付知川の鮎釣りと気ままな野鳥撮影

気軽にコメントして下さいね。ファン登録もご自由にどうぞ♪

野鳥(その他)

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
月1回の記事の更新です(汗)

先週の日曜日。

本命の鳥さん待ちで撮影したカットです。

普通の留まり物撮影しても仕方がないので、ちょいと珍しいホバリングです。

2回連続でホバしました。

ホバと言っても1秒も満たない時間ですが、運良く撮影出来ました。

1度目のノートリ連続10カット。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


2度目の連続9カット。

イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19

流石にピントは甘かったです。

でも現場にいた数名のCMさんの中でこのホバを撮影した人はいませんでした。

へへへ〜自慢自慢(笑)

本命の鳥さんもそこそこ撮影出来ました。

まだ整理が出来ていませんので機会があればその内に・・・いつになるやら(汗)

久しぶりに2日連荘の更新です。

本日は8時30分に出撃!

狙いは昨日のアトリちゃん♪

しかし、2時間以上粘るも殆ど姿なし・・・

唯一撮影出来たのは下↓の動画だけ・・・(汗)

     アトリ


今日はダメっぽいので午後からは最近、ミヤマが出ている別のフィールドに移動。

現地入りして朝からいるCMさんに状況を聞くと午前中は良く出てたそうです。

で、3時30分過ぎまで粘りました。

何度か出て来ましたがどれも遠い・枝被りばかりで証拠写真程度ばかり・・・

お見せ出来るカットがないので動画だけ・・・(汗)








CMさん達の間では、ミヤマ人気は高いです。

カッコイイですよね♪

また来週末にリベンジかな?
どうもご無沙汰しております。

なんかブログ更新が月1回程度になってきつつあります(汗)

一応、鳥見には短時間ですがちょこちょこ出撃しておりますが更新がねぇ〜・・・

撮影して溜まった写真はもうほかっておきます(笑)

最近、ちょっと運動不足なので今日は隣町の山にカメラ持ってウォーキング。

歩き回るので手持ちのズームレンズ持って1時間ほど歩き回って約4000歩!

鈍った足腰には丁度良いぐらいかな?

出会えた鳥さんはジョビ、シメ、カケス、アオジ、シロハラ、ウグイス、ヤマガラぐらい・・・

ルリのオスは3羽確認。あまり粘らなかったので良いカットは撮影出来ませんでしたが綺麗な個体でした。

最後にアトリポイントへ!

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


手持ち撮影だと、どうもピン甘量産・・・(汗)

一度車に戻ってフル装備で撮影再開!

でも動画1本撮影した後、全て何処かに移動してしまい、その後30分以上待つも現れませんでした。



また後日、行って見ようかな?

ではまた・・・




毎度の事ながらブログ更新が滞っています(汗)

一応、毎週末には鳥見には行っており、最近は3週連続でミサゴの狩りの撮影に出撃してましたが結果は惨敗・・・。

それではと巷で賑わっているオガワコマドリでも・・・(笑)

結構早くからブログに載せている人が多いので珍鳥と言ってもかなり情報が拡散しているようです。

胸のブルーが綺麗な鳥さんですね。

イメージ 1


一方、背中は地味・・・(笑)

イメージ 2


尾羽を上げた仕草が可愛いです♪

イメージ 3


イメージ 4


左側がなんか白いなぁと思っていたら、どうも護岸のブロックが少し被っていたようです(汗)

イメージ 5


真下に来ると後頭部と背中しか写りません(笑)

距離は3mほどですが・・・

イメージ 6


CMさんを観察してます(笑)

イメージ 7

せめて水辺付近のカットが撮りたかったのですが、私がいた時はこんな場所ばかりでした。

近くで撮れますけどね。

余程、この場所が気に入ったのか、まだしばらくはここにいそうな雰囲気ですので、まだ撮影に行かれていない人は是非どうぞ!


PS.
回りが住宅街ですので、路上駐車は一切出来ません。

でも、近くに大型スーパーやパチンコ店がありますので、そちらに駐車して来られる人が多いと思います。歩いても大した距離ではありません。

川の両側は高さ1mちょっとのコンクリートの護岸がありますので、身長の低い人は撮影し難いと思います。

道路から下を見下ろすような撮影のため踏み台があると大変便利です。私も事前に知っていましたので持って行きました。

三脚使用は禁止です。車道上での撮影である事や地元住民からも申し入れもあるようです。

実際、私が行った時も三脚を使用している人は1名もいませんでした。

レンズも基本的には長玉は必要ないかな?手持ち撮影になりますのでズームレンズの方が便利です。

ではまた・・・

ミサゴのハンティング


先週の日曜日はミサゴのハンティングの撮影に出掛けました。

時間帯としてはお昼少し前〜午後3時頃が一番可能性があるようです。

特に午後からの方が良さそうですが、この日は午後から仕事がありますので1時までと時間を決めて、午前9時前に現地入り。

私が行った時はまだCMさんは一名だけでしたが、常連さんは良く知っておられるのでお昼近くになってぞろぞろと集まって来ます(笑)

午前中は一度だけ池からかなり遠くを横切っただけでした。

お昼近くにやっと池の上空に出現!

池の上をグルグルと旋回して、明らかに獲物を狙っています。

イメージ 1


イメージ 2


沢山のCMさんに緊張が走ります。

しかし、どうも獲物が見つからずに飛び去ってしまいました。

魚が水面近くに浮かんでいないとハンティング出来ません。

その後、時間は刻々と過ぎていき1時になってしまいましたので私は撤収のため、三脚を畳んでレンズをバックにしまい帰ろうとしたら、CMさんが「来たよ!」って!!

慌ててレンズをバックから出して準備してたら、あらら・・・急降下してドボン!

あちゃ〜・・・遅かった〜・・・と思ったらどうも狩りは失敗!

再び上空に舞い上がり旋回!

今の内に準備だ!と思い三脚を準備するのか手持ちにしようか右往左往して結局、手持ちで撮影。

すぐに2回目のダイブ。

しかし、流石に手持ち撮影は全くピントが合わせられずに失敗!(汗)

あちゃ〜・・・と思ったら2回目も狩り失敗!!

今の内に三脚の準備だー!と急いで三脚広げて曇台にカメラをセット、照準器まで設置する余裕がないままに3回目のダイブ。

全くピントを合わせる暇がありませんでした。

しかし、ミサゴのダイブはカワセミと違って水中に突入して出て来るまでに少し間があります。

その間になんとかピントを合わせて水中から出て来る時から撮影が出来ました(汗)

イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5



イメージ 6


イメージ 7

露出を合わせている暇がありませんので、少し白トビしてしまいました(汗)

もう5分早く飛来してくれれば、いや、あと5分待っていれば・・・なんて思いながら、まぁ、撮影出来ただけで良しとします。

ミサゴの左斜め後ろからの撮影でしたので、構図的には残念でした。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事