ここから本文です
イメージ 1

日本帝国海軍の上層部の平山忠道造船中将(田中泯)は世界に威厳を示すための巨大戦艦大和の建造に意欲を見せるが、海軍少将の山本五十六(舘ひろし)は今後の海戦には対航空機戦闘を考えた航空母艦の方が必要だと主張する。進言を無視する軍上層部の動きに危険を感じた山本は、元帝大生の天才数学者・櫂直(菅田将暉)を軍に招き入れ、特別会計監査課課長として、平山案の見積もり金額の嘘をあばくために海軍主計少佐に抜擢する。櫂の役割は、戦艦大和の設計図も建築資材や人件費などの見積もり資料を隠蔽妨害された状態でありながら、卓越した数学的能力をもって大和建造にかかる高額の費用を試算し、軍部の陰謀を暴くことだった。

7月に紹介する2本目の作品の時代の舞台は、丁度、日清戦争(1894年/明治27年〜1895年/明治28年)と日露戦争(1904年/明治37年〜1905年/明治38年)で勝利して、その軍事力に自信を持っていた日本帝国軍が、真珠湾攻撃で開戦する第2次世界大戦開戦前の、昭和8年(1933年)の日本軍の中枢が集まった幕僚会議室のことから始まる、開戦直前の緊張した戦争映画『アルキメデスの大戦』(2019年公開、 山崎貴監督)でした。戦争は会議室の中で始まっていた。

「週刊ヤングマガジン」連載の三田紀房原作コミックをネタ本にした日本戦争史の、いかにも劇画らしいドラマチックな戦争秘話の映画です。だから、単にこれまでの戦争映画のように連合軍と日本、ドイツの敵味方の攻防に終わらずに、或はベトナム戦争や中東戦争の戦闘交戦を描く映画に終わらない戦争映画でした。劇画らしいドラマチックなシーンは、恰も最高機密巨大戦艦「大和」の誕生秘話が海軍士官が集まる会議室を覗くように描かれているのは、この作品の最高の魅力だろうーネ。

広島呉にある大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)には、設計図や写真、潜水調査水中映像などをもとに、可能な限り詳細に再現しました10分の1の戦艦「大和」の縮小模型が展示されているようです。映画を見た後、私も呉で見たくなりました。ミュージアムでは映画公開前に戸皸貔館長と主演の菅田将暉を交えたイベントもあったようです。「館長ノート№49」と下記サイトをご覧あれ・・・。ttps://natalie.mu/eiga/news/340130

さて、櫂直を特別会計監査課課長として海軍省の一室を用意して、平山案の見積もり金額の嘘をあばく作業を始めたが、建造費の見積もりに必要な戦艦大和の設計図も建築資材や人件費などの見積資料を全て隠蔽された櫂直は、窮余の策で史上初めて41センチ砲を搭載した戦艦した「長門」…、排水量基準39,120トン、全長224.94m、最大幅34.59mのこれも「大和」「武蔵」建造前には、竣工時は世界最速・最大の巨漢戦艦であった「長門」に乗船して、長門のあらゆる寸法をメジャーで計る奇行を始める…。櫂の数学的な才能は、全くの素人にもかかわらずそこから大和の建造図面を引き、かつて尾崎財閥の経営する尾崎造船にいた大里造船の大里清(笑福亭鶴瓶)から提供された資料から詳細な軍艦の見積もりを試算した…。この天才数学者櫂が着々と「大和」の建造費を算出していく過程で、最後に軍艦の鉄の総重量から建造費を算出する画期的な公式を発見する。この会議室の場面はやはりこの映画の魅力的な盛り上がりのシーンかもしれませんーネ。

戦艦大和は、アメリカ軍による航空隊386機(戦闘機180機・爆撃機75機・雷撃機131機)の波状攻撃を受け、飛行機からの魚雷攻撃とロケット弾の攻撃で被爆し、火炎吹き上げ傾き、横転しながら巨大な46センチ主砲3基9門が海面にしなだれて沈没するシーンはリアルでした。戦艦大和は、北緯30度43分 東経128度04分、長崎県の男女群島女島南方176km、鹿児島県の宇治群島宇治向島西方144km、水深345mの地点に沈んだ…。

この映画を見て私が強く感じたことは、日本の造船技術の優秀さだろうかーナ。科学技術全般に言えることだが、新しい技術は軍需産業の破壊兵器に転用され、いかに効率よく人を殺す科学技術と武器を開発する研究開発の中で、新し科学技術は発見されるものです・・・ネ。高速高精度のエンジンや軽く頑丈な特殊な金属など科学技術と発明は軍事技術の開発の中で発見されるものです。日本の造船技術は、この映画で登場する「長門」や「大和」や「武蔵」などは世界的に大変優れた戦艦だっただろうーナ。恐らく、アメリカ軍とGHQは日本とドイツの科学技術を軍事的機密として、そっくり全部接収横取りし、アメリカの軍需産業に提供されただろうことは想像がつきます。

