ここから本文です
埼玉坂戸・じてんしゃ屋佳店長日記
kei's power!もよろしくお願いします。

書庫新着情報。

記事検索
検索

展示会ちょろちょろ。

朝活の後に展示会行ってきました。

DTswissホイール群。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
アルミにカーボン、ロード・シクロクロス・ツーリング・XC・AMまで
より取り見取り。詳しくは店でご相談ください。

650Bのロードリムもありますよ。
イメージ 5
SLATE乗りにはうれしいですね。

MTBのみなさん!XTRのマイクロスプラインにも対応できます!
イメージ 9
整備の講習。
イメージ 10

AMフォークの新型登場!
イメージ 11
詳細が楽しみです。

林道ツーリング派にはうれしいタイヤ。
イメージ 6
イメージ 7
エアボリュームのあるやすり目や杉目なタイヤが良いんです。
こんな仕様で出掛けてみたいものです。
イメージ 8


stan'sさんはカーボンリムが登場!
イメージ 12
少したわむようになっているので破損しにくいそうです。
6万5千円はとは、手頃になってきましたね。

でもこんなハブで組みたいです。
イメージ 13
クリスキングもロード用からMTBboostまでいろいろそろっています。

トムソンは35mmバー用が登場!
イメージ 14
手前は最短32mm!

KMC、12S近日登場だそうです!
イメージ 15

XTRのAMペダル踏み面の形状が良く、
とても踏みやすくコントロールし易そうです。
イメージ 16

と言う事で2019に向けていろいろご相談承ります。





















今週の小物等々。

急ぎだったので少しの入荷ですが、スパカズバーテープ。
イメージ 1
黒にロゴがワンポイントでカラーが入ってる物です。
後日しっかり検討して種類仕入れる予定です。

再びブライトン410。
イメージ 2
ケイデンスセンサー付き。
すでに他のペアリングできるセンサーお持ちの方には単体もございます。
イメージ 3
こんな風につけてみました。
イメージ 4
無料アプリで解析もできますよ!
イメージ 7

そして今日の作業。
イメージ 5
イメージ 6
軽快車のヘッドベアリング交換。
と、こんな修理も承っております。

今週末はENS苗場参加の為、
営業時間でご迷惑をおかけしますがご了承ください。












まずはシンクロストレイルフェンダー。
イメージ 1
取り付けた写真がなくてごめんなさい。
サスペンションフォークのアーチに取り付ける簡易フェンダーです。
これは34・36のFOX(RS未確認)対応です。
32SC用も有ります。

これまたシンクロス。
マッチボックスカップケージHP2.0
イメージ 2
取り付けるとこんな感じ。
イメージ 3
そろそろシクロクロスシーズンです。
レースでは余計な物取り払ってしまいますが、流石に練習では無いと困りますよね。
以前ボトルケージの底の部分についてる物も仕入れたのですが、
フルサスやWボトルにした時に当って使えない車種がありました。
これでしたらそんなの関係なしに使えます。

そしてSCOTT乗ってらっしゃる方に朗報。
イメージ 4
工具にはSCOTTbikeに使われているトルクスがちゃんとそろっています。

ブライトン410メーターを使い始めます。
イメージ 5
これ、バッテリーが30時間以上もつんです。
2日間のブルベでスペアバッテリーや充電器持たずに済みます。
僕もロングライド好きなので導入しました。

なんでストラップ?
イメージ 6
と思ったけどシクロクロスやMTBで使うと思わぬ拍子に外れてしまう事が。
でもこうしてステムに通しておけば・・・、
イメージ 7
外れはしてもどっかに飛んで行ってしまう事が無くて探す手間が省けますw
壊しにくくもなりますかね。
なんにしてもオフロード系ライダーにはうれしい装備です。

と、これから自分が使っていく予定の物を紹介してみました。
どれも在庫してる物もありますし、どれも取り寄せ可能です。













展示会パーツ色々。

色々見てきました小物類紹介します。
ピレリタイヤ!
イメージ 1
グリーンはグラベルロードに向けた25C~35Cまでのサイズ展開、
そしてTLR仕様です。
赤いのはTT用で決戦用ですね。
ヒルクライムの本番もいいかもしれません。
イメージ 2
黒いのがドライでのロード用。
青いのがWetコンディションの性能を上げたオールマイティなタイヤ。
ブルベやロングツーリングでは青い方が様々な状況に対応できるでしょう。
もっと過酷なツーリングなら緑ですね。

チャレンジタイヤではなんとチューブレスレディ仕様が登場。
イメージ 3
グラベルグラインダー1種のみです。
グラベルツーリング向けと言う事ですね。

そしてシャマル登場!
イメージ 4
ディスクブレーキ、チューブレスならイチオシでしょう。

クランクブラザーズペダル。
イメージ 5
イメージ 6
乗り方に合わせるのは当然として、
bikeのカラーリングに合わせて選ぶのも良いですね。
ロードシューズにも使えますよ。
イメージ 7

ボトルに合わせて可変できるボトルケージ。
イメージ 8
PET使ったりステンボトル使ったり、
いろんなボトルに合わせられます。

左右別仕様のボトルケージ。
イメージ 9
スモールフレーム乗ってると助かります。

デダからはグラベルバイク用のハンドルが登場。
イメージ 10
ランドナーでも使えますね。

12速シリーズ。
イメージ 11
イメージ 12
カンパニョーロ、いかがですか?

何と早くも新型XTR用HGフリー対応スプロケットが!
イメージ 13
何と52T!

SRAMEagle用も有ります。
イメージ 14

トレイルライドやエンデューロレースでは欲しくなる
中に入れるやつ。
イメージ 15
ガンガン攻めたい人には特におすすめだそうです。





























IRCマーベラ700X26C!

只今オーバーホール中のbike、
オーナーの要望でちょっとした砂利道や荒れた舗装で
グリップに少しでも不安なく走りたいと言う事で選択させていただきました。
イメージ 1
このパターン。
イメージ 4
吸盤のようなパターンがグリップの良さと転がり抵抗の少なさとを
高いレベルで両立しています。

きっかけは一緒に走られる方のこのタイヤを見て。
イメージ 2
こちらもグラベルでもかなり不安を減らしてくれます。

今回は2WAYFITとの組み合わせ。
イメージ 3
相性も良く入れる時少々硬いですが手で入れられ、
手押しポンプでビードを上げることが出来ました。






本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事