世界の事を考えてみた

「お気に入り登録」「傑作投票」「コメント」をして頂けると幸いです。

全体表示

[ リスト ]

JR西日本の報道は益々加熱しています。事故の悲惨さや亡くなられた方の無念。通勤・通学で我々一般市民が身近に利用する電車で起きた事故であることなどを考えると、この事故の報道によりその他の事故報道が片隅に追いやられてしまったことは別として、マスメディアによる大量報道は理解できるところではあります。

今回の事故は、天災ではなく人災であり、明らかになってきている事実によれば、被害者側に瑕疵は全くないこと、全ての責任はJR西日本側にあることは確かでしょう。

何はともあれ、今回の人災により殺された方々へのご冥福をお祈りすると共に、大切なご家族、親族、友人を奪われた方々への哀悼の意を表したいと思います。

もし私が自分の家族や友人をこうした形で奪われたなら、怒りや悲しみからJR西日本経営陣を罵倒したくなる、いや、罵倒するでしょう。これはもう理屈ではなく感情として制御の範囲を超えてしまっていると思います。

しかしながら、今回の事故に関するマスメディアの報道には2つの点で憂いを感じていますので、今日はその点について書きたいと思います。

報道内容への疑問


事故の現状報道が一巡したところで、最近は事故を起こしたJR西日本の企業体質問題に焦点が移っています。そうした中で、数々のおかしな報道が出てきました。特に、「尼崎脱線事故:JR社員の不適切行動12件、延べ185人」(毎日新聞2005年5月6日)は私の理解の範囲を完全に超えています。

事故を起こした会社の社員は、休みをとって「ゴルフ、宴会、退職・転勤者の送別会、契約社員らとの懇親会、駅主催の愛・地球博への日帰りツアー参加」をしたらいけないのでしょうか?


確かに、こうした行動をとった社員の方は、「これで会社が潰れるかもしれない」という危機感が不足しているように思います。また、日本のねっとりとした文化を知っているのだから、そうした行動がどういった批判を呼ぶかを予測できなかったことに少し疑問も感じます。

しかしながら、だからといって、「事故を起こしたのだから、直ぐに全社員が謹慎するべきだ!」と言うのは行き過ぎではないでしょうか?

マスメディアの使命は、「大衆の気持ちを代弁して、大企業を叩くという快楽に興じること」なのでしょうか?


こうした「快楽」をマスメディアに所属するものに与えるために、我々はマスメディアに数々の優遇措置(注)を与えているのではないですよね?たとえ、覗き見趣味の市民が望んでいるものだとしても、「高級メディア」である新聞・テレビはこうした内容の報道を控えるとともに、そうした報道について戒めるような姿勢が求められるのではないでしょうか?

そして、今回の事件の本当の裏側にある事実、つまり「原因」を掘り起こし、次の被害を未然に防止するための対策を提示して、公権力や大企業の行動を後押しするべきでしょう。

こうしたことが出来ないのであるならば、大衆が欲する情報だけを与えるという意味で、ホリエモンが唱えている「ランキング主義」のメディア論を非難する資格はないと思います。まともな報道も多数あるのですから、出来ないはずはないでしょう。

取材姿勢への疑問


相変わらず記者会見では罵声が飛び交っているようです。記者は「自分が被害者の遺族になった気持ちになって親身に聞いているだ!」「こうした社会悪は許せない!」「我々が裁いてやる!」という気持ちなのでしょうか。

メディアはメディア(媒体)であり、誰にもそんな権力を与えられていません。裁く権限を与えられているのは、日本においては裁判所のみです。身をわきまえましょう。


こうした取材姿勢を見るたびに私が思い出すのは1995年のANAハイジャック事件です。あの時は、ハイジャックが飛行機の中で人質をとっていたときに、当時のANA社長がマスメディアの取材に答えている様子がテレビで放送されていました。その際に、私の記憶が正しければ朝日新聞の大阪支局かどこかの記者が、ANA社長に対して質問の形を借りた暴言を繰り返していました。

「あんた人質の命を何だと思ってるんだ!」「人質の家族にどうして現状を報告しない?」「なぜ今どういった対策をたてているのかを話せない?」「ふざけるな!」。確か彼は罵声と共にこういった趣旨の発言をしていました。そして、ANA社長は「申し訳ありません」と頭を下げていました。

そのとき、私が思ったのは、「ANA社長が対策を家族に話して、その話が報道されて万が一にも対策がハイジャック犯に伝わったらどうするのだろう?」、「人質の命を大切だと思っているから、ANA社長は何も言えないのではないか?」、「この記者はそんなことも分からないのか?」「周りの記者はなぜ彼をいさめない?」ということでした。

