疾風 - 自由日記

大臣認定を受けていない海上工場は、建築基準法違反です
ダイニーマ(Dyneema)に代表されるハイテク・ロープは、一般のナイロンやポリエステルのロープの4倍以上の破断強度がある。  しかし摩擦が小さいため、ロープを結んで固定するのでは、その強度を発揮できずに、結び目で切れるか、ほどけてしまう。  そこで、端部をアイ・スプライス(Eye Splice)して使用して結び目を避ける必要があります。

イメージ 1

「SK78」(シングル・ブレイド 12ストランド)を使ってアイ・スプライスを作るのは簡単だったので、作り方を備忘録にまとめる。

イメージ 16

シングル・ブレイド(Single Braid): 
カバーや芯のないロープ。 ハイテクロープのシングルブレイドは一般に12本のストランドで編まれている。 指で網目を開いたり、閉じたりできる。 詳しくは、こちら

イメージ 17
ダブル・ブレイド(Double Braid): 
シングル・ブレイドにカバーが付いている。

アイ・スプライス (両端自由)
ロープの直径をΦとする。
こちらのビデオを参考にしました。 ご覧になってイメージを固められると良いと思います。

1.ロープの端から30Φと60Φの位置に①番と②番の印をマジックでつける。   アイの大きさを決め、③番の印をつける。 ③番から80Φの位置に4番の印をつける。

イメージ 3


イメージ 2

2.③番の部分を押し広げ、短い方のロープの端(以下S端という)を③番に通す。
イメージ 4

イメージ 13

3.通すときには、12本のストランドが、6本づつに分かれていることを確認する。
イメージ 5

4.長い方のロープの端(以下、L端という)を②番に通す。
イメージ 14

5.②と③とを同じ位置に合わせる。  アイが正しい大きさになっている。
イメージ 6

6.③番からロープの直径の距離の所へ、S端を差し込み、④から引き出す。
イメージ 7

イメージ 15

7.そのままS端を①番の印が見えるまで引き出す。 
イメージ 8

8.12ストランドのロープなので、①から先端までを12等分し、印をつける。 つまり、1.5Φの間隔の印。  
印は、ロープの半周させる。
イメージ 9

9.S端をテーパーするために、各印の位置で、ストランドを1本引き抜き、切断する。  
テーパー: ロープの断面積が、急激に変わるところに応力集中が起き、そこが弱くなるため、それを避けるために徐々に断面積を減らす。
イメージ 10

10.差し込んで太くなった部分を矢印の方向に伸ばすと、ロープは、細くなり、S端のテーパー部分は、ロープに隠れる。
イメージ 11

完成。    ④にはマジックの印が見えるだけ。 
イメージ 12

さて、上記の方法ではロープの両方端をロープの中に通すため、ロープの片方の端にしかアイを作れない。 この問題を解決する方法は次回に。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ハイテク・ロープ(SK78)で、バウ・スプリットが左右に倒れないようにした。
イメージ 1

イメージ 8

普通はスチール・ワイヤーを使用する。
安く簡単にできるため、ハイテク・ロープを使用することが、アメリカでは増えている。  
ハイテク・ロープは強い、伸びない、軽いと素晴らしいが、摩擦が小さく滑りやすい為に、結んで固定するのでは、せっかくの強さが発揮できない。 そこで、結ぶ代わりに、スプライスする。

先端はアイスプライスで金具に固定している。
イメージ 2

ロープの種類(編み方)によっては、とても簡単にスプライスできる。

今回作った様々なスプライス。  
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

ソフトシャックル。  写真から無駄な尻尾を切って完成。
イメージ 6

スピン・シートのエンドのアイ。  力仕事でした。
イメージ 7

とても勉強になった。 内職は続く。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


ヨットにボルト穴を慎重にあけた。
海水や雨水が船内に入らないようにシリコンで防水するが、はみだしたシリコンで船が汚くなる。  そこで、まわりを青いテープで養生した。
きれいな仕上げには、養生が大切。
イメージ 1

仮止めして、間違いがないことを再確認。
ウインチと一緒に、ロープを止めるカム・クリートも取り付ける。
イメージ 2

Oさんから教授された、シリコンで船を汚さないために手順は:−
1. シリコンはウインチ塗らず、船体側に塗る。
2. ウインチの円周とボルト穴の周囲にのみに塗る。
3. ウインチを船体に乗せる。
4. ボルトのFRP貫通部分にのみシリコンを塗り、ボルトを差し込む。
5. 船内側からボルトの出口の部分のみにシリコンを塗る。
6. ナットを絞めた後、濡らした指で、はみ出たシリコンをふき取り、形を45度に整える。

ウインチとカムクリートの取付完了。
イメージ 3

フロートにもUボルトの取り付け。
もっとフロートの先端部に取り付けたかったが、手が届かない。
工事穴を開ければ良いのだが、この位置で妥協した。
イメージ 4

セイル追加の準備は進んでます。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

別府は、晴れと雨の繰り返した一日だった。
3日前は夏日だったが、今日は寒い。
雪が降ったと言われ、半信半疑で鶴見岳を見ると、雪が積もっていた。
寒いはずです。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

疾風に、小さなウインチを2つ取り付けることを考え、安いウインチを探した。
安くても5万円。
Oさんに話すと、古いウインチを手持ちから出してくれた。
2つで1000円。  有難い。
イメージ 4

で、クリーニングのためにウインチを分解。
部品のスプリングが1本なくなっていた。
イメージ 3

製造会社のBARIENTはもうないが、West Marineでスプリングが見つかり一安心
スプリング10本で、$12。  しかし送料は$53。  しょうがないですね。

クリーニング完了。  船に取り付けた後、グリスを塗る。
イメージ 1

次は、ウインチの下のFRPにあてる裏金を作る。
ウインチと一緒に頂いた裏金を、このウインチに合わせてボルト穴をあけ、
幅の狭い取付位置に合わせて切断し、大きさを調整した。
イメージ 2

これで、ウインチの準備は完了。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事