Black and Blue

好きなものは音楽・料理・旅
イメージ 1
 
久し振りの更新です、残念ながら永ちゃんネタではありません、ご承知ください。。
 
今年も山下達郎さんのツアーが始まりました。昨年3月のグランキューブ大阪に続き今年も行って来ました。
9月14日(折しも永ちゃんの誕生日)の倉敷市民会館です。
倉敷駅からタクシーで向かったのですが結構渋滞していてヒヤヒヤしましたが何とか間に合いました。
 
ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、達郎さんのコンサートは何せ長い!
この日も6時開演で終わったのが9時20分なんと3時間20分の怒涛のライブでした。
(去年のグランキューブ大阪は3時間半をこえてましたけどね)
 
今年還暦を迎えたという達郎さんですが、声の衰えなど微塵も感じさせない圧倒的な歌声と
円熟した職人技のようなバックミュージシャンのパフォーマンスでした。
 
まったく中だるみを感じさせない完成度の高さに感動しました。
今回のツアーは全国49公演だそうで倉敷はまだ8番目だというのにもう完成されちゃってる雰囲気でしたね。
 
達郎さんがMCで「私のコアなファンは1950年台後半から60年台前半生まれくらいで
当時高校・大学・社会人1年生の頃に私の音楽を熱心に聴いていた方がたです。」とおっしゃってましたが、
まさに私もドンピシャな世代でつい「そうだよなー、ウォークマンやカーステでよくきいてたよなあ....としみじみ
してしまいました。ふと周りをみると私と同世代のお客さんも心なしか同じような表情してたような....
 
最後に「若い頃から30年たって、私たちが今もこうして音楽を通して連帯感を感じることができる、
今の若い世代の音楽ではたして30年後に同じことができるのかな。」とおっしゃってました。
そうだなまだまだこれからもやれるぞ!という勇気が沸いてきました。
 
ツアーの様子や写真などはバンドメンバーでコーラスの佐々木久美さんのブログで順次アップされています。
 
さあ年末はいよいよ永ちゃんだよ、がんばって行こう!
 
イメージ 1イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
初めての井上陽水さんのコンサートに行ってきました。
 
以前から東京出張の予定が決まっていたのでその日に何かコンサートやってないかなと探したところ
 
あー、井上陽水、そういえば一度も生で見たことなかったなー、ライブDVDは持ってるけど。
 
というわけで渋谷のNHKホールですが、ここで毎年紅白やってんだなあと思うと妙に感慨深い感じです。
 
コンサート自体はどうだったかというと、いやあ陽水さんやっぱり歌がうまい、御年63歳?
 
永ちゃんと同じくらいか......まだまだバリバリ現役ですね、すごいねこの辺の大御所の方々ってね。
 
最初はPAの関係か歌の歌詞が聞き取りにくい感じだったですが途中からよくなってきました。
 
あえて個人的で独断的な感想を言わせて頂くならば、陽水さんのバンドのギタリストで私が一番好きなのは
 
今剛さんなので今回の長田さんはちょっとタイプが違うなー。
 
長田さんは割にハードな曲がお得意のようでスローナンバーの繊細なプレイはもうひとつかな.と......
 
あくまで独断的な好き嫌いの話なので突っ込まないで下さいね。
 
NHKのテレビカメラも入ってたのでTV放映(NHKのSONGS 6月9日かな?)があればうれしいな。
 
4ヶ月振りの京都は思いがけず桜が真っ盛りでした。
イメージ 1
 
菊乃井さんにお昼ごはんの予約を入れていたのですが、予約した時点では「桜はもう終わってるよなあ」って
半分諦めてたのですが、今年は桜の時期が遅れているのでちょうど満開というベストタイミング!
 
菊乃井さんを出て円山公園までぶらぶら歩いていくと大勢の観光客さんが花見を楽しんでいます。
中でもひときわ目立つのがこのしだれ桜、そばにいるだけでパワーが伝わってきそうですよね。
 
花見を楽しんだあとは大阪に移動したんですが、雨がふってきてちょっとテンションさがり気味......
 
ところがホテルにチェックインして部屋に案内されたらなんと、スイートルームにアップグレードして頂けました。
イメージ 2
いっきにテンション復活!で結構すてきな1日でした。
イメージ 1
 
約20数年ぶりの山下達郎コンサートに行ってまいりました。
 
高校生から大学生の頃によく聞いていて20代に2回ほどコンサートに行きました。
数年前からライブ活動を再開したと聞いて行ってみたいと思っていたのですが
昨年はチケットが取れず断念しました。
今年は大阪のチケットが無事とれました。
 
グランキューブ大阪に行くのは初めてでした。ステージの幅はあまり広くないですが
ホールの奥行きは結構ありますね。
国際会議場なので残響を減らすように設計してあるそうで音楽イベントには不向きという
評判もあるそうですがどうなんでしょうね、素人にはよくわかりません。
(達郎さんは結構いい音のホールで安心したとおっしゃってました。)
 
コンサートのネタばれは書けませんが(達郎さんもブログとかで書く場合は配慮してと
おっしゃってました。)達郎さんラジオのDJを長年されているだけにMCは立て板に水状態というか
まさに東京の噺家さんを思わせる話ぶりでした。
 
曲は新旧取り混ぜてバランスよく配置されてました。新譜からの曲やアカペラコーナー、
定番のヒット曲など盛りだくさんでした。
新しいドラマーの小笠原さん、いいドラム叩きますね、素晴らしい。
サックスの宮里さんはジャズ畑の方で歌伴のバンドは初めてだそうです。
以前の土岐さんのサウンドが私の中では達郎サウンドの要なので
宮里さんは少し地味という印象もうけましたが、solid sliderでのソプラノサックスの
プレイにはシビれました。
キーボードの難波さんやベースの伊藤さんは昔からのメンバーですが、
難波さんは昔イケメンでしたが今はキレイなお母さん?みたいな顔立ちでした。
(ファンの方怒らないでね)
 
コンサートは3時間半におよぶボリュームたっぷりで終わった時には10時過ぎてました。
来年は達郎さんも還暦だそうで還暦コンサートやりますと宣言されていましたので
またコンサートに行けるといいなと思っています。
永ちゃんといい達郎さんといい60歳前後の方々が精力的に活動されているのをみると
自分もまだまだ頑張ろうと勇気が湧いてきます、感謝です。
 
 

ギブソン J-45 ゲット!

 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ふふふ、ゲットしちゃいましたー。ギブソン J-45  永ちゃんとおんなじギターなんだよね。
 
これからこの子を弾きこんでやっていいギターに育てていきたいものです。楽しみ〜。
 

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事