ここから本文です
埼玉坂戸・じてんしゃ屋佳店長日記
kei's power!もよろしくお願いします。

書庫新着情報。

記事検索
検索

全132ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

introグローブ10周年!

introグローブが10周年ということで記念モデルの登場です。
イメージ 1
イメージ 2
100%北海道産牛革使用、国内縫製です。

長く使ってほしいから説明書も。
イメージ 3
そして2年保証!
イメージ 4
10℃位が使い心地の良い気温。

長く使ってもらうから洗剤と保革クリームも用意されました。
イメージ 5
1万円を超える高額商品ですが、
味のあるグローブです。
御予約お待ちしております。

そして秋に向けてステルス5の改良版が登場。
イメージ 6
左が現行モデル、右がニューモデル。
甲のマークで見分けてください。
ひっくり返すと・・・
イメージ 7
新型はパッドが入りました!
現行モデルも継続ですので、使い方に合わせて選んでください。
こちらもご予約承り中です!








2020SANTACRUZ!

2020SANTACRUZの展示会行ってきました。

2020お薦めはBLURのTRモデル。
イメージ 1
19ではXO1CCのみだったのですが、GXCkitが追加され、少し手頃に。
ドロッパーポストが付いて、
体の可動範囲が増え下りでのライディングの幅が広がります。
足も地面に届きやすくなりますw
イメージ 2
34SCフォークで剛性が上がり、下りを攻めるのが楽しそうです。
イメージ 3
これ1台あればトレイルライドから王滝、CJまで楽しめるはず!

お次はグラベル元年と言われる位9月からイベントが目白押しのグラベルロード。
STIGMATA!
イメージ 4
つい最近新型になったばかり。
700Cなら最大45Cまで、
650Bなら2.1サイズまで履けます。
日本の林道はアメリカに比べるとはるかに砂利が大きい粒なので、
2.1は重宝するのではないかと思います。
川上牧丘林道(大弛峠)なんて
29X2.25でさえもっと太いのが欲しくなりますから。
シクロクロスやトレーニング、ロードツーリングは700Cで、
グラベルツーリングは650Bでなんて使い方もいいかもしれませんね。
2.1ならトレイルライドできる方もいそうですw

そしてパークライドやガイドツアー、流行りのエンデューロレースなら
やっぱり新型ハイタワー!
イメージ 5
イメージ 6
ショックユニットがボトムにマウントされ
ノマドやブロンソンと同じ方式になりました。
低重心で安定感ありそうです。
現行ハイタワー乗ってますが、現行でさえかなり良い出来だけに
どんな走りをするのか気になってしまいます。
僕も欲しいです💦

去年新型になったhighballはニューカラー。
イメージ 7
写真無いですが、
カメレオンALはCと同じブロンズと、ブラックが加わって4色展開になります。

お買い得情報もあります。
イメージ 8
写真の5010等試乗車の販売もあります。
気になる方は店頭にてご相談ください。

と言う事で御来店、御予約お待ちしております。
















2020NORTHWAVE&ion

当日はもう一つ展示会がありました。
NORTHWAVEです。
イメージ 1
アスタナカラーが登場!
中々爽やかなデザインでロードに良いですね。

MTBやグラベルロードならこんな感じで。
イメージ 2
イメージ 3
個人的には好きなんですが、いかがでしょう?

オールマウンテン系も
イメージ 4
こちらはニューカラー追加ですね。

フラットペダル用も登場。
イメージ 5
ソールも2種類。
イメージ 6
悩みどころですね。

ionもシューズ増えてます。
イメージ 7
ビンディング用はツーリング用にもお薦め。

グローブも豊富です。
イメージ 8
小指の後ろのプロテクター、結構大事です。
意外に木などにぶつけて痛い思いするのです。

こんなの冬場に良いですね。
イメージ 9
走りだしはカバーしておいて、暖かくなったら外すと。

トレイルライドやグラベルツーリングならこんなスタイルも。
イメージ 10
デニムっぽいパンツもあります。
イメージ 11
トレッキングパンツみたいのもあります。
イメージ 12
秋口から冬場のライドなんかはこんな格好がいきたいですね。

パークライドならこんな格好でしょう。
イメージ 15
そんな格好の下に着るプロテクター入りアンダーもあります。
イメージ 13
イメージ 14
ちょっと気が早いとも思いますが、
来シーズンに向けてご注文お待ちしております。

















2020GT・FELT・ライトウェイの展示会でした。

GTは何といってもGRADEの新型でしょう。
イメージ 1
キャリアや泥除けのダボが沢山。
フォークのオフセットが可変式で、
用途に応じてハンドリングを選択することができます。

そしてシートステーがシートチューブから離れました!
イメージ 2
先代も結構快適でしたが、
新型は一段とグラベルロードでのトラクションと快適性が一段と良くなってます。

FELTもグラベルロード登場。
イメージ 3
キャンプツーリングの流行の兆し?

