全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全65ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

iPhone

イメージ 1

iPhone Xに機種変更しました。
カメラ機能は優秀だし、ホームボタンがなくても操作は問題ないし、顔認証の速さは感動ものです!化粧しててもすっぴんでも、メガネかけてもかけなくても、ロックが解けるのは一瞬。
しかし…
喉の弱い私は、冬場はよくマスクをしてるんですよね。当たり前ですが、さすがに顔が半分隠れていると認証されません。即ち、ロック解除しようとする前に、いちいちマスクを下ろすか、パスコードを入れるかしないといけないわけです。
これなら、指紋認証の方が速かったなーと正直思います。まあ、冬さえ我慢すればいい話なんですけどね。(^_^;)

他の不満は、今のところ、せっかくの長い画面が大して生かせてないってことかな。写真は普通に撮っても上下切れてるからiPhone8以前と同じだし、アプリもiPhone Xの画面に対応しているものはまだまだ少ないです。
今後、iPhone Xならでは!って感じの素敵なアプリがきっと開発される…されないかな(笑)

ちなみに、キャリアはauです。アップグレードプログラムEXに半ば強制加入みたいなもので、「二年で機種変すれば実質半額!」っていう買い方しかできません。
お得なようですが、月々390円払わないといけないし、なにより「機種変更した際、旧機種を回収させていただくこと」が条件ですからね。
二年後、iPhone Xが半額より1万円以上下回る買取価格に値下がりしてたら勝ちってことになるのかな?嬉しくないけど(笑)



ここらで一つ、思い出話。
20年以上前、私が生まれて初めて買ったコンピューターは、AppleのPower Mac7500/100でした。学生時代、コンピューターグラフィックスに憧れて、「絵を描くならMacだよ!」という誰かの言った言葉を信じ、お金をはたいて買いました。まだ周りの誰もその存在を知らなかった、AdobeのIllustratorとPhotoshopと共に。
当時は、Winが右利きならMacは左利きのようなもので、世の中なんでもWin仕様。インターネットを繋ぐのも、ソフトをダウンロードするのも、不便で不便で…💦
問題が発生しても、誰も解決方法を知らないしね。(苦笑)
でも、そんなMacを愛していました。手間をかけて色々な壁を乗り越えるたび、愛着が湧いたものです。お馬鹿な漢字Talkのことえりちゃん、あの恐るべき爆弾マークや、目が××になったSad Macちゃんの顔までも。
以来、世の中にどんなトレンドが来ようと、メインコンピューターはMacを貫いて来ました。

ええ、ジョブズが亡くなった時は寂しかったですよ。。。


彼がいなくなって、Appleへの信心は薄れたか?

うーむ。。。

ジョブズがいなくても、やっぱりMacが好きですよ。
理由は単純。私にとっては、会社で使ってるWinのノーパソよりずーーーーーっと使いやすいんですもの。

でもとりあえず、もし次のApple製品に魅力を感じなかったら、買わない勇気はあると言っておきましょう。(笑)
イメージ 2

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

久しぶりの漫画

ご無沙汰しております。
久しぶりに正式な漫画を描きましたので、よかったら御覧ください。
「クレバリーホーム」という住宅建設会社のHPのために描き下ろした漫画です。

掲載サイトはこちらになります。
よろしくお願いします。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

8/9
今日はついに、寧夏観光の、メインっイベント〜〜〜!!!
東方のピラミッドとも称される、西夏王陵へ!
砂漠の中に、幻の都、西夏を治めた王達が眠っているのだ。
 
ホテルから新月広場まではタクシーに乗り、そこから西夏王陵行きのバス遊1路に乗り換えて、1時間ほど。
 
西夏王陵に着いた。
イメージ 1

抜けるような青空!
砂漠を照りつける太陽!
とうとうここまで来たんだなあ。
 
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 47

西夏文字だー!!かぁっこいい〜〜〜♡
 


チケット代60元を払い、門の中へ。
 
イメージ 4

西夏陵!
 
