ぴくちゃあ通信

日本映画を映画館にて見る、ということを基本にしています。特に、役者さんへの目配せを心がけています。

全体表示

[ リスト ]

池広一夫トークショー

イメージ 1

イメージ 2

 きょう8月31日は、角川シネマ有楽町にて「池広一夫トークショー」に参加しました。
 8月23日から開催されている「市川雷蔵祭」の本日、『ひとり狼』(大映京都1968:池広一夫)上映後に行われたものです。
 司会は映画ジャーナリスト・金原由佳さん。ちなみに金原さんは、1990年の京都での市川雷蔵作品上映会で、初めて市川雷蔵を知ったとのこと。きょうの観客も私より高齢の方もいたけど、そのほとんどが大映倒産後に映画に接した人ばかりのようでした。

 池広一夫監督は1929年10月25日の東京生まれ。父親・池広利夫は大映の制作部長だったことから、映画が好きになり、小学生時代は子役として映画出演。でも父親は映画界に入ることには反対。立教大学経済学部在学中の1950年10月に大映京都撮影所に入社。同期は、土井茂、黒田義之、井上昭。1951年に立教大学を卒業。
1960.12.07『薔薇大名』(68分、小林勝彦主演)にて監督デビュー。
1961,03.15『天下あやつり組』(80分、川崎敬三主演)が永田雅一社長を風刺した、ということで社長激怒。
 東京本社にて重役たちが居並ぶ中で、顔を真っ赤にして「長いプロヂューサー人生でこんなひどい作品は初めてだ」と永田社長が池広監督に罵声を浴びせて、ラストシーンの撮り直しを命じられた。
 監督はこれで、失意のどん底。映画界を去ろうとしていたら、市川雷蔵が救いの手を差し伸べてくれた。『沓掛時次郎』の監督が決定していたのをぜひとも池広監督に撮ってもらいたいと、会社側を説得して、クランクイン。完成して公開すると大ヒット。評判も良く、それが今日の監督人生につながったとのこと。
 雷蔵さんは、恩人でもあり、よき友でもあった。
 





.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事