尚、戦艦「長門」は終戦後、半壊状態でアメリカ軍に接収曳航され、太平洋上のビキニ環礁での原爆実験の標的艦として沈没したようです。


イメージ 1
7月の1本目は、以前は殺し屋だった天才シェフのボンベロ(藤原竜也)とウェイトレスのオオバカナコ二(玉城ティナ)と殺し屋専用のレストラン「ダイナー」が舞台となった『Diner ダイナー 』(2019年公開、蜷川実花監督、平山夢明原作、河合孝典の漫画『DINER ダイナー』)でした。

私は映画を見る時にいつもいつも、映画監督はこの映像で「何を?」を表現したいのか・・・、この作品の主張は「何なのか?」、それはこの映像の「何処に?」あるのか・・・と自分に問いかけるのですが、この『Diner ダイナー 』はそれを全く拒絶する作品でした。原色のサイケデリックな映像の色彩感と俳優たちの全身の入れ墨と純真なあどけないない素顔と、喪失感の強い迷い児のようなウェイトネス姿のオオバカナコ二が舞台の上で混沌とした台詞と身振り手ぶりの連続の映像ですーネ。

私たちは、TVドラマを見慣れ過ぎているので、起承転結のストーリに沿った淡白な演技と説明的なセリフと、即席で演技を完成するTVの表現形式でないと、やはり感情移入ができなく、物足りなく感じますーネ。

比ゆ的にいえばどちらかと言うと、前衛劇団の舞台のようでした。人によっては、こんな抽象的で色彩あふれる映像が大好きという人も居るだろうーネ、でも、『Diner ダイナー 』は、TVドラマの娯楽性の反対側の映像世界なので、この私には映画として全く観る意欲を削がれました。こんな監督は、映画ではなくて舞台で自分の感覚を実験しててほしいですーネ。前作の『ヘルタースケルター』(2012年公開)は面白かったので私は観ましたが、やや期待外れの作品でした。監督の才能の枯渇かーナ。

イメージ 1












6月に紹介する4本目の邦画は、日立鉱山が吐き出す亜硫酸ガスによる煙害によって、山林が枯れ、田畑の農作物も枯れる甚大な被害を受けた近隣農民の反対運動に対して、入四間村の郷氏・関根三郎たちと、日立鉱山職員・加屋淳平たちの奔走によって、解決策として建築された巨大な煙突をテーマにした『ある町の高い煙突』(2019年公開、松村克弥監督&脚本、新田次郎原作、松村克弥脚本)でした。

明治9年、古河市兵衛に買収されてから10年足らずで生産量日本一の大銅山にのし上った渡良瀬川上流にある足尾銅山へのもたらされた沿岸農村の鉱毒への反対運動は、栃木県選出代議士の田中正造を主人公とする映画はあったが、日立鉱山の煙害を舞台とする映画は初めてのようです。足尾銅山の映画『襤褸の旗』はよく知られてます。日立銅鉱山と煙害と日立の大煙突建設のエピソードは始めて知りました。

しかしどちらも、時代背景は日露戦争の始まる日本の近代化と富国強兵と帝国主義の時、銅資源の需要が急速に求められた共通点かあり、資本家たちにとっては金になる鉱山産業でした。でもーネ、今でも日立市は日立の企業城下町ですが、私の見た限りでは、公害と環境破壊の反対運動の作品というよりも、煙害に対して生死をかけた生活破壊の煙の被害と反旗にに対して、企業が農民のために巨額なお金を投じた美談のようにも思えました。大変地味な映画で唯一の盛り上がりを見せたのが、加屋淳平の妹で結核で亡くなった千穂と関根三郎との間の淡い恋物語だけでしょうか。私も途中で倒壊し、山腹に残っているこの産業遺産を一度見たいと思いました。

