付知川の鮎釣りと気ままな野鳥撮影

気軽にコメントして下さいね。ファン登録もご自由にどうぞ♪

野鳥(その他)

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
これも年末のカットです。

今回は500mmのズームレンズとD7200で機動力重視の機材でリベンジに!

ミコアイサは沢山います。がやはり遠い・・・
イメージ 1


イメージ 2


しばらくすると1羽のミコさんが私の方に向かって飛んで来ます。

ノートリです。
イメージ 3


でも上のカット以降はピントが合ってなくてボツ。

やはりこの機材ではAFの追従がちょっと弱いかな?

しばらく目の前で泳いでくれました♪
イメージ 4


そして「サイナラ〜!」と言ってまた仲間の方に飛び去って行きました。
イメージ 5


アオサギさんとカワウさんとのコラボ。
イメージ 6


最後は飛翔で・・・
イメージ 7

おしまい。


明日から3連休ですが、相変わらず下痢が酷くて鳥見には行けそうにありません。

新年の初鳥撮りはいつになったら行けるんだろう・・・(汗)
いきなりですが年末からずっと下痢気味で、3日に実家から戻って来るなり猛烈な勢いで下痢のオンパレード(笑)

これはアカン!と思い病院に行こうと思ったら日曜日・・・(汗)

なんとか一日我慢して翌日病院へ!

しかし一向に回復せずに5日の仕事初めも欠勤。

またまた病院に行き点滴をしてもらい6日からなんとか出勤。

トイレに行く回数こそ減りましたが、相変わらずピーピーの下痢で食事も殆ど食べれません。

マイッタ・・・(汗)


話はそれましたが年末の撮影です。

やはりミソッチ(ミソサザイ)もエナガちゃんに負けないぐらい可愛いです♪

朝日を浴びたミソッチ♪
イメージ 1


上と同じ位置での撮影ですが、光が当たっていないと感じがガラリと違います。
イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


     ミソサザイ

ミソッチは色こそ平凡な茶色ですが、ずんぐりむっくりの体に尾羽を上にピンと立てた姿がなんとも可愛いです♪

でも一番はエナガちゃんですけどね(笑)

赤い子探しに・・・

12月27日は赤い子探しにとあるポイントに出撃!

青い子も偶然出て来た場所です。

で、結果はまたしてもメスが1羽だけ・・・(汗)

イメージ 1


イメージ 2


大好きはセイタカアワダチソウは一杯あるのにね〜

イメージ 3


     ベニマシコのメス


相変わらずジョビ姫が居座ってます(笑)

イメージ 4



ジョビ姫はすぐにルリ姫にちょっかいを出し、追い払ってしまいます。

イメージ 6


イメージ 7

ルリ君も林の奥からそんな様子を見て奥から殆ど姿を見せてくれません。

イメージ 5


シロハラがお食事してました。

     シロハラさん

場所を変えて木曽川の河川敷をのぞいて来ましたが、ここでもベニさん発見出来ず・・・

コガモさん

イメージ 8


キンクロハジロさん

イメージ 9


何カモ??

イメージ 10


上空にはカワウさんの群れ

イメージ 11


こんな鉄?鳥さんも・・・

イメージ 12


この河川敷のベニマシコやミヤマホオジロポイントがショベルカーによって完全に潰されてました。

イメージ 13


近くで見ている人がいたので何をしているのか尋ねると、ここは小さな船着き場が元々ありましたが、その船着き場の整備をしているとの事でした。

鳥撮りをしない人から見ればこの場所は雑草等が多い茂った単なる荒地にしか見えないと思いますが、鳥さんから見ると大切な餌場や住処なんですよね。

かなり広い範囲を整地してました。

巣作りの時期でなかった事が不幸中の幸いかな?

もうこのポイントは終わってしまいました(悲)

森の妖精

今年はまだ初鳥撮りには行っていません。

昨年の撮影分です。

ゲラゲラちゃんを待っていたらエナガちゃんの群れ発見!

当然、ストーカーが始まります(笑)

まだ早朝で薄暗いので画像はちょっと良くないですが、そんな事は気になりません(笑)

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

いや〜本当に可愛いですね〜♪


そう言えば昨年、こんな本を購入しました!

イメージ 6

たまたまネットで色々と野鳥グッズなどを見ていたら見かけましたので、すぐにポチっ!としました(笑)

エナガの写真集です。

富士山麓在住の著者が2年間に渡りほぼ毎日、群れの行動に密着してその生態を観察した写真です。

本の中でエナガは3大カワイイの要素を持っていると書かれています。


①顔  普通の人類なら、この顔を見ただけで胸がキュンとなりますね。ええ。なるに決まってます。 
 
②まるい  エナガはまるい。顔も体もまるいです。じつは「まるみ」というのは、人間が「カワイイ」と感じるための重要な要素のひとつ。すなわちエナガを見た人間の脳内では「まるい→カワイイ→守りたい」という「母性のドミノ倒し」が発生し、無意識に不可抗力的に「ぎゃあ!」と叫んでしまう、そういう仕組みになっております。

③ふわふわ 「ふわふわ」もまたカワイサの重要な要素。エナガは全身「ふわっふわ」の羽毛に包まれています。この胸の羽毛を見ていると「あー顔をうずめたい。ボフッとうずめたい」という欲求にかられます。


以上、本からの抜粋ですがカワイイ写真とそこに書かれている文章もとても面白く書かれています。

今季は鳥さんが少ないから、私もエナガちゃんの追っかけでもしようかな?
はい、感の良い人はもうお分かりかな?

26日に撮影して来ました。

現地に行くと池の中央付近にいました。
イメージ 1


でも私が撮影し出すと対岸の方に逃げて行きます(汗)
イメージ 2


散歩の人が近くを通っても逃げないのに、カメラ持った人がいると遠くに逃げて行きます。

かなり遠かったですがなんとか撮影出来たカットを・・・
イメージ 3


イメージ 4


顔がパンダのようだから俗称「パンダガモ」とも呼ばれます。
イメージ 5


動画です。後ろにトラックが止まってましたので、エンジン音が少しうるさいです。
     ミコアイサ

ではまた・・・

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事