通勤通学もグラベルロード?
イメージ 4
ライトウェイさんも美味しい所を突いて来ます。

斑尾高原ではグラインデューロ、蓼科ではバイクロア、
西伊豆でも何かイベントが計画されているようです。
今年は(bikeは2020ですが)グラベルロード元年になりそうです。
夏に乗るにも納車が間に合うモデルもありますよ。
ご相談ください。

GTはストリートbikeも。
イメージ 5
これ29erです。

そしてBMXが始まりなだけに、
大手メーカーでは珍しくBMXのラインナップも豊富です。
イメージ 6

他、通勤通学・ポタリングがメインだとお尻が痛い方多いと思うのですが、
BBBがそんな乗り方に合うサドル出してましたね。
イメージ 7
手頃な価格で、使い方に応じて選べますね。

そして最近お勧めなクランクブラザーズのドロッパーポスト。
イメージ 8
作動感の軽さと、リモートレバーの取り付け位置の自由度の高さが売りです。
一つのレバーとクランプでかなり広範囲な場所に取りつけることが出来ます。
僕もSCOTT・SPARKで使用してますので、店頭でご覧になる事が出来ます。

ということでご来店お待ちしております。










2020キャノンデール新登場のトップストーンカーボン。
イメージ 1
19登場のトップストーンのカーボン化と思ったら大間違い。
アルミモデルが昔で云うランドナーというゆったり走るツーリング車なら、
カーボンモデルはスポルティーフという
レーサーに近い快速ツーリング車と行った感じです。
グラベルロードなんですけど、ロードツーリングから当然グラベルツーリング、
シクロクロスやMTBライダーのトレーニングまで
幅広く使えると思えるbikeになるはずです。

それを実現させたのがカーボン化とこのリアサスペンション。
イメージ 2
チェーン&シートステーでしならせてると思ったら大間違い。
シートステーはプッシュロッドで、
チェーンステーとシートチューブとTOPチューブ後半で吸収するのです。
そしてその動きをスムーズにするためのキングピンなんです。
イメージ 3
チェーンステーはスカルペルなどのSAVEをほうふつさせますね。
イメージ 4
サスの為の扁平ですが、担ぐときにも優しそうなトップチューブ。
イメージ 5
板のようなシートチューブ。
サイズごとに硬さも合わせこまれてます。
後ろ三角の形状はサイズごとに全部違うんです。

しかも快速を謳いながらも泥除けやキャリア用のダボも沢山ついてます!

試乗もしてきました。
メーカーさんの言う通り今までのグラベルロードには無い
圧倒的なトラクションがあります。
それは動き過ぎないので軽いギヤで云っても
跳ねるのだけを抑えてペダリングし続けることができ、
サスの動きが良い感じのたわみになるので
重いギヤでも荒れた路面に引っ掛かることなくペダリングし続けられるのです。

イイ感じの反発があるのでスタンディングで漕いでも
ヨレヨレ感無しにスムーズに加速していきます。

個人的にはグラベル走らない人でも30C位のロードタイヤ付けて
スポルティーフと言われた快速ツーリングロードになると思います。。

ジオメトリーがちょっと今までのbikeと違うので
人によっては使い方でサイズ選択が変わってくると思います。
同じ様にギヤ設定やポジション、タイヤ選びも
使い方に寄って変わってくると思います。
その辺はロードからMTB、ポタリングからグラベルライド・チャレンジライドまで
幅広く楽しんでる僕に相談してください。

国内在庫ももうあるそうです。
今週末は全日本で臨時休業でご迷惑おかけしますが、
ご相談・ご注文お待ちしております。
8月8日までに注文された方には特典ありです。









全132ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事