ここから本文です
埼玉坂戸・じてんしゃ屋佳店長日記
kei's power!もよろしくお願いします。

書庫新着情報。

記事検索
検索

全131ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2020キャノンデール新登場のトップストーンカーボン。
イメージ 1
19登場のトップストーンのカーボン化と思ったら大間違い。
アルミモデルが昔で云うランドナーというゆったり走るツーリング車なら、
カーボンモデルはスポルティーフという
レーサーに近い快速ツーリング車と行った感じです。
グラベルロードなんですけど、ロードツーリングから当然グラベルツーリング、
シクロクロスやMTBライダーのトレーニングまで
幅広く使えると思えるbikeになるはずです。

それを実現させたのがカーボン化とこのリアサスペンション。
イメージ 2
チェーン&シートステーでしならせてると思ったら大間違い。
シートステーはプッシュロッドで、
チェーンステーとシートチューブとTOPチューブ後半で吸収するのです。
そしてその動きをスムーズにするためのキングピンなんです。
イメージ 3
チェーンステーはスカルペルなどのSAVEをほうふつさせますね。
イメージ 4
サスの為の扁平ですが、担ぐときにも優しそうなトップチューブ。
イメージ 5
板のようなシートチューブ。
サイズごとに硬さも合わせこまれてます。
後ろ三角の形状はサイズごとに全部違うんです。

しかも快速を謳いながらも泥除けやキャリア用のダボも沢山ついてます!

試乗もしてきました。
メーカーさんの言う通り今までのグラベルロードには無い
圧倒的なトラクションがあります。
それは動き過ぎないので軽いギヤで云っても
跳ねるのだけを抑えてペダリングし続けることができ、
サスの動きが良い感じのたわみになるので
重いギヤでも荒れた路面に引っ掛かることなくペダリングし続けられるのです。

イイ感じの反発があるのでスタンディングで漕いでも
ヨレヨレ感無しにスムーズに加速していきます。

個人的にはグラベル走らない人でも30C位のロードタイヤ付けて
スポルティーフと言われた快速ツーリングロードになると思います。。

ジオメトリーがちょっと今までのbikeと違うので
人によっては使い方でサイズ選択が変わってくると思います。
同じ様にギヤ設定やポジション、タイヤ選びも
使い方に寄って変わってくると思います。
その辺はロードからMTB、ポタリングからグラベルライド・チャレンジライドまで
幅広く楽しんでる僕に相談してください。

国内在庫ももうあるそうです。
今週末は全日本で臨時休業でご迷惑おかけしますが、
ご相談・ご注文お待ちしております。
8月8日までに注文された方には特典ありです。









2020キャノンデールです!
3つもニューモデルが登場!

スーパーシックスEVO!
イメージ 1
オールラウンドなのにエアロ!
リムブレーキ仕様もあります。

CAAD13!
イメージ 2
リムブレーキ仕様。
イメージ 3
ディスクブレーキ仕様。
究極のアルミがまた進化しました!

トップストーンカーボン!
イメージ 4
アルミはグラベルツーリングでしたが、
カーボンはグラベルレーサーという感じで、
性格が全く違います。
サイズが少し変わってるのでよく判らない時はご相談ください。
ちなみに僕の場合、グラベルロードとして使うならM、
シクロクロス的に使うならSといった感じです。

上記3機種が2020の目玉ですね。

入門モデルのオプティモもフォークが改良されお買い得になってます。
イメージ 5

ブランドキャンプで色々学び、その知識を持って試乗もしてきました。
なので、聞きたいことがありましたらご相談ください。
特にトップストーンカーボンは
さんざ普通のロードでもグラベルを乗り回している僕が、
ユーザーの使い方に合わせてサイズやポジション、
交換するパーツ選び、遊び方までご提案できると思います。

ほとんどのモデルがすでに日本に入荷しています。
なので、ご来店ご注文お待ちしております。
※8月8日までにご注文いただいた方には特典有ります!








DTハブ使ってる方にお勧めなスペックアップです。
スターラチェット54T!
イメージ 1
標準では18Tか24Tのフリーの爪の数、
今回の場合18Tからなので3倍に増えます。

ペダリングが止まり、踏み直しの多いMTBやシクロクロス。
ラチェットの爪が荒いと踏み直す時に空走があり、
トラクションがかけづらくなったり、極低速での変速がしづらかったりして
前に進め辛くなります。

ラチェットが細かければ空走区間が短くなり、すぐに駆動力が伝わるので、
トラクションかけるのも変速も素早く行う事が出来ます。
ロードの集団内でも踏み直しがし易く、
ペダリングのコントロールでのスピード調節がしやすくなります。
世の中にはもっと細かい爪を持つ物や、無段階なんてのもあります。

DTは何といっても交換が容易。
普通はハブごと交換ですが、スターラチェットを使用しているハブであれば
ラチェット本体の交換のみです。

簡単に交換手順を公開。
イメージ 2
フリーボディ―とエンドキャップを抜くと、
早くもスターラチェット本体が出てきます。
イメージ 3
ラチェットを抜いた状態。
イメージ 4
奥が18T、手前が54T。
これが交換するすべてのパーツ。(シンプル!)
イメージ 5
比較写真忘れましたが、手前のギヤのサイドのギザギザが爪の部分。
ここが18Tから54Tになります。
専用グリスを塗って組み付け。
イメージ 6
外した順番を逆に組み付けていくだけです。
最後にフリーボディをはめ込んで終了。
イメージ 7
これで単純にトップスピードが速くなるわけではありませんが、
空走してる間は減速してるわけで、
その部分が全部加速に変わります。
失速している間が格段に減るのですから走り全体では・・・。

スタンディングスティル等の小技もとてもやりやすくなります!
ハブ交換無しでできるDTスターラチェットならではのスペックアップ、
じてんしゃ屋佳店長のおすすめグレードアップです。
と、あまり注目されないけど効果的なスペックアップの紹介でした。









水曜日はダートフリークさんの展示会でした。
イメージ 1
ヨツバフルラインナップ?

話題の発想転換リム。
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
う〜ん、試してみたい・・・

FOXヘルメット。
イメージ 5
カッコいいです。

DH用クランクには滑り止め?が。
イメージ 6
イメージ 7
どうなんでしょうか?

他にも情報有りますので、詳しくは店頭にて。








サマーセール!

夏前と言う事で在庫の商品を気持ちお求めやすく提供いたします!

CANNONDALE・TOPSTONE105Sサイズ。
イメージ 1
定価210,000円を189,000円(税抜)。

SCOTT・SCALE980Sサイズ。
イメージ 2
定価135,000円を121,000円(税抜)。

サンタクルズ・ジャッカルSサイズFS。
イメージ 3
定価108,000円を97,000円(税抜)。

ヨツバサイクル・20.
イメージ 4
定価28,000円を25,000円(税抜)。

マルゾッキ・ボンバーZ1・27.5・150mm。
イメージ 5
定価80,000円を70,000円(税抜)

マビック・アクシウムエリート。(USTではありません)
イメージ 6
こちらは30,000円(税抜)で御提供。

他、6日(土)〜14日(日)まで、
店内在庫品はその価格から5%値引きいたします。

ということで、ご来店お待ちしております。







全131ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事