ぴくちゃあ通信

日本映画を映画館にて見る、ということを基本にしています。特に、役者さんへの目配せを心がけています。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

 女優の加藤治子さんが11月2日午前7時7分、心不全のためお亡くなりになりました。92歳。葬儀は本人の遺志により既に家族葬で執り行われました。
 加藤治子さんはTBS系ドラマ「浅見光彦シリーズ28・高千穂伝説殺人事件 〜歌わない笛〜」(2009.10.05放送)に出演したのを最後に仕事を控えていました。3年ほど前に体調を崩し、昨年からは自宅で療養を続けていたとのことでした。

1922年11月24日、東京市赤坂区(現・東京都港区)生まれ。
1936年4月、松竹少女歌劇学校(4期生)に入る。
1937年3月、同上卒業。御舟京子(みふね きょうこ)の芸名で、松竹少女歌劇団に入る。同期に後の男役トップスター・小月冴子や曙ゆり、並木路子、矢口陽子(後の黒澤明夫人)、月城彰子(後の十代目・岩井半四郎夫人)など。
1939年、東宝映画に入る。『花つみ日記』(東宝映画京都1939:石田民三)にて映画デビュー。
1941年4月、慶應義塾大学の学生だった加藤道夫、芥川比呂志らが結成した「新演劇研究会」に参加。同年、新劇の初舞台を踏む。
1942年9月、芥川比呂志の召集で解散。
戦後、加藤、芥川、長岡輝子らと「麦の会」を結成。
1949年1月、文学座と合流。同年、加藤道夫と結婚。以後、芸名は現在の加藤治子となり、主演級で活躍。
1953年12月、加藤道夫と死別。
1958年、高橋昌也と再婚。
1963年1月、文学座を脱退して、福田恆存を代表に芥川、高橋、岸田今日子らと「現代演劇協会付属劇団雲」を創立。
1964年1月、TBSドラマ「七人の孫」で森繁久彌と共演し、人気者となる。
1975年、劇団雲を退団、高橋昌也とも離婚。
 最近の活躍は、TBをご覧ください。

 ご冥福をお祈りいたします。

「にほんブログ村」に参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優

閉じる コメント(9)

顔アイコン

多くの俳優からも慕われていたような、お母さんですね。


ナイス&村クリック&TB。

2015/11/6(金) 午後 1:49 fpd 返信する

顔アイコン

fpdさん、
やさしいお母さんの代表選手ですね。
TB、ナイス&村クリック!、感謝。

2015/11/6(金) 午後 4:47 ぴくちゃあ 返信する

顔アイコン

大岡越前の母親役のイメージが強いですね!

2015/11/6(金) 午後 4:53 [ tatsu ] 返信する

アバター

浅見光彦シリーズ、よく見ました。
若いころの写真とても可愛らしいですね〜〜〜
ご冥福を祈ります。

2015/11/7(土) 午前 9:03 レイ 返信する

顔アイコン

tatsuさん、
大岡越前は見たことありませんでした。
ナイス&村クリック!、感謝。

2015/11/8(日) 午前 1:59 ぴくちゃあ 返信する

顔アイコン

レイさん、
「浅見光彦」シリーズの母親は知的で上品な色気がありましたね。
☆オールポチ☆、感謝。

2015/11/8(日) 午前 2:20 ぴくちゃあ 返信する

顔アイコン

昭和の俳優さんたちが次から次へと亡くなってしまい、昭和は遠くなりにけり・・ですね。

2015/11/8(日) 午前 8:50 瀧野川日録 返信する

顔アイコン

瀧野川日録さん、
寿命とは言え、ほんとうに残念ですね。

2015/11/8(日) 午前 10:59 ぴくちゃあ 返信する

顔アイコン

ジーナさん、
ナイス&村クリック!、感謝。

2015/11/8(日) 午前 10:59 ぴくちゃあ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(8)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事