですが、リングでの馳さんにプロレスの素晴らしさを見て、勇気と感動をたくさんもらったんですよね。お疲れさまでしたっていうよりも、ありがとうございましたっていう感じでして。。。寂しいですが、これからも応援してます!自分の中では、ノーザンライトはStay Goldです!

2006/9/2(土) 午前 1:50 [ - ] 返信する

遅くなりましたが 本当にお疲れ様でした。 でもSPを連れての試合楽しみにしてます♪

2006/9/5(火) 午後 10:46 [ - ] 返信する

顔アイコン

関連記事から来ました。

記念に足跡残していきます。
ペタリ。

2012/12/7(金) 午後 11:21 [ haruyama_arch ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(6)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事