イメージ 1

裏社会で「ファブル」と恐れられる天才的な殺し屋(岡田准一)が、彼の育ての親・ボス(佐藤浩市)から殺し屋稼業を1年間休み、大阪で地味な生活を送れーと命じられる。ボスの真意は、殺し屋から足を洗わせ、カタギにさせてやりたいという温情からでした。そこで、因縁のある大阪のヤクザの組織の世話で、マンションの2階の部屋を与えられて、佐藤明という偽名で、相棒のヨウコ(木村文乃)と二人、兄妹という設定で生活を始める。2本目は、根っからの殺し屋、6秒で瞬殺する凄腕の暗殺者、人を殺すことに自分の全人生と感覚とテクニックを磨いてきて、人を殺すことしか知らない世間知らずの暗殺者が、普通の生活をしようとシミッタレでけちなチラシの会社でアルバイトまでする。アクションスターの岡田准一にしてはやや滑稽な3枚目のような殺し屋を演じるアクション&ハードボイルドな映画『ザ・ファブル』(2019年公開、江口カン 監督)でした。クールな二枚目のアクションスターが、ズッコケた仕草とずれた行動が、今までにないコケテッシュな岡田准一が初めて演じる3枚目作品でした。鋭敏過ぎて、度のすぎた猫舌のあまり熱々のサンマまで、フウフウして冷ましても、口に入れた途端に「熱い」と飛び上がる。

その凄腕の暗殺者・ファブル…、もう一つの顔の3枚目の佐藤明が、ジョギングをしていた普通の女性ミサキ(山本美月)に淡い親近感を感じ、彼女の「世話になった」恩返しの義理を感じる。彼女はアルバイトをいくつも掛け持ちして父親の借金を返済している苦労人でした。しかし彼女の過去に、お金のためにクラビアヌードの雑誌に騙されて出演していた・・・。彼女のアルバイト先のチラシ会社で一緒に働くことになる。彼女を助けることが、再び彼を元の世界に戻す。

まあ暗殺者ね、吉本の芸人・宮川大輔のジャッカル富岡役のギャグにゲラゲラ笑う殺し屋が、いかにも週刊ヤングマガジン連載の漫画(南勝久)らしい原作でした。漫画ではワンポイントの殺し屋の滑稽な脚色になっているのかもしれないが、でもーネ、実写映画では岡田准一の笑いがナンカわざとらしくぎこちなく見えました。劇画を読んでないので映画のストーリしか知らないので、ファブルのボスが彼の本当の父親なのか、単に育ての親なのか関係性がよく分かりませんでしたーネ。漫画らしいストーの不明な点があれこれありましたが、まあまあ、暇つぶしに見る映画にしては退屈させない3流作品でした。

イメージ 1

6月に紹介する邦画2本目は、厳しい指導から赤鬼先生の異名を持つ小渕隆(堤真一)が主人公…、城南工業野球部の監督を務めた国語の先生が、甲子園出場目前まで野球部を指導するが、惜しくも甲子園出場の強豪校・青陵高校に敗れた甲子園球児の汗と涙の試合のストーリ…。それから10年、野球への情熱も失せた小渕先生が偶然、病院の診察を待つベンチで会った以前の教え子だった斎藤智之(柳楽優弥)と再会するところから物語が始まる甲子園野球&末期がんの死を看取る病気映画『泣くな赤鬼』(2019年公開、兼重淳監督、重松清原作)でした。

野球が舞台の名作はたくさんあります、そして、甲子園を目指して肉体の限界までマウンドで泥だられになって練習する球児たちの泣けるエピソードと名セリフはたくさんありますーネ。その中に、ダメチームと木偶の坊の球児が、名監督名コーチ一人の助言と励ましとノックに拠って名プレーヤ名打者に鍛えられる、劇的な豹変と奇跡はたくさんありま…ネ。この映画は、落ちこぼれ出はみ出し者の高校野球の球児が主人公の作品であり、かつて甲子園を目指した高校野球の監督の涙のエピソードです。

今では、がん発症は「万が一」に罹ったではなくて、3人に一人ががんに罹患する国民病・・・と言うよりも人類の悲運の業病と言ってもイイです。苦しみのた打ち回る宿痾ですーヨネ。新しい抗がん剤は次々開発されてますが、完治を目指す決定的な治療方法と薬がない難病奇病はたくさんあります、でも、ひとたび癌にかかると、がんの部位によって違うだろうが、業病宿痾と言ってもイイだろう…ネ。末期がんに罹ったかつての落ちこぼれの高校球児・斎藤智之、字名が「ゴルゴ」を看取った、かつては城南工業野球部の名監督、厳しい赤鬼監督、でも今は50歳になった野球への情熱と活力の衰えた小渕隆先生の物語です…。私も久しぶりに泣ける映画でした。

私も老いて自分の死ぬ瞬間に怯える年になりました。以前このブログに掲載した『長いお別れ』にもその感動は同じでしたが、妻と幼い子供を残して末期がんで死の床に就いた若者の無念は身にしみました…!!!宇宙の果ての塵芥に消える「死」と納得しているのだが、決してまだ「悟り」ではないな。

私は新しい野球の傑作映画が増えたなーと思いました。まして、高校野球を体験した人にはたまらなく泣ける映画ではないでしょうか。

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事