ぴくちゃあ通信

日本映画を映画館にて見る、ということを基本にしています。特に、役者さんへの目配せを心がけています。

独立プロ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

 『金色夜叉』(赤澤キネマ1934:赤澤大助)を 国立映画アーカイブ(旧名称:フィルムセンター)長瀬記念ホール OZUにて見る。同時上映『金色夜叉』(松竹大船1937:清水宏)、310円。

 尾崎紅葉の未完の同名小説を映画化。1910年代からたびたび映画会社が取り上げてきた原作であるが、本作は浪花家辰丸の浪花節も活用したトーキーとして製作された。1931年に設立され、主として無声映画を手がけてきた赤澤キネマは、1935年に活動を停止した。(NFAJパンフより)

 この作品の間貫一はかなり女々しい線の細い男として描かれていて、ほとんど感情移入(公開当時でも)できる余地なし。でも、浪花節の楽曲にのせて語られていくと、なんとなくすんなりと見れる。
 髭もじゃの友人が貫一を諫めるシーンがくどかったなあ、、、。


2018年8月14日(火)鑑賞。

        スタッフ
監督・         赤澤 大助
脚本            ?  
原作          尾崎 紅葉
撮影          佐竹 三男
浪曲          浪花家辰丸
録音          映音システム


        キャスト
片桐 敏朗       間貫一
四条 華子       鴫沢宮(お宮)
靜香 八郎       荒尾譲介(貫一の友人)
高梨 俵堂
曽我迺家蝶太郎     
西條  伸       
白井 君雄

45分・35mm・白黒

公開は、	
1932.02.08 松竹館 6巻 


「にほんブログ村」に参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優

開く コメント(0)

 『不如帰より 浪子』(オリエンタル映画1932:田中栄三)を 国立映画アーカイブ(旧名称:フィルムセンター)にて見る。同時上映『ほとゝぎす』(松竹蒲田1922:池田義信)、310円。
 浪子(水谷)は海軍少尉川島(大日方)と幸福な結婚生活を送っていたが、夫が日清戦争に出征中に結核を発病し、家の断絶を恐れる姑(林)から離婚を申し渡される。そして失意の中、彼女の若い命は消えていくのであった、、、。(NFAJパンフより)

 公開当時は114分あったようだが、現存プリントは54分。それでも十分に筋がつながっている。「不如帰」とはこういう話だったのかと再認識(若い頃、知識として詰め込んだと思うがすっかり忘れてしまっていた)。
 新婚、水谷八重子と大日方伝のイチャイチャぶりがなんとも微笑ましい。




2018年8月14日(火)鑑賞。

        スタッフ
監督・         田中 栄三
脚本          森  岩雄
原作          徳富 蘆花
撮影          町井春美、池戸豊

        キャスト
水谷八重子
大日方 伝
汐見  洋
林  千歳
澄川  久
杉村 春子
古川 緑波 - 特別出演
大辻 司郎 - 特別出演
松井 翠声 - 特別出演
徳川 夢声 - 特別出演


公開は、	
1932.05.19 内幸町・帝国劇場 / 浅草・大勝館 / 新宿・新宿松竹館
      10巻(3,048メートル) 白黒 スタンダード・サイズ(1.33:1)
      モノラル録音(ウェスターン・トーキー)





「にほんブログ村」に参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優

開く コメント(0)

 新橋TCC試写室にて、『黒と赤の花びら』(佐川プロ製作、大宝配給1962:柴田吉太郎)を見る。新東宝ファンの16丱廛螢鵐伴主上映。80分作品。1800円。
 新東宝倒産(1961年)後、わずか3ヶ月の命だった配給会社の大宝映画。そこが、
『狂熱の果て』(佐川プロ1961:山際永三)、
『黒い傷あとのブルース』(佐川プロ1961:小野田嘉幹)、
『飼育』(パレスフィルムプロ1961:大島渚)、
『大吉ぼんのう鏡』(シナリオ文芸協会1962:猪俣勝人)、
と、4本配給しての5本目が『黒と赤の花びら』である。これを最後に大宝という会社も解散してしまう。
 今回は、16丱譽鵐織覯饉劼離螢好箸北欧辰討い榛酩覆髻⊆禺圓燭舛引っ張り出してきて上映したものである。若者たちとは言っても、私より若いというだけで、30代〜40代の3名(?)である。
 私が、かつて自主上映をやっていた頃は、みんな20代前半。30代、40代なんてものすごいジジイに見えて、映画館にも自主上映にもあまり見かけなかった。それが今や、フィルムセンター、新文芸坐、ラピュタ阿佐ヶ谷、神保町シアターなどは、60代〜80代の老人天国と化している状況である。かつて企業戦士・家庭婦人だった人たちが映画に足を運ぶことはうれしいことではある。しかし、今の若者(10代〜20代)たちはどうしちゃったんだろうか?
 てなことを、集まった50人近い人々を眺めながら思ってしまう。
 作品の内容は、と言うと、船舶遭難事故に疑問を抱いた保険会社の調査員・天知茂が、次から次へとところてん式に事件に巻き込まれていくというお話。メリハリもなくダラダラと夜を中心にお話が展開していき、暗く澱んでいてとても褒められた作品ではない。
 見所は、ヒロイン・上月左知子ぐらいかな。クールビューティっぽい雰囲気で天知茂の相手役としてお似合いであった。宝塚を退団したあとの本格的な映画出演の最初かもしれない。
 とりあえず、貴重な作品を見ることができ、若い3人に感謝、感謝。

 

開く コメント(2)

 フィルムセンターにて『暗黒街の天使』(マキノ映画1948:マキノ眞三)を見る。500円。
 少年補導係の婦人警官(宮城千賀子)と靴磨き少年・山田ひろし(?)の交流を描いた作品。

開く コメント(0)

 ラピュタ阿佐ヶ谷モーニングショーの左幸子特集にて『遠い一本の道』(左幸子プロダクション=国鉄労働組合1977:左幸子)を見る。800円(会員)。
 井川比佐志・左幸子夫妻が勤続30年授賞式に出席するところから始まる。そして、夜の内祝いの席に、長女・市毛良枝が恋人・長塚京三を連れてきて、、。そこから、回想へと入っていく。
 国労の人たちの中に、井川比佐志や殿山泰司をとけ込ませ演技させている。それはかなり成功している。当局の合理化やマル生運動と闘う組合員たちの姿を声高々に訴えるわけではない。主婦の立場から生活面を中心に描いている。
 ラスト、結婚式のために長塚の郷里・長崎へ新幹線で行く。時代の最先端電車で向かった先が、かつて長塚の父親・吉田義夫が働いていた軍艦島。その廃墟が、国労の未来を暗示しているようであった。
 30年後の今日、井川の長男・磯村建治の世代が、ほんの少し頑張っているとは言え、国鉄も国労も忘れ去られてしまったのは、時代の流れでいたしかたないのかもしれない。

開く コメント(2)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事