全体表示

[ リスト ]

オラの泉

マルセル・デュシャンの「泉」という作品をポンピドゥーセンターの展覧会で破壊した人が、
執行猶予付きの判決を受けたという記事を読みました。

犯人はこの作品が大好きなアーティストで、「好きで好きでたまらねえから、やっちまった」
だそうです。(ジョンレノンを撃ったチャップマンみたい)

便器に「泉」というタイトルを付けたこの作品は、教科書にも載っているので知っている方も
多いと思いますが、いわゆるダダイズムというジャンルの作品に分類されます。

ダダイズムというのは簡単に言うと、今までのお上品な芸術なんて付き合ってらんねえよ、
そんなものを信じてる古くて固い頭をぶち壊してしまえ! というような思想ですが、
日本で一番有名なダダイズムの作品はウルトラマンに登場する怪人ダダでしょう。(笑)
http://www.p-dd.co.jp/works/man/index.html


『古くて固い頭』という言葉は、納得できるようでかなり曖昧です。

A部長:「女は結婚したら家に入って炊事子育てをするもんだ」
B社員:「部長さん、頭固いですねえー」

C信者:「尊師は空を飛べるんです、予知能力もあるんです、言うこと聞いといた方がいいですよ」
D男性:「空を飛べるわけないでしょ」
C信者:「信じないんですか、頭固いですねえー」

A部長は確かに『古くて固い頭』だと思われますが、D男性が『古くて固い頭』だと思えないのは
何故でしょう。

それはC信者が非科学的なことを言ってるからというのは、申し訳ありませんが全然ダメ、0点です。

尊師と呼ばれる人が実は空を飛べ「ない」ことや、霊能者と呼ばれる人が前世を見られ「ない」ことや、
霊的タレントと呼ばれる人がオーラなんて見られ「ない」ことや、バグを予知できると言っている
私が実はそんな予知は全く出来「ない」ことは、科学的に証明する事はできません。

その人が「できる」といった瞬間から、それを否定するためには「できない」ことを証明しなければ
なりませんが、ご存知のように「できない」ことを証明するのは不可能です。
(だから「君の前世は***だから、こうしなさい」といわれたら、素直に
 「自分は前世のことを覚えているが、***ではなかったですよ」と言ってください。
 誰もあなたの言葉を否定できないんですから。)


ダダイズムが壊したかった『古くて固い頭』というのは、別の言葉で表現すれば
「それが当然だという考えを人に押し付ける、権威の体系」と言い換えられます。

「Web系でミッションクリティカルな金融システムを構築するのは無理に決まってる」に対して、
「Web系でも出来る場合もあるんじゃないの? 『古くて固い頭』だなあ」です。

そこで「汎用機なんて古すぎ、今はWeb系で開発するのが当たり前」と言ってはダメ。
それは「Web系で開発するのが当たり前」という新しい権威、新しい『古くて固い頭』を
再生産するだけです。

「あなた前世は***だから、****に気をつけること」
「あなたのオーラは***だから、こうしなさい」
「尊師は空も飛べる予知能力者だから、言うことを聞きなさい」

誰かの発言が「それが当然だという考えを人に押し付ける、権威の体系」を作ろうとするもの
であれば、それを否定する事は決して『古くて固い頭』にはなりません。


そういえば、もう一つ。日本の有名なダダイズムの作品を忘れていました。
「クレヨンしんちゃん」です。
しんちゃんがデュシャンの「泉」を見たら、きっとこう言うでしょう。

「オラの泉だ!」

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事