ぴくちゃあ通信

日本映画を映画館にて見る、ということを基本にしています。特に、役者さんへの目配せを心がけています。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 『桐島、部活やめるってよ』(2012:吉田大八)をユナイテッド・シネマ豊洲スクリーン11にて見る。1500円(会員)、パンフレット700円。
 すばらしい!
 「金曜日」が登場人物の視点ごとに繰り返し描かれる冒頭では、身体がふるえるほどの快感に打ちのめされてしまった。
 高校生たちの群像劇を、これほどまでに生き生きと繊細に、ひとりひとりが主人公であるかのように描ききった作品があっただろうか。
 何よりも、帰宅部・菊池宏樹に扮した東出昌大(24歳)の表情が実にいい。スポーツ万能、成績も優秀、でも何に対してものめり込めない冷めた自分がいることに対する不安感。それらを彼のたたずまいそのもので演じきった凄さ。映画初出演とはとても思えない存在感である。
 同じ帰宅部で天然パーマの竜汰に扮した落合モトキ(22歳)もいい。数多くの青春映画に出演し続けてきた彼のキャリアの中では最高の演技である。
 さらに同じ帰宅部でバスケ仲間の友弘に扮した浅香航大(20歳)、これまた映画初出演ながら、存在感バツグンである。
 女子グループ帰宅部で桐島の彼女である梨紗に扮した山本美月(21歳)、映画初出演ながらルックス抜群で女王様ヒロインとして今後に充分期待できる。
 その腰巾着で宏樹の彼女・沙奈に扮した松岡茉優(17歳)、撮影当時も本物の高校2年生であった彼女としては、イキイキと無邪気な小悪魔を演じていたようである。
 バトミントン部の宮部実果に扮した清水くるみ(18歳)、こちらも高校2年生であったが、部活に真剣に打ち込みたいが、女子グループから仲間はずれにされたくない。さらには、梨紗たちからちょっとバカにされている風助への恋心もあり、という揺れ動く心のひだを巧みに演じていた。
 その女子グループで梨紗とも実果とも等間隔でつきあいつつ、冷静な目でまわりを眺めているクールビューティ・東原かすみに扮した橋本愛(16歳)。今後、どれだけ伸びて行くんだろうというそら恐ろしいまでの可能性を秘めた現役高校2年生である。
 桐島がいなくなって正リベロの位置をつかんだバレー部・風助に扮した太賀(19歳)、いつも以上に体当たりでバレー練習に取り組んでいて、好感がもてる。
 そのバレー部副キャプテン・久保に扮した鈴木伸之(20歳)、女子からゴリラのニックネームで呼ばれている風貌ではあるが、映画初主演ながら「劇団EXILE」で鍛えた演技力はしっかりしていて、二代目・高橋努の予感がする。
 宏樹に片想いする吹奏楽部・沢島亜矢に扮した大後寿々花(19歳)、バスケ遊びをしている宏樹を見ながら屋上でサックスを吹く彼女がせつない。自分がぐらついていては部長として吹奏楽部をまとめることができない。片想いに決別したあとの吹奏楽演奏の会心のハーモニー、満面の笑み。キャリアが2番目に長い彼女でなければできない演技であった。
 その部長の片想いをひそかに応援する1年生・詩織に扮した藤井武美(17歳)、今後の活躍に期待しよう。
 映画部の副部長・武文に扮した前野朋哉(26歳)、石井裕也監督初期作品の常連俳優らしいが、私は今回が初めて認識したような気がする。とぼけた味わいある演技で、これから重宝されそうな予感が。
 そして、映画部部長・前田涼也に扮した神木隆之介(19歳)、キャリアとしてはこのメンバーではナンバーワンのベテラン。これまでの少年顔を隠すかのように黒縁メガネで地味に登場し、クライマックスでは映画への熱い思いを爆発させていた。今後は素顔でいかに大人の役柄を演じられるかが、勝負どころであろうか、、、。
 ところで、桐島って何者? この疑問が残ってしまうスッキリ感のなさが現代の状況を現しているのかもしれない。

