疾風 - 自由日記

大臣認定を受けていない海上工場は、建築基準法違反です

船底塗装 - 2019年3月17日

午後、OさんジュニアとM原さんに手伝ってもらい、疾風を上架した。
強風のため、作業は楽ではなかった。

貝は全く、ついておらず、海藻による汚れだけだった。
温泉の効果なのか?  貝が育たない港は、不気味だ。
イメージ 1

ジェットで海藻を飛ばすと、ペンキのきれいな青。
船体とフロートとの間に発泡スチロールのフェンダーを挟み込み、少しスロートを開いた状態で畳んでます。 完全にフロートを畳むと、ペンキの塗れないところができてしまうのです。 
イメージ 2

23年間の錆汚れを、取ったところで、終了。
明日から、ペンキを塗り。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

春ですね。
イメージ 1

確定申告も終わり、今週2度めのセイリング。
風は2メートルも吹いていないので、昨年取り付けた新セイルの練習に最適。
スムーズな操作ができず、ドタバタしている。。
イメージ 2

弱すぎる風なのが、ちょうどいい。
イメージ 3

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

久しぶりに夜から外出。
ウーマンラッシュアワー村本大輔さんの独演会へ行った。
「ウーマンラッシュアワー村本が突如別府に現れ面白くて正しいことをまくし立てて帰っていく45分」という題名。  
イメージ 1

場所は、別府の民家カフェ uri chip
2日前に急に公演が決まったというのに、人気で急遽2回公演となった。 
イメージ 2

社会的に弱い立場の人に人々の注意を向けようとさせる村本さんのお笑い。
日本の社会や政治の問題点にスポットをあて、パロディ、自虐、皮肉。
 テレビ「THE MANZAI」での数分の持ち時間では、社会や政治の問題点を羅列するしかないが、独演会では一時間以上じっくり。  
狭い会場だったので、ドリンクのお代わりができなかったことが、唯一残念だった。

昨年6月には、映画「コスタリカの奇跡 〜積極的平和国家のつくり方」(別府ブルーバード劇場)とセットの独演会だった。   この映画を見れば、軍隊なんか必要ない事がはっきりと分かります。

この時は、お酒の持ち込み自由だった。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


ところが、寺澤有氏のツイッターを読んで、びっくりした。

国民も報道関係者も勘違いしていますが、憲法が保障する「報道の自由」は絵に描いた餅で、判例上は「役所から記者クラブへの便宜供与」と解されています。

判決は、「報道の自由や取材の自由は、国家機関が介入してはならないという消極的な権利にとどまるものであり、記者が国家機関に何かを請求できるという積極的な権利ではない」とした。 

寺澤有氏が原告だった第2次記者クラブ訴訟の判決に関する高田昌幸北海道新聞記者(当時)の記事です。   特に傍線部に注目してください。
イメージ 1

記者クラブは広報機関にすぎなかった。  誤解していた。

官邸記者クラブのある全国紙記者は「望月さん(東京新聞記者)が知る権利を行使すれば、クラブ側の知る権利が阻害される。  官邸側が機嫌を損ね、取材に応じる機会が減っている」と困惑する。

10年以上も前に判決が出ていたのに、マスメディアは、さも国民の知る権利を守っているように装ってきた。  実際は、国民には知る権利がなかったのだ。

記者会見を政府広報の場から、国民の知る権利の場に変えなければならない。
特権にあぐらをかいた記者クラブを壊す必要がある。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

最近、事務仕事をしながら、走りながら、国会中継を聴くのが、マイブームです。 
NHKが放送してなくても、ネットで中継を観れるので、大丈夫。

まるでミステリー小説を読んでいる感じで、 野党議員が矛盾を突きながら一歩一歩前進しています。   今日も、厚労省 姉崎元統計情報部長は、官邸の関与を否定しました。

ところが、今日の国会終了後、これまでの国会での政府の虚偽答弁を完全に覆すメールが公開されました。   実質賃金上昇偽装のために官邸が統計の取り方を変えるべきだと、厚労省と有識者検討会委員の判断に介入したことを示すメールが出てきたのです。
イメージ 1


アベノミクスの成功を示す統計にしようと官邸は、介入したのです。  このメールの添付資料が公開されると、すべてが、明らかになるでしょう。

立憲民主党 逢坂政調会長の動画①と②、「まったくの嘘っぱちだ。  今までの予算委員会、何だったんですか。これほど国会に、嘘をついているんですか。  ひどすぎる」。

月曜日の国会が、楽しみです。  NHKは放送すべきです。
立憲民主党の予算委員会発言表(案)です。
イメージ 2

明日の朝刊で書かなければ、新聞変えるぞ。

この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事