ここから本文です
初音の杜デイサービスのブログ
社会福祉法人一誠会が設置経営するデイサービスセンター初音の杜のスタッフブログです(^.^)/~~~

八王子市実地指導

イメージ 1
こんにちは
社会福祉法人一誠会では昨日は特養と居宅介護支援事業所、本日はデイサービスとグループホームにおいて八王子市の実地指導検査は行われました。
実地指導では適正な法人運営と社会福祉事業の健全な経営の確保を図ることを目的とされています。
 
 内容としては施設運営、サービス、会計に関して、該当する部署の職員により記録類の確認や現場での実施状況を確認するものです。
 実地指導に当たっては規程類の確認やサービスのケアプランや実施記録、各種帳簿等を確認しながら、適切に運営が行われているかを確認されます。
 
イメージ 2
 数年に一度行われるのですが、一番大事なことは日ごろの業務の積み重ねが大切ということです。一日一日サービスが提供されますが、その日のことはその日のうちにではないですが、ためていかずに行うことが身にしみます。
 
 身の引きしまる思いで指導を受けるのですが、明日からまたその日の業務を大切にするように取り組んでいこうとおもいます。
 
★少し覗いてみてください → 社会福祉法人 一誠会 のホームページ 
↓にほんブログ村に参加しています。応援の1クリックお願いしますm(_ _)m
 

この記事に

イメージ 1
 
こんにちは
デイサービスを利用するにあたって、ご利用者の方々が利用する目的はさまざまです。ただ、その目的が誰のためのものかで利用を継続することに変化が生じるかもしれません。
 
 社会に出ることといった点で、誰でも自分辞任にとっての目的がはっきりとしていて、それが自分のためになるとか、楽しいなど興味をひくものになるかもしれません。
 
イメージ 2
 初音の杜でも各種レクリエーションを用意しているなかで、ご利用者が参加を希望して行うクラブ活動があります。それまで、プログラムに積極的でなかった方が興味を持ち参加できるようになるほか、クラブ活動に参加されているご利用者は利用期間がながくなっていることがわかりました。これは、先日のアクティブ福祉IN東京17でデイサービスのポスター発表で研究テーマとして行った内容からです。
 
 来年、平成30年度の介護保険制度改正により、認知症や重度の介護を要する方々の在宅生活を継続していくためにデイサービスの必要性は高まる一方、施設側としては利用の必要な方にとって、居心地の良い場所、継続的に利用をしていきたい場所にしていく必要があります。
 
イメージ 3
 自分で決めて、興味のあることを楽しみたいなど高齢になっても介護状態になってもそうあるようにデイサービスでも応えていけるように取り組んでいければと思います。
 
 
↓にほんブログ村に参加しています。応援の1クリックお願いしますm(_ _)m
 
★少し覗いてみてください → 社会福祉法人 一誠会 のホームページ★
 

この記事に

十五夜の制作

イメージ 1
こんにちは
10月に入りました。デイサービスでは、季節に合わせてご利用者の皆様から意見もいただいて制作をおこなっています。
 
イメージ 2
 今回は秋にふさわしい「お月見」です。10月4日は「十五夜」です。

9月7日から10月8日の間に訪れる満月(または満月に近い)の夜の日が
十五夜」「中秋の名月」とされています。

 
イメージ 3

一説によると、丸い満月は、豊穣の象徴だとも言われ、「満ち欠けする月の様子」や「作物が月の満ち欠けとともに成長する」ことから、農作物の収穫、ものごとの結実
、祖先とのつながりに対しそれぞれに感謝し、月に祈るようになったそうです。

 
 初音の杜のお月見とうさぎさんの制作いかがでしょうか。
★少し覗いてみてください → 社会福祉法人 一誠会 のホームページ 
↓にほんブログ村に参加しています。応援の1クリックお願いしますm(_ _)m
 

この記事に

イメージ 1
先日、9月9日は「救急の日」ということで救急業務への積極的参加をおこなっている事業所に対し、八王子消防署より感謝状が送られる表彰式がありました。
初音の杜も応急手当奨励制度優良証交付事業所として、表彰式に参列させていただきました。
 
初音の杜および偕楽園ホームなど社会福祉法人一誠会の事業所では、心肺蘇生法(成人)やAED、異物除去、止血法などを学ぶ、普通救命講習を一定の割合の職員が受講しています。
心肺蘇生法は、意識と呼吸のない人に対し、人工呼吸と胸骨圧迫(心臓マッサージ)を行うことをいい、AEDは電気ショックを行う医療器具になります。
 
イメージ 2
高齢者福祉施設ということで、お年寄りの方々が過ごす場所ですので一人でも多くのスタッフが学んでおいたほうがよいものであるかと思います。
 
日ごろより時間を作り、機会を設けていることの結果ではありますが、どういった形でも表彰されるというのは励みになるものです。
今後も続けていけるようにしていきたいと思います。
 
イメージ 3
★少し覗いてみてください → 社会福祉法人 一誠会 のホームページ 
↓にほんブログ村に参加しています。応援の1クリックお願いしますm(_ _)m

この記事に

イメージ 1
一昨日、新宿の京王プラザホテルにて第12回高齢者福祉実践・研究大会 アクティブ福祉IN東京17が開催されました。この研究大会は介護現場での取組みや実践、施設全体での研究や取組みなどを発表する場です。
 
イメージ 2
社会福祉法人一誠会では、特養の偕楽園ホームで介護とリハビリで口演発表を一題ずつと初音の杜ではグループホームで口演発表一題とデイサービスでは、ポスター発表という形式で参加をしました。
 
イメージ 3
介護の現場では、スタンダードな介助方法があっても、根拠に基づき実施することが、弱いとされてきました。そのなかで、実践する介護についてその効果をはかり、有効な方法であることを検証して示す必要があるわけです。
 
イメージ 4
今回で12回目を向かえたこの実践研究発表大会ですが、ご利用者の生活にも影響を及ぼすことにもつながることもあり、各施設でも様々な方法で取り組まれていることが感じられました。
また、専門学校の学生の発表や外国人留学生の発表もあり未来を見据えた大会であったような気がします。
 
イメージ 5
現場で行われている実践をいかに世間に知らせていくかという点は継続的にこのような場で伝えていく必要があります。
★少し覗いてみてください → 社会福祉法人 一誠会 のホームページ 
↓にほんブログ村に参加しています。応援の1クリックお願いしますm(_ _)m

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事