ここから本文です
初音の杜デイサービスのブログ
社会福祉法人一誠会が設置経営するデイサービスセンター初音の杜のスタッフブログです(^.^)/~~~
イメージ 1
こんにちは
12月になりはやくも2週目の月曜日を迎えました。不思議と12月はいつもより時間が経つのが早く感じられます。
 社会福祉法人一誠会では、新年113()に恒例となったもちつき大会を開催いたします。
 
 もちつきをおこない、おもちの販売に加えて、模擬店で焼きそば、豚汁、今年は更に肉まん、あんまんの販売も行います。
 そしてはじめての試みとして初音の杜の隣接している駐車場でフリーマーケットの開催もする予定です。
 
イメージ 2
(前回の様子)

 夏の納涼祭と同様に地域の方にお越しいただくための行事です。施設に入所されている方々のための行事という要素もあるのですが、宮下町という地域の中にある福祉施設として活用いただくことも必要で、地域の方に足を運んでいただきたいというのが一番の願いです。
 
イメージ 3
(前回の様子)
 
より多くの方々に知っていただいて、ご来場いただくためには福祉施設として継続して取り組んでいくことが重要であると感じます。
 
 113()10:30からは、地域の中にある初音の杜へお越しください。
イメージ 4
                   (前回の様子)
↓にほんブログ村に参加しています。応援の1クリックお願いしますm(_ _)m
 
★少し覗いてみてください → 社会福祉法人 一誠会 のホームページ★

この記事に

イメージ 1
こんにちは
社会福祉法人一誠会では地域に根付くための取り組みをあらゆる形で行っています。また、地域の中における課題や社会の中の介護や高齢者の課題などあらゆることが考えられます。地域をテーマに土曜日、日曜日の更新はしていきたいと思います。
 
イメージ 2
本日、平成29年度第8回地域交流会を開催しました。今月のテーマは、大横保健福祉センターの職員さんと健康づくりサポーターによる「八王子市健康体操を体験しよう」でした。
 
イメージ 3
 健康づくりサポーターは、健康づくりに興味のある方・地域の仲間と何かやりたいと思っている方などが要請講座を受講し、「八王子健康づくりサポーター」の認定証をもって活動されている方々です。
 八王子けんこう体操は、健康長寿を目指し、気軽に取り組める体操として上半身、下半身、筋力トレーニングなどの内容で構成されています。
 
イメージ 4
 参加された地域の皆様真剣に取り組まれ、指導されている荒井先生の進行も良かったのだと思います。介護予防は今後の大きなテーマです。元気に過ごす為に、八王子けんこう体操いかがでしょうか。
イメージ 5
少し覗いてみてください 社会福祉法人 一誠会 のホームページ
にほんブログ村に参加しています。応援の1クリックお願いしますm(_ _)m
 

この記事に

多職種連携会議に参加

イメージ 1
こんにちは
先日、高齢者あんしん相談センター左入主催で開催された多職種連携会議に参加してきました。
 
 この会議は、医師、薬剤師をはじめとして民生委員、通所介護や居宅介護支援事業所など医療機関から介護保険のサービス事業所など多くの専門職種が参加して連携を図ることの大切さについて学ぶ場でした。
 
イメージ 2
 私ども介護や医療などの事業所や医療機関では、地域の高齢者等介護を要する方々を支える際に、必要な業種同士で連携をはかりサービス提供しています。
 
 あらゆる業種や専門職にはそれぞれ強みがあり、できることが違います。更にはその業種のみでは要介護状態の高齢者やそのご家族を支えることはできないわけです。
 
イメージ 3
 それぞれのできることを活かしながら、地域の中で高齢者を支える為にはそれぞれがその専門職の特徴を知っておくことやつながるためのルート等が構築されている必要があります。
 
 地域包括ケアシステムの構築にむけては、様々な専門職が連携を取り合える間柄になり、専門職としてのできることを発揮していかなくてはなりません。
 たくさんの職種の方々が参加されており、有意義な時間を過ごさせていただいたことを御礼申し上げます。
★少し覗いてみてください → 社会福祉法人 一誠会 のホームページ 
↓にほんブログ村に参加しています。応援の1クリックお願いしますm(_ _)m
 

この記事に

イメージ 1
こんにちは
昨日、一誠会ではデイサービスや特養、グループホームで活動されているボランティアさんにお集まりいただき、それぞれの活動の報告をもとに交流することで活動が活発になることを目的としてボランティア連絡会を開催しました。
 
 一誠会の各事業において、ボランティアさんの活動はかかせません。デイサービスでも華道、音楽、ちぎり絵、麻雀、囲碁といった趣味活動のほか傾聴や見守りなどあらゆる形での活動をしていただくことにより、職員だけでは提供できない部分を補っていただいています。
 
イメージ 2
 地域包括ケアシステムの構築には、介護や医療の連携のほか生活支援という部分でも整備が必要になってきます。
 この生活支援は、在宅で暮らすなかで通院の付き添いや買物など介護保険制度でまかなえない部分があることについて、地域の力を活かして取り組むことが挙げられます。
 
 その地域のなかでどのようなことが不足していて補っていくかを考えたり、その方法を見つけるためにもボランティアさんの育成が重要になってきます。
 法人でできることはそのきっかけ作りなのかもしれませんが、ボランティアで活動することの幅を拡げていくためには、ボランティアをされている方々が交流し、情報交換を行なうことが大切なことだと考えます。
 
イメージ 3
 今回で2度目の開催になりますが、一誠会でのボランティア活動がよりよいものとなり、ご利用者の生活の彩りになるほか、活動の幅が拡がるものにつながっていくことを期待していきたいと思います。
★少し覗いてみてください → 社会福祉法人 一誠会 のホームページ 
↓にほんブログ村に参加しています。応援の1クリックお願いしますm(_ _)m
 

この記事に

イメージ 1
こんにちは
先週、先々週とフレイル、サルコペニアと高齢者が加齢とともに生じる心身の問題について紹介しました。

本日も同じように加齢によって運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態である「ロコモティブシンドローム」(略称ロコモ)について書いてみようと思います。

イメージ 2

ロコモは筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器のいずれか、あるいは複数に障害が起こり、「立つ」「歩く」といった機能が低下している状態をいいます。進行すると日常生活にも支障が生じるなど介護が必要になるリスクが高くなります。
 
原因とされるのは、筋肉量が減少するサルコペニア、間接の軟骨が減る変形性膝関節症、椎間板が傷む変形性腰椎症、骨がぼろぼろになる骨粗しょう症などが挙げられます。50歳を越えたころから生活の中で気をつけていく必要があるとのこと。
 
イメージ 3
ロコモを見極めるのにチェック表ももうけられています。早めに気づき、受診することで進行も予防できるようです。
予防には運動や食事等が重要。フレイルやサルコペニアなどと同じように、筋力の低下を防ぐように、食事と運動を行うことが予防につながる要素があることは同様なようです。
 
イメージ 4
健康で長生きをするためには、普段の生活のなかで気をつけながら過ごしていく必要なのがわかります。日々の積み重ねは大事なのですね。
 
★少し覗いてみてください → 社会福祉法人 一誠会 のホームページ 
↓にほんブログ村に参加しています。応援の1クリックお願いしますm(_ _)m
 

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事