今回の取材攻勢と何か通じるものを感じませんか?私はJR西日本に対する取材姿勢や、ANAハイジャック事件での取材姿勢に一貫しているものを感じます。こうした記者の暴言の裏側から、

「自分達は特別」、「誰に対しても、何でも、何時でも聞くことが許される」、「聞かれた人は、どんな状況であれ、何事にも優先して、自分達に懇切丁寧に分かりやすく全てを答えなければならない」


といった思い違い、自惚れの声が聞こえてきませんか?マスコミは「自分達は全てをどんな状況であれ知る権利がある」と勘違いしているのではないですか?もしかすれば、これは一部の記者の仕業で、大方の記者はそれを苦々しく見ているのかもしれません。

興奮して詰め寄る記者に対して、「そう興奮しないで」と言った、かの江川事件のようになるのが目に見えてますから、今この状況下でJR西日本経営陣や社員が、そうした記者をとりなすことは不可能です。

ここは一人でもいいですから良識がある記者の方は、こういった不適切な言動を取っている記者に対してとりなしていただきたいものです。(もう既にされていたら失礼しました)


また、今後、こういった一大事件については、記者会見の模様をライブドアと同じように対応企業側で全て録画して無編集でネットで配信して欲しいです。ここでは、「無編集」と「ネットで配信」が重要です。こうなれば、高級(恒久?)メディアの記者のレベルがどれほどのものなのかが一般市民にも気軽に見えるでしょうし、

我々blogerもこの範囲ではマスメディアと同じ一時情報に触れることが可能となり、マスメディアとは別の角度からの分析とその公表が可能となりますから。(注2)



(注)電波を利用したメディアであれば破格の電波利用料。紙媒体であれば再販制度、特に新聞については取材経費の控除、機械・装置の償却の特例措置、公共料金の優遇割引制度などで優遇されてるそうです。(新聞についての優遇措置は桂敬一東京情報大学教授談)

(注2)ライブドア報道の際に、我々blogerが多様な角度から多数の記事を発表できたのは、記者会見や資料のネットでの完全配信があったからですよね

この記事に

閉じる コメント(34)

顔アイコン

確かに同感です。最近マスコミに対して不信感を覚える毎日です。今まで何とも思ってなかったことがホリエモンの報道をきっかけにメディアとは何かおかしいと考える毎日です。 山根氏に関する意見楽しみにしてます。これからもがんばってください。

2005/5/10(火) 午前 1:17 [ - ] 返信する

顔アイコン

TBありがとうございます。 マスコミの取材〜編集〜報道の姿勢に対しては、「あんた何様」と思うものが多いです。 が、こうなったのも日本人が全体的に下世話趣味が先行した報道を望んだこと(購読する)があるでしょう。またテレビ・一般紙誌といったメディアの給料が高い=本人達は特別社会的に高い地位にいて何らかの特権を有していると誤解する、という側面もあると思います。 叩けば売れる、という紙面づくりに乗って報道を選択する人が多いから、 視聴率&購読部数をみて、 「ほらみろ、これが視聴者の望んだ報道だ」 となってきた結果がこれでしょう。 こうしたマスコミの姿勢は業界の体質なので、西日本JRの企業体質以上に根深い勘違いがあると私は思っています。 削除

2005/5/10(火) 午前 1:19 [ Aqui管理人 ] 返信する

顔アイコン

3万人からなる大所帯で、しかも労働組合が強いとなれば、危機管理コンサルタントがいたとしてもなかなか徹底した対応は難しかったかもしれないなと思っております。それが良い事だとは全く思いませんが・・。マスメディアについては、我々視聴者が彼らの姿勢を正していく以外に方法はないように感じています。>yasukichirouさん

2005/5/10(火) 午前 1:43 [ hbikimoon ] 返信する

顔アイコン

そうですよね。名乗らないのなんて考えられません。また、テロップ付であの記者会見を放送したテレビ局は、どういったセンスだったんでしょうね。あれが良い事だ思ったのか、それともあれは問題だといいたかったのか・・。そのものを見ていないので分かりませんが。>xbycc532さん

2005/5/10(火) 午前 1:46 [ hbikimoon ] 返信する

顔アイコン

同感いただきありがとうございます。新聞はゴミときましたか(汗)。新聞は素晴らしい調査報道をすることもあるのですが・・。こうした報道が続くと、そういった良い面も隠れてしまいますよね>daydayday_22さん

