ぴくちゃあ通信

日本映画を映画館にて見る、ということを基本にしています。特に、役者さんへの目配せを心がけています。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

『仁義なき戦い 代理戦争』(東映京都1973:深作欣二)を、国立映画アーカイブ(旧名称:フィルムセンター)長瀬記念ホール OZUにて見る。310円。再々見。


第1作の続きを描いた内容。
金子信雄の山守組と加藤武の打本会の抗争。







102分。




2019年4月30日(火)鑑賞



 


「にほんブログ村」に参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優

『仁義なき戦い 広島死闘篇』(東映京都1973:深作欣二)を、国立映画アーカイブ(旧名称:フィルムセンター)長瀬記念ホール OZUにて見る。310円。再々見。
本日1回目は、前の方が少し空いていたが、この2回目は満席で、キャンセル待ちの状態だった。

シリーズのなかでは、菅原文太は脇で、北大路欣也の一人舞台。
私の中では、一番大好きな作品である。
東京で使い慣れた千葉真一や北大路欣也、加藤嘉、室田日出男、などをキャスティングして、このシリーズの主導権を完全に自分のものにした深作欣二。
川谷拓三が大活躍。船から海に縛られたまま放り込まれたり。その後、木に吊るされて射撃の標的にされ、何発も撃ち込まれて、とっくに死んでいるのに、命中するたびに、仰け反ったりクルクル回転したり、、、。すさまじい熱演ぶりでした。
福本清三は、殺されるワンシーンで登場。銃で撃たれると、バク転で2〜3メートル吹っ飛んでいた。








100分。




2019年4月30日(火)鑑賞



 


「にほんブログ村」に参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優

開く トラックバック(1)

『仁義なき戦い』(東映京都1973:深作欣二)を、国立映画アーカイブ(旧名称:フィルムセンター)長瀬記念ホール OZUにて見る。310円。再々見。
日曜日までとは嘘のような混み具合。
開場の5分後、09時50分で201番目。前売り券枠が100番まであるので、実質的には150番ぐらいかな、、、。と思ったら何と前売り券は100枚完売していた。恐るべし『仁義なき戦い』人気である。


深作欣二が初めて京都撮影所にて撮った作品。脇役陣も須藤健などではなく、中村錦司などの京都時代劇からの脇役がズラリ。大部屋俳優出身たちも志賀勝は一言二言セリフはあったものの、川谷拓三や福本清三はクレジットに名前が出たものの、セリフなし。








99分。




2019年4月30日(火)鑑賞



 


「にほんブログ村」に参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優

開く トラックバック(7)

04月30日、常盤貴子(2019)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 きょう4月30日は、常盤貴子(ときわ たかこ)さんの誕生日です。1972年生まれの47歳になりました。おめでとうございます。神奈川県横浜市港北区出身。西宮市立春風小学校、西宮市立上甲子園中学校、西宮東高等学校→駒沢女子高等学校(現・駒沢学園女子高等学校)、関東学院女子短期大学家政科生活文化専攻(現・関東学院大学人間環境学部)卒業。スターダストプロモーション所属。夫は長塚圭史。
 常盤貴子さんの最近作は、
2017.12.16『花筐/HANAGATAMI』(2017:大林宜彦)、
2019.03.23『こどもしょくどう』(2019:日向寺太郎)、
です。
 『花筐/HANAGATAMI』では榊山俊彦(窪塚俊介)が身を寄せることになる佐賀県唐津に住む叔母・江馬圭子に扮し、
『こどもしょくどう』ではユウト(藤本哉汰)の母で夫・作郎(吉岡秀隆)と共に食堂を営む高野佳子に扮していました。



「にほんブログ村」に参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事