無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全98ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

巣落ち防止棒

Sさんに頂いた長川の巣箱、2枚の巣板が巣落ちして、そのあとまた巣落ちしてはたまらんので、巣落ち防止棒を入れました。
欲しいところに穴をあけ、片方を鋭くとがらせた金属棒を打ち込むという方法です。
竹の棒でも良いのですが、作るのが面倒なので、金属棒でやりました。

巣板に直角に2本、5mmの棒を入れました。
これで巣落ちしなければ良いのですが。

10mmの竹の棒の方が良かったか?ちょっと後悔してます。

この記事に

開く コメント(0)

巣落ち

Sさんに頂いた群れですが、7月15日様子を見に行ったところ、巣板2枚が連日の暑さで落ちてました。
この、巣箱は、角洞と言われるもので、S氏から借り受けたもの。
巣落ち防止棒はありません。

預かりものですから、勝手に穴をあけて棒を入れるのもなんかと躊躇していた矢先の出来事でした。
幸い、被害は少なく、今日は仕事が開いているので朝言って様子を見て、様子次第では、採蜜して巣箱を入れ替えようと思っています。

4群しかありませんので、何とか越冬させて来年の分蜂をと思っております。

この記事に

開く コメント(0)

蜂仔出し

ピアノの先生宅に久しぶりによってみた。
2群あるはずが、1群は消滅。
もう1群も怪しい。
花粉は運び込んでおらず、色も悪い。
ずっと眺めているとチッコイ白い塊を運び出している。
どうも、蜂仔を出しているようだ。
しばらく見ているとまた運び出した。
間違いない。
どうも、悪い病気に掛かっているような気がした。

そこで先生に電話して、事情を説明。
とりあえず、砂糖水をやって様子を見ることにした。
エサ不足かも知れないのと、ギ酸などの対処ができないという事で、あとは滅びるのに任せるしかないようだ。

出来れば巣箱事償却してほしいのだが。

私は、病気が移ってしまうのが怖いので、家に帰ったらまず、消毒液で手を洗い、カビキラーで靴の底と、車の接触面とハンドル、サイドブレーキなどを拭いて消毒した。

これで完全に安心とはいかないかもしれないができうる限りのことをした。
先生にいただいた、キュウリとトマトは、明日のごみで出すことにした。
卵は即ゆで卵にして、頂くこととした。

兎に角病気をもらってなければ良いのだが。

夕方、電話が掛かってきて、巣箱を持ち上げたところ、巣が落ちてしまっているとのこと。
とりあえず病気ではなさそうで一安心した。

女王が死んでなければ良いのだが。
もし、死んだとしても変性王台を作ることができれば、復活できるんでしょうが、どうなりますやら。

この記事に

開く コメント(1)

4群ある日本ミツバチの巣箱。
どれも子出しもなく順調にたくさんの蜂が通ってます。
天山>長川>倉庫>自宅
一番すごかったのが天山、1秒間に10匹以上の蜂が箱に戻ってきておりました。出て行く蜂と帰ってくる蜂でごった返しております。
この巣箱は、横長の巣箱で、奥行きが60㎝くらい幅が28cm、高さが36cm。
たっぷり蜜が入るとおいそれとは持ち上がらない代物です。
みっちり入ると、おそらく75kgくらいになりますが、少し割り引いても50kgくらいになるんじゃないでしょうか。

私の蜂友も、今年は、桶が重すぎてお持ち上がらないので2人係りで持ち上げたとか。
とにかく、大雨が降るまでは適度な雨が降って良く晴れたのではちみつをずっしりと蓄えてるようです。

洋バチが5群、和バチが4群あるので何群か採蜜するつもりです。

この記事に

開く コメント(0)

5月末に入居した洋バチでウォーレ巣箱モドキに入れた群れですが、一段が一杯になったので下に継ぎ箱しました。
2段目の7〜8分くらいまで蜂がぶら下がってました。
下の巣落ち防止棒は、重箱をそのまま使ったので入ったままになっておりますが、

イメージ 1
この後巣箱をウォーレ式に変えました。
3段目は、ガラス張りのノゾキ窓が付いておりどこまで巣が来ているか一目瞭然になってます。

この記事に

開く コメント(2)

全98ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事