広い。果てしなく遠い。
しかし、遮るものは何もなく、墓まで一直線だ。
 
イメージ 5
この三号陵は、西夏を建国した李元昊の陵墓だと書かれている。
千年前に、一歩一歩近づいて・・・
ついに目の前に。
イメージ 6
大きい!
千年の間に風化してこのような土の塊になってしまったが、元は雲台という八角形をした美しい塔だったらしい。
イメージ 7
静かに熱い風が吹くこの地で千年間、土に眠る王は何を見続けて来たのだろうか。
 

陵墓を見学した後は、数多くの出土品が展示されているという西夏博物館へ。
イメージ 8

イメージ 17
 
イメージ 9
「西夏文残碑」
この出土品は、入り口に飾ってあった大きな石のオブジェの元になった物だな。
 
イメージ 10
おお!あの巨大な土饅頭のような陵墓が、元はこんな素晴らしい姿だったのか!
 
イメージ 11
「日本の西夏研究科の西田龍雄が討論会で発言」と説明されている。
京大の西田龍雄先生は、初めて西夏文字を解読なさった方だというのに…もっと扱いが大きくてもいいはずだ!
 
イメージ 12
井上靖の「敦煌」、あった!!
これに誘われてここまで来たのよね…
 
イメージ 13

イメージ 14
<中国主要文物景点分布図>という立体地図の中に、わざわざ尖閣諸島が!
こんなにでかいわけあるかーい!(苦笑)
 
イメージ 15
映画「敦煌」で渡瀬恒彦が演じていた李元昊をはじめ、歴代の西夏の黄帝がずらりと。

イメージ 16
幻の王朝、西夏の宮殿では、黄帝と皇后がこんな鮮やかな衣装を着て、暮らしていたのかしら・・・

イメージ 18
博物館の裏には、射的場が。西夏文字がぶら下がっていて、李元昊に仕える兵の気分が味わえる。

見ごたえのある素晴らしい博物館だった。
千年もの間静かに待っていてくれた西夏のロマンに身を浸し、大満足して帰路についた。
 


お昼ご飯は市内のイスラム料理屋で。
イメージ 19
メッカの絵が飾ってある。ここの回族達も、やっぱり一度は巡礼に行きたいんだろうなあ。

イメージ 20
羊の肉団子と卵焼き。なんか、中華とイスラムが混ざったような不思議な風味だった。
 


イメージ 21
午後の観光、一発目は、明代の楼閣である玉皇閣へ。伝統建築様式を残した数少ない楼閣の一つだそうだが…残念ながら中には入れず。

イメージ 22
続いては、寧夏回族自治区で最大のモスク、銀川南関清真大寺へ。
明代末の創建だそうだけど、わりと綺麗で近代的だな。
…と思ったら、文化大革命で破壊された後、1981年に再建されたらしい。あ〜、やっぱり文革って最悪だ!!
 
イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26
礼拝堂には回教徒しか入れなかったが、外から除くと礼拝用の美しい絨毯がびっしりと敷き詰めてあった。

イメージ 27 
外には、礼拝時刻(サラート)を指す時計が。
ここに書かれている漢語の意味を調べてみると、
幇布達(晨礼(فجر))ファジュル 夜明け前
暼史尼(shang礼(ظهر))ズフル 日の出からアスルまで
迪盖儿(bu礼(عصر))アスル 影が自分の身長と同じになってから日没まで
沙木(昏礼(مغرب))マグリブ 日没から日がなくなるまで
虎伏(宵礼(عشاء))イシャ 夜
とのことだった。
 
イメージ 29

イメージ 28
モスクの近くには、イスラム教徒御用達の専門店がたくさん。
中国に住む回族の皆さんの生活を身近に感じることができて、嬉しかった。
 
イメージ 30
モスクを離れ、再び銀川商城へ。
地元の人にまじって、しばし買い物を楽しんだ。

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33
銀川商城の地下に降りてみると、何やら急に怪しい雰囲気が漂って、タトゥーの専門店が建ち並んでいるのに気づいた。うわー、なんだここ!?
中国語で、タトゥーは「紋身」。
「修改失敗紋身」…言ってることはわかるけど、漢字にするだけで何故こうもオドロオドロしいのか。
不気味なので、早々に立ち去った。
 
イメージ 34
外に出ると、日暮れ間近。
巨大な西夏文字が書かれた道路をてくてく歩く。
 
イメージ 35
見れば道端でも、タトゥーを彫っている人がいるんだなあ。
衛生的には問題がある気がするけど、まあ、刺青って古代からある文化だものね。
 

銀川最後の夕飯の時間。
地元の人で賑わう、外の屋台で食べちゃおう!
昼間に行ったモスクの近くに、確か屋台街があったはず。


イメージ 43
ものすごいスイカの山!!