2005/5/10(火) 午前 1:55 [ hbikimoon ] 返信する

顔アイコン

もぐもぐさん、ご無沙汰しております。もぐもぐさんのblogはちょくちょく覗かせて頂いてますよ!今後とも宜しくお願いします。

2005/5/10(火) 午前 2:01 [ hbikimoon ] 返信する

顔アイコン

そうですね。JRは民営化の道のりで労使の対立がかなり激しかったですから、今でのその名残りがあるのでしょうね。そうした対立関係に視聴率主義のマスメディアが参加して・・。事態は最悪ですね。>gmsuna2さん

2005/5/10(火) 午前 2:04 [ hbikimoon ] 返信する

顔アイコン

結局事故調査に時間がかかり報道内容がない中で、なんとか視聴率を稼ぐためネタ取りとしてこうした恥ずかしい取材が行われ、そしてそのネタとして弱いもの虐めになろうが、枝葉末節を取り上げて叩くという形なのではないかと考えています>dead_smell24さん

2005/5/10(火) 午前 2:07 [ hbikimoon ] 返信する

顔アイコン

本来権力は牽制しあうことが必要であるのに、マスコミは第四の権力として誰もその行動をいさめることがないからでしょうね。>me310mb320さん

2005/5/10(火) 午前 2:09 [ hbikimoon ] 返信する

顔アイコン

ご無沙汰しております。TBありがとうございます。仰るとおりですよね、家で飲んでれば良いのかとか・・(笑)。ネタ切れだからってああいった報道はいただけませんよね>go2cさん

2005/5/10(火) 午前 2:12 [ hbikimoon ] 返信する

顔アイコン

おおお!素晴らしい。万が一返事あったら是非blogで公表してください。今後とも宜しくお願いします。>おかにゃんさん

2005/5/10(火) 午前 2:14 [ hbikimoon ] 返信する

顔アイコン

TBありがとうございます。意見は違って当然だと思います。そうした意見があってこそ健全な議論が出来ると思いますから。今後とも宜しくお願いします>まんまるさん

2005/5/10(火) 午前 2:18 [ hbikimoon ] 返信する

顔アイコン

ライブドア騒動のとき、数パーセント程度の売買でも時間外市場内取引が異様にクローズアップされましたよね。あんなの市場関係者からすれば普通にあることなのですが。今回の電車事故(?)報道も、危険度、緊急度を我々が個別に判断していく必要があるかもしれませんね。>aikoさん

2005/5/10(火) 午前 2:23 [ hbikimoon ] 返信する

顔アイコン

自らの使命と立場をわきまえないものは、ああいった場には相応しくないですよね。また、宴会の件は好ましくはないですが、あれがなかったらどうなのかと言われるとまた違うと思います>maoさん

2005/5/10(火) 午前 2:26 [ hbikimoon ] 返信する

顔アイコン

バンキシャは犯罪者側にも相当腹が立ちましたが、ああいった行為が許されるわけではないですよね>sugipon71さん

2005/5/10(火) 午前 2:30 [ hbikimoon ] 返信する

顔アイコン

大卒直ぐの若手が黒塗りのハイヤーにのって、取材を受ける側の企業からチヤホヤされると、まるで自分も企業トップと同等かそれ以上であるかに誤解して、ああいった上から人を見下ろすような胎動になってしまうのかもしれませんね。>tokiossさん

2005/5/10(火) 午前 2:32 [ hbikimoon ] 返信する

顔アイコン

ホリエモン騒動はマスメディアの信憑性に疑問を抱かせる良い機会でしたよね。山根さんの件すっかり忘れておりました(汗)。山根さんって、良く存じ上げないのですが、有報を使った企業分析を普段からしている方に見えないのですよねぇ>tumosuuさん

2005/5/10(火) 午前 2:35 [ hbikimoon ] 返信する

顔アイコン

「JRの企業体質以上に根深い勘違いがある」。仰るとおりだと思います。彼らの売れるから良いんだというような、今回の報道姿勢は、彼らが以前に批判していたホリエモンのランキングを使った記事選定となんら代わりがないのですよね。そうした点について、マスメディア自身が戒めて欲しいと思います>Aqui管理人さん

2005/5/10(火) 午前 2:37 [ hbikimoon ] 返信する

顔アイコン

TBありがとうございました。 日本のマス・メディアのみならず、日本人論に発展する問題で、その辺を押さえたいですよね。 削除

2005/5/10(火) 午前 3:27 [ alex ] 返信する

顔アイコン

TBありがとうございます。shu cho -!!http://www.doblog.com/weblog/myblog/9954のshiroです。 本当にこういったメディアの馬鹿さ加減は、ブログや掲示板の登場で、はっきりと現れてきましたね。ずっと一方的に何でも裁いてきたメディアも、ようやく逆に裁かれる立場になり、少しは図々しさも減ってくるかもしれませんね。

2005/5/11(水) 午後 6:12 [ tmm*n*01 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(37)


.


みんなの更新記事