「にほんブログ村」に参加しています。応援クリックお願いします。
[https://movie.blogmura.com/movie_japanese/ にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)]
[https://movie.blogmura.com/movie_director/ にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優]

閉じる コメント(15)

「桐島…」こちら今治でも、遅れて上映が決まりました。
大後寿々花ちゃん、19歳ですか。
SAYURIに出てたときは、まだ小学生でしたが…
神木隆之介くんと言い、子供が大きくなるのは早いですね〜。
ぴくちゃあさんお薦めのこの映画、スルーせずに観に行きますわ(*^o^*)

2012/8/29(水) 午後 9:35 Gena 返信する

顔アイコン

登場人物たちをきっちりと描き分けた演出ぶりをお楽しみください。

2012/8/29(水) 午後 11:01 ぴくちゃあ 返信する

顔アイコン

「身体がふるえるほどの快感」と表現されては見ないわけにはいきません(笑)。

クリック!

2012/9/2(日) 午後 11:34 fpd 返信する

顔アイコン

クリック!、感謝。

2012/9/3(月) 午前 0:16 ぴくちゃあ 返信する

顔アイコン

昔は16〜18歳位の俳優が高校生の役を演じていたのに、どういうわけで最近は24歳とか30歳とかの俳優さんが高校生の役を演じるのか、どういう事情があるんでしょうね?

2012/9/10(月) 午後 3:38 [ uet**n51 ] 返信する

顔アイコン

uet**n51さん、
そんなことはありません。
『青い山脈』(1949:今井正)では、池部良(1918年2月生まれ)や伊豆肇(1917年7月生まれ)が旧制高校生を演じていました。30過ぎの俳優が20歳の旧制高校生に扮しても違和感はありませんでした。

2012/9/10(月) 午後 9:57 ぴくちゃあ 返信する

アバター

神木隆之介と大後寿々花は、さすがに安定感があると思いましたが、
どのキャラもしっかり描けていましたね。監督の演出力と個々の演技力が、
うまくコラボできていました。金曜日、ほんとはもっと多くの視点がありそうですね♪。

2012/9/12(水) 午前 0:36 ffa**77 返信する

顔アイコン

神木隆之介と大後寿々花との恋愛ものを見てみたいですね。
TB、ありがとう。

2012/9/12(水) 午前 6:38 ぴくちゃあ 返信する

アバター

これは素晴らしい仕上がりで、僕の今年のベストテン入り決定であります。
何度も繰り返される金曜日と、違うキャラの視点で描かれていく物語に興奮してしまいます。
吉田大八監督作、今のところ好きなのばかりです。

2012/9/12(水) 午後 0:25 出木杉のびた 返信する

アバター

あ、ナイス&村クリックそしてTB。
映画部の映画作りという設定も、自分と照らし合わせて、とても懐かしい想いで一杯でした。

2012/9/12(水) 午後 0:31 出木杉のびた 返信する

顔アイコン

のびたさん、
私もベストテン入り確実ですね。
ナイス!&映画村クリック、感謝。
TBありがとう。

2012/9/13(木) 午前 1:37 ぴくちゃあ 返信する

顔アイコン

青春映画の群衆劇、時間軸をずらして、それぞれの悩みであったり、屈折であったり、優越感であったり、好きな人への思いであったり、すべてが青春という中で繰り広げられる素晴らしい映画だと思います。東出昌大、橋本愛はこれから大きくなる気がします。TBさせてくださいね。

2012/9/17(月) 午後 9:26 シーラカンス 返信する

顔アイコン

シーラカンスさん、
東出昌大、橋本愛は、今年一番の期待俳優ですね。
TBありがとうございます。

2012/9/17(月) 午後 10:04 ぴくちゃあ 返信する

顔アイコン

やっと見ました(遅い!笑)。こういう映画いいですね。
若手女優がたくさん出ていて、これから楽しみですね。覚えるのがまず先ですが・・・。

TBさせてください。

2013/2/26(火) 午後 5:44 fpd 返信する

顔アイコン

fpd さん、
群像劇、しかもすべての出演者に視点があたっていて、演出のうまさに、うれしくなります。
TBありがとうございます。

2013/2/26(火) 午後 7:14 ぴくちゃあ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事