イメージ 44
様々なスパイスと、お肉の焼ける香り!

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39
気のいいおじさんが焼いてるお店で立ち止まる。
定番の羊肉串♪ジューシーでスパイシーで最高!

イメージ 40
スイカ串だって食べちゃうぞ〜♪(このお兄さんにどっから来たか聞かれたので日本と言ったらビックリされた。)

イメージ 41

イメージ 42
葡萄も買っちゃうぞ〜♪
 
イメージ 45

イメージ 46
最後に、ホテルの近くの土産物屋で寧夏名産葡萄のワインを買って、この日は終了。
盛り沢山な一日だった。

夢にまで見た西夏の都。
明日の飛行機で北京に帰り、そして日本へ帰らなければならない。

今宵は千年前の夢を見て、三田佳子に負けないような西夏の女を演じてみよう。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

イメージ 1


★去年のことになりますが、格安航空券販売サイトの「skyticket」が、世界の観光地を紹介するキュレーション記事を書くお仕事を募集していました。
「大好きな旅行ネタを書いてお金がもらえるなんてラッキーじゃん♪♪」ということで、得意分野の中国マイナー都市を中心に、ベトナムの都市など、いくつかお仕事を引き受けました。

ここで私が書いたページをご紹介します。
記事の中で使用している写真は、半分以上、自分自身が旅行中に撮った写真です。

実はこのお仕事は、全部冬休み中にやっていました。
楽しかったのですが、文章を書くにあたっての制限が多く、自分がベストだと思う語彙や表現を使わせてもらえなかったり、入れたくない単語を入れなければならなかったりというストレスが…(^_^;)
そして、長期休みが終わると、やはり忙しくて書いている暇がなくなったので、もうやめてしまいました。
短い時間でしたが、良い経験になりました!!

◆悠久の歴史と壮大な絶景を巡る旅へ!中国のおすすめ観光スポット13選
https://skyticket.jp/guide/84434
◆ベトナム独立を賭けた激戦地!ディエンビエンフーの観光スポット5選
https://skyticket.jp/guide/99774
◆爽やかな高原の町!ダラットのおすすめ観光スポット5選
https://skyticket.jp/guide/99790
◆中国だけどイスラム世界!ウルムチのおすすめ観光スポット5選
https://skyticket.jp/guide/115375
◆まさにユートピア!美しい自然が広がるシャングリラの観光スポット3選
https://skyticket.jp/guide/115357
◆モンゴルの英雄・チンギス・ハーン縁の町!ウランホトの観光スポット3選
https://skyticket.jp/guide/104844
◆中国のグランドキャニオン!恩施のおすすめ観光スポット4選
https://skyticket.jp/guide/101080
◆西夏王国の都!銀川のおすすめ観光スポット6か所をご紹介
https://skyticket.jp/guide/69207
◆北朝鮮との国境の町!丹東のおすすめ観光スポット5か所!
https://skyticket.jp/guide/84236
◆世界遺産・雲崗石窟を見に行こう!大同のおすすめ観光スポット6選
https://skyticket.jp/guide/91059
◆中国文明発祥の地!鄭州のおすすめ観光スポット7選
https://skyticket.jp/guide/89479
◆世界最大の関羽像に会いに行こう!!荊州のおすすめ観光スポット5選
https://skyticket.jp/guide/90553

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

似顔絵

先週、中国語の授業中に先生の似顔絵を雑に描いていたら、なんと先生がそれを気に入り、写真を撮ってSNSのプロフィール画像にしてしまったのです。(驚)
イメージ 3


こんな汚い絵ではいかんと焦り、改めて似顔絵を描き直しました!使ってくれるかなー😅

イメージ 4

イメージ 1

イメージ 2

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全65ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事