アートが丘

「嵐が丘」のヒースクリフの思いは想像力?強迫観念?

山田正亮の絵画は継承展開されたのか  早見堯

<アーカイヴhayami> 「現代の眼621号」2016年12月 東京国立近代美術館 「 山田正亮の前に山田正亮の先駆者は見えない。山田正亮の後にも後継者としての山田正亮はみあたらない。」4年前、雑誌「アート・トレース」の「山田正亮」特集に寄稿したときのわたしの文章の断片だ。本当にそうなのかどうか、ときどき思いだしては考えていた。  そんなとき、東京都写真美術館で杉本博司の「ロスト・ヒューマン」展を見て思いをあらたにした。展示されていた杉本の作品のなかで、山田と関係があるのは次の二種類だ。京都、三十三間堂の千手観音を撮影した「仏の海」と、すでによく知られている「海景 「仏の海」は階段状に整列した千手観音が撮影されている。当然、千手観音の繰り返しということになる。「海景」は海と空との均等二分割。「繰り返すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事